Questions about example sentences with, and the definition and usage of "促す"

  • Translations of "促す"

    1. Translations
    2. 「いる」の謙譲語(けんじょうご)です。

    1. Translations
    2. スパルタ教育

  • Other questions about "促す"

    1. Other types of questions
    2. ​‎息子が小さい時に、彼の将来のことを何も考えていませんでした。 もし私が勉強を促してあげれば、彼はもっといい成績をとれるだろうか。そうすると、彼の人生が変わるかもしれない。 子どもですから、勉強したくない時はもちろんあります。 でも彼のために、私は心を鬼にして、拳で机を叩きながら、「私が継母と思われてもいい!もちろん老後の介護にてくれなくてもいい!お父さんだけを養っていい!でも今は、さっさと勉強しろ!」と叫んでいました。 勉強をさせるため、何度も激怒して喧嘩して、食器もいくつも壊れてしまいました。 最後にやっと息子が言うことをききました。(最後まで息子は言うことを聞きませんでした。) なるべく、文章を変えないように直してみました。 最後の文章は、文脈からだとどちらかわからなかったので、2つ目の文章は( )に書きました。

    1. Other types of questions
    2. 僕は日本語を専門的に学んでいるわけではないので、感覚として若干気になった点をいくつか挙げさせていただきます。 まず、第一文の2行目~3行目「涎を垂らし」の部分です、一般的にはあまり使わない表現だと思います、ただし使わないわけではありません。 馴染みがあるのは「いい匂いにつられて」 二つ目は、第一文の最後の行にある「よく言われた」の「た」 もし、次にあげる2つの理由が過去の定説などであった場合を除いて、その理由を 現在⇔過去 で対比させたい場合を除いて、「よく言われる」と使います。 三つ目、第二文の1行目~2行目の「ということ」です、すごく不自然というわけではないですが、なくても良いという感じです。 四つ目、第二文の4行目~5行目 複数個あるので順番に上げていくと ①「単身者で一人暮らしの人数」⇒「単身者で一人暮らしという人の数」の方が自然です。「の」が「一人暮らし」だけにかかってる感じがします。 ②「食事習慣にまで響きます」は、「単身~つつあり」が挿入されることによって、何が食事習慣に響くのか曖昧なので、それを明確に書いて欲しいと思いました。加えて「響きます」⇒「響いてきます」のほうが、徐々に、という意味合いがプラスされて自然だと思いました。 五つ目、第二文の最後から4行目の「キッチンがある~料理そのこと」の部分です。「そのこと」⇒「自体」の方が自然。「名詞+そのもの」で、その名詞を強調する表現はよく見ますが、「名詞+そのこと」は見たことがありません(僕が無知なだけかも)。 六つ目、第二文の最終行目の「していることが」⇒「していることは」 七つ目、第三文の2行目「家族に力を出す」の意味がわかりませんでした。 八つ目、第三文の5行目「ないのです。わざと~」⇒「ないのです。わざわざ」 「わざと」は故意に行動する場合≒相手の不利益になるように、もしくは自分の利益になるように行動する場合、に使うものという印象があります。 九つ目、第三文の同じく5行目「そのうちの誰か~」⇒「そのうちのどちらか」 「だれか」は不特定多数の人間のなかの不特定な人間というイメージで、ここの「そのうち」には不特定多数の人間ではなく、夫婦という“二人”を表していることが文脈からわかるので、「どちらか」というのが自然です。 十個目、第三文6行目「恐れもあるかもしれません」⇒「恐れもあります」 「かもしれません」は、筆者が、誰かに「恐れがある」ということを想像して書いているならば、自然なのですが、この場合、文脈からただ単に事実を挙げているように思えるので「あります」の方が自然。後者の「恐れ」は、悪い可能性というイメージです。「恐れもあるかもしれません」というときの「恐れ」はもっと感情的な、「恐怖」に近い意味合いだと思います。 十一個目、「外食文化~現れています。」の部分です。様々な形で「何」が現れているのか、がよくわかりません。書いてあるまま、その「何」を推測すると「以上の理由」になるのですが、「以上の理由が様々な形で現れる」という、やはり意味が分からない文になっていると思いました。 最後、「身をもって試してみたらいかがでしょうか」⇒「実際に体験してみてはいかがでしょうか」と、僕だったらします。「身をもって」は、体験を通して、という意味だと思いますが、何か仰々しいニュアンスがあるように思います。例えば…僕は海の恐ろしさを身をもって体験した。 などと言います。だから「試す」とは、あまり一緒に使いません。加えて、「食事“文化”」は「試す」ものではないと思うのでその点も不自然だなと思いました。 「みたら」は「試して」にくっついてでてきた表現だと思いますが、この場合「いかがでしょうか」があるので、慣用的な「~してみてはいかがでしょうか」という表現に合わせて「みたら」⇒「みては」と変えます。 以上が主に気になった点です。 まだ始めたばかりで、わかりにくい点が多々あるかもしれませんが、ご了承ください。

    1. Other types of questions
    2. 私はあなたが恐れないように励ましている。 とか、 私はあなたが恐れないように勇気づけている。 でしょうか。"encourage"を日本語にするのはかなりむずかしいですね。 「促す」は〜するように、のときに使います。〜しないように促す、はあまり言いません。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 促す

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.