Questions about example sentences with, and the definition and usage of "一生懸命"

  • The meaning of "一生懸命" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. よく考えながら(while thinking at the same time) 「ながら」は、2つのことを同時にするときに使う言葉です。 朝食を食べながら、テレビを見た。 While eating breakfast, I watched TV. メインの行動はテレビを見ることです。 テレビを見ながら、朝食を食べた。 While watching TV, I ate breakfast. メインの行動は朝食を食べることです。

    1. Meanings of words and phrases
    2. Don’t look down on someone who is working very hard.

    1. Meanings of words and phrases
    2. 『こなす』 という単語は、 対応する coped with 乗り越える get over とかに近いニュアンスです。

  • Example sentences using "一生懸命"

    1. Example sentences
    2. 私は一生懸命日本語を勉強しています。

    1. Example sentences
    2. 彼は一生懸命働いた。 私はロシア語を一生懸命勉強したいと思っています。

    1. Example sentences
    2. 一生懸命(do something very hard) ex.彼は一生懸命テニスの練習をがんばっている。 彼女は勉強を一生懸命やった。 一生懸命走ればつぎの電車に間に合うかもしれない。 などです(^_^

  • Similar words to "一生懸命" and their differences

    1. Similar words
    2. 本来は「一所懸命」でした。それが次第に「一生懸命」に変化しました。 一所懸命→かつて武士が命懸(いのちが)けで領地(所)を守るため戦ったことに由来する。

    1. Similar words
    2. 一生懸命仕事をする→頑張って仕事をしているが、無理はしてない。 根を詰めて仕事をする。→無理をして仕事をしている。

    1. Similar words
    2. おなじ でも、続けたらは「~したら」は現時点では行っていない動作をこれから始めるニュアンス。 「~ていたら」は現時点で既に開始されている動作を今後も継続して行われるニュアンス 例えばいつも宿題をしない友達に言う時は、「宿題を一生懸命したら良い成績になるから一緒に頑張ろう!」 逆にいつも宿題を頑張っている友達の成績が悪い時は、「これからも宿題を一生懸命頑張っていたら次は良い成績になると思うよ」と言えます。 いつも頑張ってる友達に(〜したら)と言うと、「いつも頑張ってるの?努力不足だよ」とも解釈できます。

  • Translations of "一生懸命"

    1. Translations
    2. 一生懸命勉強に戻ります 」は不自然です。この例文で「一生懸命」を使うのはちょっと難しいですが、こんな感じで言えると思います。 私はまた一生懸命勉強しています。 Literally it means that "now I'm again studying hard". If you say "一生懸命勉強に戻ります" then it sounds like you make you effort quite hard to go back to the situation (bringing back to the environment for you to study), not making effort for study itself. If you want to say you now study hard again, then maybe you don't have to mention "returning" in Japanese sentence, as "また" infers your returning back to the same situation as before.

    1. Translations
    2. 日本語ではあまり「彼は」ということばは使わないように思います。名前を入れることのほうが多いです。 「日本語を」をもういちどいうのは、明確になって良いといえばよいですが、省略するほうが日本語としては自然です。 ですので 「xxさんは日本語が好きですが、一生懸命勉強することはできません」

    1. Translations
    2. ・「模擬試験は難しすぎるのを怖るので、」→「模擬試験は難しすぎて怖(こわ)いので、」 ・(私は成績が理想的ではないと思います。)→(成績が理想的なものではないからです)    :すぐ前の文で「私はとても……」として「私」という主語が出てるので、同じ主語を繰り返す必要はないと思います。    :かっこ()は前の分の内容と関連した内容を書くことが多いと思うので、「……ないからです」などとして前の文章との関係を示すと自然な気がします。    :かっこ()の中では。を使わないのが普通な気がするので、使わないでいいです。 ・「途中で数回諦めかったです。」→「途中で数回諦めたくなりました。」 ・「大学入試の日からそれほど遠くないので」→「大学入試の日までそれほど遠くないので」「大学入試の日までそれほど時間がないので」など    :「から」とすると大学入試の日から未来の事を言っているように聞こえます。「まで」とすると、大学入試の前であることがはっきりし、分かりやすくなります。 ・(高雄應用科技大学を入りたいです。)(私は一日中計算機概論と商業概論を勉強していました。)(午前10時から午後9時までです。) →  高雄応用科技大学に入りたいと考えていたため、午前10時から午後9時まで、一日中計算機概論と商業概論を勉強していたのです。    :固有名詞なので微妙なところですが繁体字の「應用」は日本では使わず、ふつう新字体の「応用」を使います。    :かっこ()を2個以上連続で使うことは普通ないので、どうしても使いたいなら1個にまとめて下さい。またそもそもかっこ()自体正式な文法ではないのであんまりたくさん使わないほうがいいです。

  • Other questions about "一生懸命"

