Questions about example sentences with, and the definition and usage of "両国"

  • The meaning of "両国" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 私が持っている考え方は、台湾人の考え方です。 留学をすると、私は日本人の考え方を学ぶことができます。 留学をすることで、私は台湾人の考え方と日本人の考え方の両方を学びます。

    1. Meanings of words and phrases
    2. Ughh I’m watching a video that was taken by 両国 and almost crying again...the concert was really nice. But my face is like a meat ball, isn’t it? I’m getting fat, but I didn’t know I look like that... I’ll lose my weight.

    1. Meanings of words and phrases
    2. It’s a museum at 両国

  • Similar words to "両国" and their differences

    1. Similar words
    2. 第一是表示两国之间什么样的状态。第二是表示两国之间有什么的。

  • Other questions about "両国"

    1. Other types of questions
    2. Hmmm, to be honest with you, it is rather common. Anyway I'll proofread it for you. >皆さん、こんばんは。日本語学科三年生の王碧です。 皆さん、はじめまして。日本語学科の三年生、王碧と申します。 >今日、私のスピーチのテーマは「理解し合え、共に未来へ」です。どうぞよろしくお願いいたします。 今日の私のスピーチのテーマは「理解しあうことで共に未来へ」です。どうぞ最後までおつきあいください。 >皆さんは日本という国はお好きなんですか。 That sounds like 'Do you really like such a nation as Japan?' to Japanese. 「私の国、中国では、日本は今なお悪いイメージを持たれています。」would be much better. >BBCの調査によりますと、中国人は日本にマイナス的なイメージを持つ人は八十パーセントも越えました。 イギリスBBCの調査によると、中国では日本を好いていないひとが、総人口の80パーセントを超えているといいます。 >これは一体何でしょうか。 一体これは何なのでしょう。 >去年の冬休み、私は高校のクラスメートと出会いました。 去年の冬休みに、私は中国に一度戻って、そのときに、高校のときの同級生と会う機会がありました。 >彼は私の専門を知っていたとたん、すぐ微妙な表情をかけて 私が今、日本で勉強していると知ったとたん、表情が変わって、私に向かってこう言い出しました。 >「日本って、あの小さくて、戦争好きな国じゃない。あの国はね、弟子のくせに、いつも私達をいじめばかりじゃん。」 「日本って、小さいくせにやたら戦争をしてる国じゃない。あの国はもともと中国より下なのに、いつも中国をいじめてばかりじゃないか」 >とちょっと怒りそうな顔で言いました。 と怒り顔でした。 >彼の話はちょっと失礼ですが、中国人の中にそう思われた人がたくさんいます。 彼のきめつけは正直あまり気持ちのいいものではないのでしょうが、私の国では同じようなことを言い放つ人間は、そんなに珍しくないのです。 >実は、インターネットに中国に偏見を持つ日本人も少なくないです。 その一方で、インターネットを見て回ると、中国に偏見をもつ日本の方もまた、大勢いることがよくわかります。 >なぜ、両国の間にそんなに深い偏見があるでしょうか。 なぜ、日本と中国のあいだにはこんなに深い、行き違いの溝があるのでしょう。 >確かに、日中の間には長い歴史があります。その中に悲しい戦争や遣唐使などのことが既に私達の共通記憶になります。 いうまでもなく日本と中国は、長い交流の歴史があって、そのなかには遣唐使のように文化と外交の交流を支えたものもあれば、悲しい戦争の記憶もあります。 >その故に、歴史は日中のかけ橋になったと同時に、誤解や偏見の源ともなるでしょう。 こうした歴史の記憶は、日中の架け橋になると同時に、誤解や偏見の源ともなるわけです。 >では、私達は本当に未来に対して何もできませんか。 こうした歴史に足を取られてしまって、私たちは未来を望むことはもはや叶わないのでしょうか。 >いいえ。そうではありません。 自分はそうは思っていません。 >日清戦争は多分皆さんもご存知でしょう。 日清戦争についてはたぶん皆さんもご存知でしょう。 >長い間、中国はこれを悲しい歴史と思われました。 長い間、私の国ではあの戦争について、悔しい敗戦の歴史として語られてきました。 >しかし、あの時の人たちはどうでしょう。 けれども、当時の中国のひとたちはどうだったでしょう。 >彼らはは怒りや恨みに支配されるより、積極的に留学生を派遣し、近代化に成功した日本に勉強しました。 怒りや恨みにとらわれるのではなく、むしろ日本へ積極的に留学生を送り、近代化を自力で果たした日本からたくさん学ぼうと、前向きに考えました。 >それだけではなく、日露戦争にも、先輩たちは日本の勝利をアジア人の誇りとして胸を張っていました。 それだけでなく、日露戦争のときも、私の先人たちは日本の勝利をアジア全体の勝利と称え、誇りにしたほどです。 >さらに、現在、中国の改革開放がうまくいくのも日本政府のOAD援助のおかげです。 さらにいえば、現在、中国で改革・開放政策がうまくいっているのも、日本政府からのODA支援のおかげなのです。 >それらのことをもし、もし私だけではなく、両国の青年にもっと、もっと知っていれば、きっとその偏見が解けてしまうでしょう。 これらのことを、日本と中国の両方の若者に、もっともっと知ってもらえれば、きっと今の誤解や偏見は解けていくはずです。

