Questions about example sentences with, and the definition and usage of "アイデンティティー"

  • Other questions about "アイデンティティー"

    1. Other types of questions
    2. As long as

    1. Other types of questions
    2. ​‎でも、私、できたら、日英両方ができるようになったとしても、自分のアイデンティティーっていうのは何なのか、(どっちつかずの人間、)でもどっちつかずじゃなくてもコスモポリタンなシティズンにするんだったら、それはそれでいいと思うんですけれど。

    1. Other types of questions
    2. コミュニケーションやどのように言語を使用するかということは、あらゆる年齢の人々の文化と行動を表現する上で非常に重要な問題です。ここでは、人の言語の使用は自分の文化の問題であるだけでなく、母語の純粋さを保つことに関して、国家の文化の問題でもあることを強調すべきです。個人は、民族の言語的、文化的アイデンティティーを変えることはできませんが、階層やジェネレーションは、その言語がどのように形成し、変換し、発展させるかの標定に大きな影響を与えます。 それで、ある人の認識、人格、文化を検討するために、彼はどのようにその言語を使用しているのかを見ることができます。つまり、人の本性は明らかにコミュニケーションだけに現れます。言語と文化は反射的な関係であり、文化は内容であり、言語はその内容を再現する手段です。以上から、コミュニケーションにおける文化知識の重要性は否定できないと認識することができます。外国語を学ぶ過程で、コミュニケーターが特定の言語の文化知識を持っていないと、適切な文脈におけるアプリケーションはともかく、ある状況の文脈で言語パターンを適切に配置することができなくなります。言語教師は、学習プロセスにおいてコミュニケーション方法を検討すべきであり、同時に社会言語に関する情報を学生に提供するために教材に文化的要素を補足すべきです。 These sentence is difficult to understand. コミュニケーションとどんなに言語を使用すること 教授学習プロセス コミュニケーション方法を使用 I fixed these sentences by guessing what you would like to say.

    1. Other types of questions
    2. (文法ミス、または不自然な点) そうした観点とすれば →そうした観点からすれば 「源氏物語」が生み出したからこそ日本が強みがあるという結論になってしまえば、 →「源氏物語」が生み出したからこそ日本に強みがあるという結論に至るのならば、 「技術道」「物作りの魂」などのような世界でも有名な日本の強みを表しているものはなぜ誇りにならないかに疑問を持つ。 →「技術道」や「物作りの魂」などのような、世界でも有名な日本の強みはなぜ誇りにならないかという疑問が出る。 (その他の修正・提案) こちらでのアイデンティティの意味は「他と区別された独自の性質」ということで宜しいでしょうか? もしそういった意味で使われているのであれば、「アイデンティティーがあること」より、「アイデンティティーを確立していること」の方がいいと思います。 前後の文脈がないのではっきりとしたことは言えないのですが、「「源氏物語」を生み出したからこそ日本が強みがある」の、強みがなんなのかわかりません…。(それをもしここに書いていないだけでしたらここから先は無視してください。) ここは、 「「源氏物語」を生み出したからこそ日本のある種のアイデンティティーが確立され、文芸という点で強みがあるという結論に至り、それを誇っているのであれば、「技術」や「物作りの魂」などの世界でも有名な日本の強みはなぜそれと同じように誇りを持たれないのか疑問に思う。」 と書けばいいのではないかな〜と思いました…お節介でしたらごめんなさい💧 加えて、「技術道」は多分日本語に存在しません。何が別の言葉を使うことをオススメします。

    1. Other types of questions
    2.  ファイナルプロジェクトで洋風画について調べた。洋風画というのは江戸時代の西洋的な美術だ。よく言われているが江戸時代には「鎖国」があった。しかし開国後の明治時代からは西洋の影響を受け入れ、衣服や食などの文化ががらりと変化した。それ以前に西洋との文化交流がほとんどなかったために明治時代以降日本の芸術は一気に変化を遂げた。  唯一鎖国の例外だった場所はオランダ人、ドイツ人、スウェーデン人、ノルウェー人などが住んでいた出島だった。しかし出島での文化交流は大変小さいものだったと考えられている。右側の絵画を見るだけでそれが間違っているのがわかるだろう。1825年頃川原慶賀によって書かれた作品である。西洋的な遠近法があり、額入りのようなフレームが描かれている。  また当時腐食銅板とキアロスクーロとフレームという手法が用いられ始めた。腐食銅板とは銅板に刻み込むことだ。腐食銅板からはたくさん印刷ができるので、価格を大幅に下げることができる。右側の絵は司馬江漢によって描かれた腐食どうばんだ。西洋的な額がある。キアロスクーロとは3次元の姿を表すように明るい光と暗い影を使うことだ。柔らかい北斎の「くだんうしがふち」がみられる。  様々な技術がこの時代の絵画に影響を与えたが、最も影響を与えたのは西洋的な遠近法だった。江戸時代に遠近法を使う作品がそれをよく表している。日本の建物にはたくさんの線があり、それは遠近法を描く上のしるしとなる。下の奥村政信のプリントでは、内室の遠近法が西洋的だが、建物の線がなく、外の遠近法は日本風だ。 また遠近法はよく色恋の夜遊び風景を描いた。そのために江戸の常民に人気があった。印刷が普及したために比較的安く購入できたことも理由のひとつである。しかし洋風画は遠近法で定義され、常民向けの低級の絵画であり、そのため権力者たちにはよく蔑視されていた。  美術の技術以外にも西洋の影響がみられた。例えば、しま模様の生地がインドと東南アジアから輸入されたことだ。しま模様の服は江戸時代に大変多かった。1765年ごろの「風俗四季歌仙・水無月」の浮世絵の作品から見ることができる。 鎖国の言説はよく教えられているが、江戸時代の美術や文化交流についてはあまり教えられていないように思う。このように西洋の影響を無視することには二つの原因があると思う。まずは、江戸時代に西洋的な美術は高級ではないと考えられていたため、日本の芸術に含まれていない傾向があったかもしれないということだ。二つ目は国家主義の理由からである。純粋な日本文化を守る傾向があるからではないだろうか。以上の2点から日本文化として発展した江戸時代の西洋影響を無視しているのではないかと思う。  『言葉の力』(ここに作者名と発行年、発行社を書いてください)では、「言葉は人間の経験の反映である」と書かれている。しかし、言葉は反映だけではない。言葉は作られたものである。言葉は国のアイデンティティーや歴史を反映するために人間に作られている。伝統的で純粋な日本文化だけがアイデンティティーであるという考え方は悪い例のひとつだ。これ単一民族国家の言説だ。今後歴史を反映するためにアイデンティティーを再考してみてはいかがだろうか。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to アイデンティティー

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.