    1. Other types of questions
    2. 一生懸命勉強しているけど、抑揚が難しいですね。を音声にしますね!

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. 私の強みは挑戦に恐れず、周囲を巻き込んで乗り越える力です。 →私の強みは、挑戦を恐れず、周囲を巻き込んで物事を乗り越えていく力があることです。 大学一年生の時、新入生合同演出大会がありました。我がクラスにどんなプログラムについて決まらない時、聾唖学校に見学活動を経験したの私は、「歌と手話を結びつけよう」という提案出しました。 →大学一年生の新入生合同演出大会の時、クラスの演物(だしもの)がなかなか決まりませんでした。聾唖学校の見学をしたことがあった私は、「歌と手話を結びつけよう」と提案しました。 手話は全くできない私は聾唖学校の教員に連絡を取って、歌詞の内容を手話に翻訳され、そして、録画しました。 →手話が全くできない私は、聾唖学校で教師をされている方にお願いして、歌詞を手話に翻訳していただいて録画しました。 最初は、参加率は半分しかなかったが、ほかのクラスメートは私たち一生懸命練習する姿に感動し、結局全員(30人)を参加することになりました。 →最初は半分ほどだった参加者も、私たちが一生懸命練習する姿を見るうちに共感してくれ、結局クラス全員が一丸となって練習してくれるようになりました。 難しいではありますが、私たちは録画を見ながら諦めずに努力し続けて、一ヶ月の練習をした後、私たちのクラスの発表は好評でした。この経験もクラス全員の良い思いになりました。 →私たちは手話の録画を見ながら、困難に諦めずに努力を続け、一ヶ月の練習の成果を発表しました。結果、発表は好評を博し、この経験はクラス全員にとって良い思い出になりました。 私はこのように、未経験なことにも恐れず、周りを巻き込んで努力し続ければ必ず目標を達成できるという信念があります。 →私は、このような未体験なことにも臆せずどんどん挑戦し、周りの賛同を得て努力を続けることで、必ず目標は達成できるのだという信念を持っています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー ・文中の「合同演出大会」というのはどういうものでしょうか。検索してみましたがわかりませんでした。日本人にはなじみのない言葉かもしれません。演出=パフォーマンスの発表会というものでしょうか。別のわかりやすい言葉に変えたほうがいいかもしれません。 本文とは別に、依頼文の部分も直してみました。 日本のビジネスメールでの定型文にも関係するところがありますので、ご参考に。 こんにちは、いつもお世話になります。 →こんにちは。いつもお世話になっております。  (ビジネスメールでは「こんにちは」は省きます。) この前、ご添削くれたのesは合格なりました。本当にありがとうございます。 →先日添削していただいたESは合格しました。本当にありがとうございました。 面接の結果はどうなるのかわからないですが、とりあえず感謝の気持ちを伝えます。 →面接の結果はまだわかりませんが、まずは感謝いたします。 今、私は強みにつて、文章を書けましたが、 →今回、私は自分の強みについての文を書きましたが、 日本語の表現について自信がないので、もしご都合がよかったら、是非お願い致します。 →日本語の表現について自信がないので、もしご都合がよければ是非添削していただけませんでしょうか。

    1. Other types of questions
    2. 非常に丁寧に書いてあると思います。 気になる点が2つあります ① 親切な人ばかりでした。だから、私はすぐに日本の言葉が好きになりました → 親切な人から、日本の言葉が好きになるのは、つながりとしては、少し不自然ですね。 単純に、日本が好きになりましたの方がいいと思います。 または、何故言葉が、好きになったのか?を説明を入れた方がいいと思います。 ② このような貴重な機会をいただき、大変感謝しております!どうぞよろしくお願い致します 最後のこの文章ですが、これは、中国で、奨学金か何かの面接を受けているいう前提で、相手に話しているという感じですね? 日本で面接をうけているなら、 最初の​‎ 私は去年日本へ旅行に行きました→​‎私は去年日本へ旅行に来ました。 に変わります。