    1. Other types of questions
    2. 移民政策となれば、世界最大の移民受け容れ国であるアメリカ合衆国を取り上げざるを得ない。このグローバル化が急速に進む時代においては、移民問題は国民生活に直接影響する。現在トランプ政権が採用している移民政策と安倍政権が採用している外国人労働者政策との、政策形成および執行過程における相違と、その相違が国民生活にもたらす影響について検討したい。この検討を通じて、両国延いては世界の移民政策の改善に、僅かながらでも貢献できれば幸いである。

    1. Other types of questions
    2.   私の「人生計画」  私は、日本語が好きだから、日本語専門を選んだ。翌年に卒業したら、院生になりたい。最終的には、訳者になるのが私の人生計画だ。  訳者になりたいという考えは20歳の誕生日に決めた。その日、「許淵沖」という中国の大物通訳者の訳した文章をみて、極めて、感動した。彼は中国の漢詩を英語に訳する仕事をしている。難しそうだが、訳した文章には原作の伝えたいことがすべて見事に込められていた。こういった能力があれば、中国の文化を外国に伝え、お互いの国の文化交流ができ、相手の気持ちがよく理解できるようになるとその時分かった。私もそんな意義のある仕事がやりたい、一生を尽くしてもやりたいのだ。  そのため、中国の漢詩だけでなく、外国語の微妙なニュアンスや美しい表し方もよく吟味して、勉強する必要があると思う。院生になり、日本語を更によく習い、将来、訳者になって、中日両国の友好の橋渡しとして力を尽くしたい。  私の人生を色で例えるなら、20歳前は真っ白だ。理想も思想もなく、考えることも悩むこともなくあどけない子供のような、何色でもない時間だった。これから後の人生は何色になるのかが分からないけど、これから努力すれば、更にいろいろな可能性があり、いろいろな色彩を身につけることが出来るだろう。

    1. Other types of questions
    2. 中国に滞在した時間は短いが、中国の方たちと結んだ友情は長く存続していくものである。(人→del する→した 文脈から中国滞在後の文章のようなので) その友情の種は既に私のこころの中で萌え出で、成長している。(出て→出でide) 私たち日本人は中国を自国のように思っている。(自国→自国のように) はっきり言えないが、私も心に中国への思い入れや憧れの感情を懐いている。(とにかく→del  +私も心に 中国に→中国への 感情は→感情を 私のこころに→del 潜めて→懐いてidaite) アメリカでもアフリカでも中国人の方たちを見つけると、親しみが湧いてくる。 日中両国の人々は同じ格好をすれば、見分けられないであろう。 どちらもアジアの一部だからかもしれないし、(というわけだかもしれないか→だからかもしれないし) 又はどちらも黄色い皮膚であることが原因なのかもしれない。(又は→あってもなくてもいい ★「あるいは」も使える) 日中両国は二千年あまりの友好的な交流をしてきた、(きて→きた) 両国の人々の友情は、長江の流れのようにこれからも続いていくことであろう。(人民たちの→人々の 前に→これからも) ★どちらもアジアの一部だからあるいはどちらも黄色い皮膚であることが原因なのかもしれない。   ROCHANさんの訳もOKだと思うのであまり変えないようになおしてみました。 解りにくかったらごめんなさい。 習っている先生がいたら確認して下さいね。 お互い勉強頑張りましょうね~。

    1. Other types of questions
    2.  修了後は、東京大学の大学院への進学を希望しています。その理由は、自分には通訳に必要な知識が十分ではないと痛感しているからです。  東京大学は学術文化交流の最高峰であるだけでなく、社会的責任を遂行し、内外に幅広い影響力を持っています。また、豊富で多彩な国際交流の機会は留学生にも開かれており、そこで得た成果は異文化の中で有効に活用できます。  日本と中国は、現在、社会の高齢化など共通の課題に直面しており、その解決には、両国の協力関係の増進に役立つことができる優れた通訳が不可欠です。私の夢は、そのような人材になることです。両国が交流し、相互の利益を実現することで、新たな価値が生まれ、より良い国際社会の構築につながると信じています。 以上は原文を活かした修正ですが、私が始めから書くとすれば以下のようになります。 現在の課程を修了した後は、通訳となるのに必要な知識と技能を習得するため、東京大学の大学院に進学したいと考えています。  東京大学は学術交流の最高峰であるだけでなく、その社会的責任を果たす一方、内外に幅広い影響力を持っています。また、留学生も様々な国際交流に参加することができ、そこで得た成果は多文化が交わる国際社会で活用できます。  日本と中国は、急速な高齢化など共通の課題に直面しており、両国が協力しあうことでその解決の道筋を見出だすことができると考えます。また、両国の交流により、課題解決が進めば、二国間関係の改善だけでなく、より良い国際社会の構築にもつながると信じています。そのためには異文化を理解し、橋渡し役を担える通訳が不可欠です。私はそのような分野で貢献できる人材になりたいと考えています。

    1. Other types of questions
    2. 皆さん、ご(存知)のように、現代社会の経済の発展と科学技術の進歩に(伴って)、世界は急速に(全体として1つ)になっています。国々の交流はますます頻繁になって(き)ました。昔から中国と曰本の交流はずっと続いています、現代社会に(ついて言えば)、両国は政治、経済、文化などの交流がもっと頻繁になっています。曰本は中国の重要な隣国、重要な貿易パートナーですから、日中(の)青少年の交流(も)(大きな)話題になりました。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 両国

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.