Questions about example sentences with, and the definition and usage of "仰ぐ"

  • The meaning of "仰ぐ" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 先生など、目上の人に何をするべきか、聞く事です。

  • Translations of "仰ぐ"

    1. Translations
    2. 彼は大きなため息をつくと、空を仰いだ。 わたしは彼を師と仰いでいる。

  • Other questions about "仰ぐ"

    1. Other types of questions
    2. Wow, that's the toughest request I've ever heard. Many songs are translated into other languages over the world, but I believe no song was done matching the meaning and the syllables at the same time. 愛は難しいね 赤信号 僕のは青 あの頃 君は燃えてた 赤信号 僕のは青 君が欲しい 青くなるよ ここに居てくれるなら でもむしろ自分のためなんだよ だめと言えない 灯りをつけても誰もいない 冷静でいるつもりでも 気のない人にうっかり 君の世界はグレイ なら青空を描かせて 目を開けて見えるのはいつも雨 I think you can fit these to the original song because now I know the original song, but as you can see, I cut many words and they got even more abstract. So it's up to you.

    1. Other types of questions
    2. 8世紀頃に日本は遣唐使を派遣して、唐の文化を積極的に取り入れていた。その時に、茶も唐の最新の文化として日本に持ち帰られた。15世紀後半から16世紀後半にかけて、茶聖の千利休により侘び茶すなわち茶道が確立された。このスピーチでも茶道及び茶道の精神、例えば、日本のおもてなし、さびとわび、侘び茶、一期一会、千利休の利休七則などを紹介したい。特に利休七則の「茶は服のよきように点て」、「炭は湯の沸くように置き」、「花は野にあるように生け」、「夏は涼しく、冬暖かに」、「刻限は早目に」、「降らずとも雨の用意」、 「相客に心せよ」 は簡単な、当たり前なことを言うだけで、茶道の精髄を分かりやすく示して、我々現在の日常生活にもヒントを与えている。  この利休七則は、千利休と門下生との会話から生まれた。千利休は門下生に茶道で一番大事なことは何かと問われて、そこで答えたことが利休七則である。門下生はそんなことは誰でも分かっていることなので、先生にわざわざ聞く必要はないと言ったところ、千利休は、あなたがそんなに自信があるのなら、そのとおりやってみなさい、もしすべてが出来たなら、あなたを師と仰ぎましょう、と言った。  千利休が門下生に言いたかったのは、一番重要なことは一番基本なことで、つまり一番簡単なことだということだ。彼自身も一生その基本に則ってお茶を点て、「お茶は渇を医するに止まる」と言っている。   同じようなことは千利休の子孫の千宗屋も言っている。「花はあくまで花のまま」。

    1. Other types of questions
    2. No, they're not the same. 指示に従う = follow the instructions of someone 指示を仰ぐ = ask someone for instructions

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 仰ぐ

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.