Questions about example sentences with, and the definition and usage of "くつろぐ"

  • Example sentences using "くつろぐ"

    1. Example sentences
    2. 今日は家でくつろいでいます。 「くつろぐ」という動詞です。

  • Other questions about "くつろぐ"

    1. Other types of questions
    2. 「横浜へ遊びに何回も来ました」 間違いではありませんが、「遊びに来る」が何回もあったという表現の方が自然に感じます。 「心を癒す場所」 それによって自分が利益を得る場合「もらう/くれる」を使うのが自然です。そしてこの場合は、自分ではなく場所について話しているので「くれる」を使うと適切な表現になると思います。 あるいは「心が癒される場所がたくさんある」という言い方もできます。 「くつろいでいます」 人物について話しているように感じられて、私には少し不自然な気がします。もし自分のことを話しているなら、主語が変わるので明示する必要があります。 「私はここに来るといつもくつろいでいます。」 「わりと」 思ったより、という意味ですが、何を形容しているかがよくわかりません。 「もっと住みやすい」 「もっと」は比較を表す言葉です。しかし「もっと速く」や「もっとがんばる」などという使い方が一般的で、今の状態をさらに押し進める場合によく使います。 なので、異なる二つのものを比較する際に使うと不自然に感じます。二つのものを比較して差を強調する場合は「ずっと」を使うと自然になると思います。 例: 私は横浜に何度も遊びに来ています。ここには海や公園など、心を癒してくれる場所がたくさんあるのです。静かでくつろいだ雰囲気が漂っていて、東京よりずっと住みやすいと思っています。

    1. Other types of questions
    2. 「心做しか」はよく使われる副詞ですが、「こうやってキミと一緒にいられると幸せです」のニュアンスに適するには、「どことなく」がいいと思います。 同じ意味です。 「どことなく、こうやってキミと一緒にいられると幸せです。」 さらに、 「どことなくこうやってキミと一緒にいると幸せです。」の方が自然な表現になると思います。 「上機嫌な顔してなんかいいことがあるのか」これは自然な表現です。 口語で、その人の上機嫌な顔がめずらしいとき、「なんか」を加えることもできます。 「上機嫌な顔なんかして何かいいことでもあるの?」 「その池に身を浸すと心がくつろいだ感じがする」これは自然な表現です。 「先輩たちが残した資料に基づいてもう一度範囲を絞ってから探そう 。」は 助詞の「を」➡「に」へ修正しました。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to くつろぐ

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.