Questions about example sentences with, and the definition and usage of "あっという間に"

  • Other questions about "あっという間に"

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. 沖縄旅行記(六) 行ったことない所を旅行するのは、 本当にいいものだ。 毎日新鮮な体験ばかりだったので、 時間はあっという間に過ぎた。 最後の日、私たちは文化や芸術に触れる予定にしていた。 朝、美術館と博物館に行って、 午後、壺屋やちむん通りに行った。 (陶芸品の店が集まっている街だ) その後、私はしばらくホテルで休んでいた。すると、 日本人の友人から「大家さんと僕」という漫画を紹介された。 ほのぼのしていて、私の日記と何となく似ているらしい。 私はちょうど暇だったから、散歩がてら本屋に行ってその本を買ってきた。 その本の中にいる大家さんと主人公は、どちらも面白い人だと思った。

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. 事情、環境、状況。英語だとcircumstanceです。 この文脈だと、「動機」でしょうか。 ただ、日本人として、私はこの文章に不自然さを感じます。 「身上」はシンジョウと発音しますが、 ここは「信条(シンジョウ=principles by which one lives)」が正しいと思うのです。 発音が同じなので、作者が誤っている可能性があります。

    1. Other types of questions
    2. 「土話」 中国語の「土話」とは、郡や町など狭い地域で用いられる方言のことだ。父によると、わたしが最初に話せるようになったのも郷里の「土話」である竜泉弁だが、幼稚園では標準語(共通語)を習い、段々竜泉弁を忘れていったそうだ。 小学校の頃、休みの日に祖父母のお見舞いに田舎へ帰ると、村の人に時々「『土話』は喋れますか?」と聞かれたが、その頃はもう、竜泉弁がほとんど話せなくなっていた。学校では「標準語を話し、規範字を使う」の標語が貼ってあるし、テキストも標準語で書かれているし、竜泉弁が話せないことはむしろ光栄なことだと私はそう思っていたのだ。なので、村人には得意げな口ぶりで、「いいえ、話せません。」と答えてしまった。 そのうちどういうわけか、日本の民謡に熱中し、中学一年の頃から私は毎週末に日本語の勉強を始めた。「唐辛子」という言葉は早い時期に知ったが、意味が同じなので、あっという間に覚えた。しかし、頭に付いている「唐」を抜いたら、「辛子」—— え、これは竜泉弁ではないか!と言う事に気付いた。 「唐辛子」は竜泉弁で「ガラズ」というのだ。 全くの偶然で似ているのか、または何かつながりがあるのか。とてつもなく興味が湧き、その時から私は「土話」の存在を見つめ直した。まずインターネットで色々な資料を調べ、中国の南側の方言は標準語よりも古代漢語の特徴が多く残っているということを知った。標準語は現代北京方言に基づいて出来たものだが、北京を含む北方の方言には歴史の移り変わりと共に比較的大きな変化が生じたのだ。それらの情報を知った私はぱっと、家族と竜泉弁で話すようになった。なんと言っても竜泉弁は私の母語なので、間も無く私は村人とも「土話」で話せるようになった。  中学校三年のある日、本屋で方言に関する専門書を探していると『上古音系』という本が目に入った。読んでみると、「去声韻は『-s』尾から来ている」という章に、ベトナム語、韓国語、日本語の例証を挙げてられていたが、その中に「日本の地名『対馬(tusima)』の『対』の『s』尾も……『芥(karasi)』の『s』尾も上古漢語の音韻の残りである……」と書いてあった。「辛子」単体には「唐辛子」の意味は無いが、上古漢語の発音が変わりやすいことに考慮すると、竜泉弁の「ガラズ」が日本語の「辛子」と同源である可能性は非常に高いだろう。 「土話」とはこんなに面白いものなのかと誇りに思った。 今では私もよく小さい子供に聞く。「『土話』は話せますか?」と。

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. 意味は通じますし、上手な文章です。 もう少し伝わりやすく変えておきます。 ————————————————- 今日は、昼休み時間に、「会社の近くに新しい日本料理の店ができたらしい。一緒に行こう。」と同僚から誘われました。 しかし、その店に着いて看板を見たら、「なんだ、爭鮮か」とみんなががっかりしました。 爭鮮というのは寿司チェーン店で、寿司は一貫3ドル(約40円)と、とても安い寿司店ということで有名です。 安いのですが、美味しいとは言えないと思います。 「来ちゃったものは仕方ないし、時間もないしから入ろう。」と同僚は言いました。 店に入ってすぐ同僚たちはマグロやサーモンなどの寿司をたくさん注文しました。 私は生ものが苦手なので、たまご寿司や稲荷寿司だけにしました。 あっという間に、寿司が来ました。 みんなは、「いただきます。」と、寿司を食べ始めました。 しかし、同僚たちの寿司は変な匂いがしていたので、おそらく食材は新鮮なものではなかったのだと思います。 それでも、同僚たちはこの匂いを気にしないようにパクパクと食べました。 同僚たちの寿司は変な匂いがしたけれど、私が頼んだたまご寿司はいまいちだったけど、稲荷寿司は甘くて意外と美味しかった。 食事が終わった後、会社に戻りました。 —————————————— 「日本料理の店が開いた」という言い方も間違ってはいないと思いますが、お店や建物が完成したら、「〇〇ができた」とよく言います。 「ここに来たからには」という表現は、苦労してここまで来たから〇〇をしないと帰れない、という意味ですが肯定的な場面で使われます。 ・中国に来たからには美味しいものを食べて帰ろう。 など 一応、仕方ないから〇〇する、という場面でも使えますが、 ・徹夜してまで勉強したからには、今日のテストはなんとしてでもいい点を取ろう。 (仕方なく勉強したから、テストを頑張るほかない。) 「〇〇したからには」 という表現は少し難しいので、基本の肯定文で使う用例でまず慣れるといいと思います。

    1. Other types of questions
    2. すごく自然なのですが、気になったのが、読点の位置です。 クリーニングに、出したついでに、 →クリーニングに出したついでに、 母に送ってもらった、ビザの申請に使う書類… →母に送ってもらったビザの申請に使う書類… でこの2箇所は読点がいらないと思います。 理由はビザは送ってもらったという言葉にかかってくるし、出したもクリーニングにかかってくる言葉なので、読点はつながりを軽く切る意味合いもあるため、ちょっと違和感を感じてしまいます。話し言葉では気になりませんが、文章にすると少し気になりました。

    1. Other types of questions
    2. 以前、日本に住んでいました。 違法アップロードが多かった中国では、ヨーロッパ、アメリカ、日本や韓国の映画、漫画、ドラマが、古いものから最新のものまで、変なADSに囲まれている再生画面で、無料に見れる時代がありました。 日本に住んでいた時には、ユーチューブであっという間に削除されるので、画質の悪いのバラエティやお笑いしか観ることができませんでした。 帰国したら、中国もコピーライトの規制が厳しくなっていました。 以前のようには観れなくなっています。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to あっという間に

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.