Questions about example sentences with, and the definition and usage of "侍従"

  • Other questions about "侍従"

    1. Other types of questions
    2. これからする話はアユタヤ朝中期から後期に至るまでの封建制(ほうけんせい)についてです。日本史と比べたら近世(きんせい)です。  当時の身分制度を説明するのに、アユタヤ朝中期を切(き)り開(ひら)いた「ボーロマトライローカナート王」を取り上げます。  母方(ははかた)はスコータイ王朝のため、一時的(いちじてき)にスコータイの国主(こくしゅ)となりました。その後、父親のアユタヤ王朝の王が崩御(ほうぎょ)したためアユタヤ王となりました。そして、アユタヤ王朝がスコータイ王朝を併合(へいごう)し、スコータイ朝は消滅(しょうめつ)します。ということで、アユタヤ時代には王家(おうけ)と王家(おうけ)の姻戚関係(いんせきかんけい)が強かったことが理解できます。  併合(へいごう)してからアユタヤの領土(りょうど)が大きくなり、スコータイの官僚(かんりょう)や平民がアユタヤに移住(いじゅう)し、社会構造が変化したことにより以前よりも複雑になりました。  そのような状況に対処(たいしょ)するために、王様が封建制(ほうけんせい)を確立しました。この制度の役割は、社会秩序(しゃかいちつじょ)の維持(いじ)、土地面積(とちめんせき)に応じて全民衆(ぜんみんしゅう)の上下(じょうげ)関係を表すものです。例えば、貴族中最高位(きぞくちゅうさいこうい)は3万ライで、最下層(さいかそう)の奴隷(どれい)は5ライです。しかし、実際には王様が全階層の民衆に土地を与えたわけではなく、もっぱら社会身分を示すものとしてのみ用いられていました。このような行政体系(ぎょうせいたいけい)はアユタヤ王朝の後、19世紀(せいき)まで渡って続きました。  アユタヤ朝初期のように当時の身分制度は主に支配階級と被支配階級(ひしはいかいきゅう)に分けられます。日本の江戸時代の身分制度のように、社会的地位は固定されてなかったのです。支配者は給与(きゅうよ)を支給(しきゅう)される代わりに、収められた平民からの税金や作物を与えられるため、支配者と平民の個人的関係は有効的に機能していました。平民より支配階層の方が王様と関わていましたので、平民は自分の子供を支配階級に移動できるように支配者とのコネを使って子どもを王族の侍従(じじゅう)として働かせることも稀なことではありませんでした。つまり、現在において封建制度はもう存在していないとは言え、このようなコネはまだ現代タイの社会に根をおろしているわけです。また、公務員がほかの職業よりプライドが高いという名残(なごり)も残っています。 内容が身近なものでないため、もう少しシンプルな日本語で書いた方がいいと思います。

    1. Other types of questions
    2. 「目を見張った」が驚いたという意味なので、その前にも「驚いた」が入ると不自然です。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 侍従

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.