Questions about example sentences with, and the definition and usage of "チャールズ"

  • The meaning of "チャールズ" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. どういたしまして

  • Other questions about "チャールズ"

    1. Other types of questions
    2. ・8:30から19:00まで開いています。 ・日曜日は無料で一階は開いています。 ・左側のCarlo VのホールにはナポリのアーティストJeraceにより市に寄贈された彫像があります。 ・その部屋は城の中で最も隔離され、防音された場所だったため、王の部屋だと考えられています。

    1. Other types of questions
    2. マスキオ・アンジョイーノ(Maschio Angioino)の建設は、フランスの建築家ピエール・ド・ショールの計画にしたがって、1279年、アンジュー家のカルロ一世の治世の間に始まりました 。地理的な戦略上の理由で、新しい城は宮殿(王家=王の家系、王の家族)と要塞の両方を兼ねるよう建設されました。その建造物は、当初からCastel dell'OvoとCastel Capuanoと区別するためにCastrum Novumと呼ばれていました。アンジュー家のカルロ一世の治世下で、城は文化の中心となり、ジオト、ペトラルカ、ボカッチオなどに代表されるアーティスト、医師、文学者のためのサロン/溜まり場となりました 。 その後アンジュー家はアラゴン王に征服されましたが、最初のアラゴン王アルフォンソ1世も王宮としてカステルヌオーヴォを選びました。アルフォンソは城の再建を開始し、トッレ・ディ・メッツォとトッレ・ディ・グアルディアの間に、ナポリとの戦いでの勝利を祝うために、城外に壮大な凱旋門を建てました。アラゴンの治世下で、この中世の城の宮殿は当時の最新の軍備を持つ近代的な要塞に変わりました。その結果、城の周りのエリア/建造物はアンジュー家による統治時代/アンジュー朝にあった住居性を失いました 。フランス人は15世紀の終わりにアラゴン人から都市を奪いましたが、その後すぐスペイン人、さらにオーストリア人の総督に取られることになりました 。オーストリア人総督の時代(1503-1734)に、普段軍事的に使用されていた城の防御構造は、更に修復されました。 1734年にチャールズ皇帝を倒したボルボンのカルロ3世の入城とともに、倉庫や家屋を含むあらゆる種類の建造物が城の周りに次々と作られました。20世紀の最初の20年間に、市政は隣接する建物から城を隔離するための作業に着手し、要塞の歴史的、記念碑的な価値を新たに認識し、城の正面にある広場全体を改装することとなりました。今日、この城は文化目的のために使われています。そのことを象徴する施設として、市立博物館があります。博物館の観光コースはパラタイン・チャペル(またはサンタ・バーバラのチャペル)から南側の壁のカーテン(に沿って?)第1および第2フロアに移動し、またそのコースには展覧会や文化イベントを主催するサラ・カルロVとサラ・デッラ・ロッジアも含まれています。

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. その本には、イギリスの19世紀のことや社会の問題について書かれています。 オリバー・ツイストはディケンズの二つ目の作品ですが、~読者は色々と考えさせられますよ。 主人公はオリバーで、最初は9歳です。 オリバーは黄色の髪の毛で、きれいな顔立ちをしています。 しかし、彼はついていませんでした。 しかし逃げている途中でオリバーは疲れて~。 ~旅行をつづけました。 オリバーはやっと着きましたが、何をすればいいか分かりませんでした。 市場を散歩していた時にある少年と知り合って、しばらくの間悪友になりました。 そのあとオリバーは悪い人にも心が優しい人にも会いますよ。 私は友だちや知人に「オリバー・ツイストは読みにくいが、~。

    1. Other types of questions
    2. yes

    1. Other types of questions
    2. 読書をするときは、その作家の伝記や作中に登場する場所や人物を参考にしながら読むことでより深く当時の時代背景や作家の気持ちを理解できると考えられる。また、実際に好きな作家の記念館や作品に登場する場所へ足を運ぶと、考えられないほど感動させられるだろう。そのような気持ちは、最初に映画を見てから原作を読むことで、映画だけでは理解できなかった深い意味のパズルを頭の中で解けたように感じる気持ちに似ているかもしれない。  本書を書くことがきっかけで、前期に『耳なし芳一』と『雪女』という怪談から知って、非常に興味を持った小泉八雲(ラフガディオ・ハーン)の作家人生や作品と松江との関連性の紹介を目的にする。 本文  では、まず小泉八雲について述べると、『一八五〇年六月二十七日にパトリック・ラフガディオが生まれた。パトリックはアイルランドの守護聖人に、ラフガディオはレフカダ島にちなんでつけられた名である。父であるチャールズ・ハーンは、かつてフランス領であったイオニア諸島でイギリス軍した時(1:what do した時 mean? )アイランド系の軍医だった。  母は島の旧家で生まれたギリシャ風の美人。赤ん坊の時、兄が無くなり、父は海外長期で出征し、母と辛い運命に会ってばかりだった。当時の悲しい経験から、怪談や奇談に異常な興味を寄せるようになった。数年後、両親は離婚し、二人とも他の人と再婚した。父は亡くなり、母も消えたので(2:is she die or disappear?)、ラフガディオはひとりぼっちになった。  そしてラフガディオは、大叔母から財産を相続し、イギリス北東部ダラム市のカトリック聖カスパード校に入学した。その頃、詩を書き始め、読書家になった。十六歳の頃、友達と遊んでいるときに左目を失明するという災難が起こり、それ以降写真には、右の横顔しか写させなかったそうだ。不幸は続き、財産を親戚に取られ失った。  千八六九年、アメリカに移住し、やがて当時の彼の原稿が日刊新聞の主筆に認められ、採用された。しかし、法律で禁じられている混血女性との共同生活が原因で、解雇された。それから、新聞記者として活動するうちに、フランス文学の小説や翻訳で名をあげた。 「古事記」を読んだことをきっかけに日本に憧れ関心を持ち、そして知り合いの営むハーパー社の通信員として日本へ行くことになった。明治二十三年四月四日に横浜に上陸し、紀行文「日本への冬の旅」をハーパー社へ送ったが、契約の条件が挿絵画家よりずっと低いことを不満に思い、契約を破り捨てた。しばらく後に、英訳「古事記」の訳者で、当時の帝国大学(現・東京大学)の教授であったチェンバレンと、ニューオーリンズ博覧会で出会った服部一三(文部省普通学務局長)の紹介で、島根県松江尋常中学校で英語教師として働くことになった。』参考文献1  このように、小泉八雲は日本に来るまで不幸が重なる人生を送っていたが、彼は一度も諦めずに前へ進んだ。彼はひとりぼっちでいた長い間、誰にもカバーされなくて(3:what カバー mean?)、どこからモチベーションを得ていたたのだろうか と考えると、それはずっと夢中で読み込んでいた本からなのではないかと考えられる。しかし、松江は小泉八雲の人生を変わって(4:what 人生を変わってmean?)ずっとひとりぼっちの世界から取れた(5:whatから取れたmean?)と考えられる。 抜けている単語を入れ、意味を推測してより自然な日本語に直しました。いくつか分かりにくいところがあったので詳しく教えていただければ、さらに直します。 ちなみに「ひとりぼっち」でももちろん意味は通じますが少し子供っぽい印象な言葉なので、論文に書くのならば「孤独」の方がより適していると思います。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to チャールズ

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.