Questions about example sentences with, and the definition and usage of "シャノン"

  • Other questions about "シャノン"

    1. Other types of questions
    2. 小林(2008)[2]によると、1956年には、ダートマス大学にて、マッカーシー、ミンスキー(M.Minsky)、ロチェスター(N. Rochester )、シャノンらが中心になって、知能機械に関する研究討論会(ダートマス会議)が開催され、知能機械を初めて「 Artificial Intelligence -(人工知能)」という言葉で呼んだ人工知能研究の歴史的な会議となった。1958年にはパーセプトロンという最初のニュラルネットワークモデルが提案され、学習機能をもつ機械として注目を浴び、ニュラルネットワーク研究の最初のブームを引き起こした。この時代は、人工知能研究の礎が築かれた、まさに人工知能の夜明けといった時代であった。 1969年、世界中の多くの学術団体が共同で国際人工知能会議(Interna-tional Joint Conference on Artificial Intelligence、IJCAI)を設立し、人工知能がすでに独立学科として国際学術界の承認を得たことを表明した。 前田、青木(1999)[3]によると、1969 年に、N.Nilsson、 B.Raphaelは知的可動ロポットSha-keyを発表し、同年に第1回人工知能国際会議(IJCAI -69)が開催された。これは、自律ロポット研究の始まりであり、世界的な人工知能研究・交流の場として以降隔年開催するようになった。 小林(2008)は、「1950-1960年代には、人工知能研究は、決められた問題をいかに効率よく解くかといった一般的な手法などが研究の対象になっていたが、1969年にマッカーシーとへイズ(P.J.Hayes)による論文『Some Philosophical Problems from the Standpoint of Artificial Intelligence(人工知能から見たいくつかの哲学的問題) 』によって、人工知能の最大の難問「フレーム問題(The frame problem)」が指摘されたことから、人々は人工知能プログラムの限界を感じ始めるようになった」と指摘している。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to シャノン

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.