    1. Other types of questions
    2. 2が正しいです。Λ Λ

    1. Other types of questions
    2. 「笑われる」という枷を捨てろ 「こんにちは。何年生ですか」と聞くと、 「三年生です」と答えてくれたが、そこで会話が途切れてしまった。 今年の大学の交流会でのことであった。友好学校の中国語研修班を迎えて、交流会が行われた。参加する前からわくわくしていた私は、会場に行ったら、日本から来た学生に、結局何も言えなかった。不安になった私は、中国人に見知った人のように話しかけた。私だけではなく、気まずさを隠すためか、中国人の学生も、日本人の学生も、皆同じ国の学生と話してばかりいた。日中学生間のコミュニケーションを目的とした交流会が別々の交流会になってしまったのだ。 違和感があった。中国人には自然に話しかけることができるのに、日本人だとできないとは。その時、自分の中で、見えない壁があったということに気がついた。 「このままではダメだ。交流会だから、会話しなきゃ」と決心した。隣の男の子がずっと黙ったまま座っていたので、勇気を出して話しかけた。 しかし、会話が続けられなかった。「日本での大学生活」や「南京に来てからの感想」など、もっと日本のことを知りたいのに、「もし変な言葉を使ってしまったら恥ずかし過ぎる」と焦って、うまく言葉にできなくて何も言えずに、時間だけが流れてしまいました。 沈黙で気まずい。なんとか話そうと思いながら、また会話にチャレンジしてみた。会話を盛り上げようと思って、南京のグルメを紹介した。うまく伝わるか心配だったが、写真を見せたり、ジェスチャーを使ったりして、なんとなく分かってくれた。会話が進むうちに、相手もだんだん興味が出たようで、「美味しそう!どこのレストランですか」と期待する顔をしていた。こうして、楽しくコミュニケーションがとれて、最初の気まずさも段々なくなって、距離が縮まっていた。2時間という短い時間だったが、いい思い出になった。 交流会が終わると、相手からメッセージが来た。 「美味しかった!教えてくれてありがとう」 この交流会を通して、日本人の学生との友情が生まれた。今まで初めてのことであった。これをきっかけに、今まで心の中に存在していた壁も破られていたようだ。よく考えてみれば、自分も外国人に話しかけられたことがある。その時の自分は、相手の拙い中国語に、全然嫌な感じなんかしなかった。私から見ると、一生懸命話してくれたので、こっちは一生懸命聞かないと、という感じしかなかった。日本人の学生は多分同じ考えで話を聞いてくれたと、勝手に思った。 元はと言えば、コミュニケーションでは、文法よりも、あきらめずに伝えようとする意欲が大切ではないだろうか。以前、友人を交流会に誘った時に、「日本語を間違えると恥ずかしいから」「もっと上手になれば参加する」などと言って、なかなか参加しなかった。確かに、うまく言葉が出てこなかったら、恥ずかしさを感じるかもしれない。しかし、専らに完璧な日本語を求めようとすると、逆に自分の枷となってしまう。 「言葉は通じなくても心は通じる」とよく言われる。つまり、アイコンタクトを取ったり、ジェスチャーを使ったりして、心が通じ合えたら、言語という壁を越えられるという意味である。日中間の交流は、まさにこの通りだと思う。 今年は日中青少年推進年で、日中関係の新しい時代に、若者である私たちは未来の両国関係にとって重要な影響を与えられると言えるだろう。青少年交流において、近年、交流会などのプログラムが増えている政府間の努力も重要だが、若者が積極的に一歩を踏み出すのも重要だと思う。私たちは、まるで一つ一つの星のようだ。無数の小さな星が集まれば、その輝きは空を照らす光になるだろう。 大変良く書けている作文ですね、素晴らしいです! 一つだけ補足するならば、日本語の文体には「です・ます調」と「だ・である調」の2つがあります。 文末が「〜です。〜ます。」となるか「〜だ。〜である。」となるかの違いです。 これらの表現が統一されている文章が自然と見なされるので、文末に気をつけるとより良い文章が書けますよ!

    1. Other types of questions
    2. 素晴らしい文章です! ただ、添削できる箇所もあります。 「中国人同士に見知る人のように話しかけた。」 →「中国人に知り合いのように話しかけた。」 または「中国人同士で知り合いのように話した。」 まず「見知る人」という表現はあまり聞かないので「知り合い」や「知人」のように言いましょう。 さらに「話しかけた」という動作に「中国人同士に」という自分自身が含まれる言葉は不自然に感じます。「同士に」は消して良いです。 もし「中国人同士」という表現を使いたいなら、「知り合い」という「お互い知っている」表現を使って言いましょう。 あと「勝ってに」は「勝手に」または「かってに」にしましょう。「勝」だけ漢字にすることはありません。 この二つ以外は本当に素晴らしい文章です! 追記:「笑われる」という枷を捨てろう 命令の意思なら「捨てろ」。提案の意思なら「捨てよう」がいいです。 「無数の小さな星が集めれば、その輝きは空を照らされる光になるだろう。」は少し違和感がある表現ですね。 まず「星が」なら「集まる」。「星を」なら「集める」になります。この違いは「星」が主語になるか目的語になるかです。主語なら「が」。目的語なら「を」を使います。 「照らされる」は「空」ではなく「輝き」にかかるので受け身的表現ではなく、「照らす」にしなければいけません。もし「照らすことができる」という意味なら、「照らせられる」または「照らせる」にしましょう。

    1. Other types of questions
    2. 4,運動会 "は" 中止する~ 5,人間のかわりにロボットが働き続け、おそらくだいぶ人を減らして、一部の人は失業するだろう(or 失業することになるだろう) 6,年上まで→年上の人まで(or 年が上の人まで)

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 一生懸命

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.