Questions about example sentences with, and the definition and usage of "兵士"

  • The meaning of "兵士" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. Check the question to view the answer

    1. Meanings of words and phrases
    2. (Regular) people in the country are independent farmers as well as soldiers. People in the country are independent farmers and all those farmers are also soldiers.

  • Similar words to "兵士" and their differences

    1. Similar words
    2. 兵士」は軍隊(集団)の中の一員という意味が含まれるのに対し、「戦士」は個人に注目して、命令を受けて戦うのではなく自分の意志で戦う人を指します。 また、「戦士」は軍隊以外の場面で戦っている人を比喩的に呼ぶときにも使います。(「企業戦士」など) ですから、「彼らは元兵士だ」はよく使いますが、「彼らは元戦士だ」のように集合的に使うことはあまりありません。(「彼は元戦士だ」はよく使います。) 例 私は一人の兵士にすぎない。 彼は戦士としての誇りをもって死んだ。

    1. Similar words
    2. 兵士が集まったのが兵隊です

    1. Similar words
    2. 兵士」は、軍に所属して戦う人のことです。 「武士」は、日本の侍のことですが、江戸時代以前の身分制度の中で、身分の一つでもあります。 「戦士」は、戦場で戦う人のことで、軍に所属しているかどうかは問いません。

  • Other questions about "兵士"

    1. Other types of questions
    2. Winst さん、こんばんは! 今日の課題は、短歌ですね! よく訳せています。 以下参考にしてください。 #11の「恋の歌、人生の喜びや苦しみ、日常生活の描写、社会問題、子供の成長、物語やファンタジー」の順番は、このままの方がよくないですか? 11) There were various writers such as Emperors, aristocrats, farmers, soldiers and males and females. The contents that are composed in the poems were things like fantasy, legends, growth of the children, social problems, depiction of daily life, happiness and pain in the life, and a love poem. By reading "Manyoushu" you are able to know the emotions, daily habits, and thoughts of the people at that time. 19) Recently, there are many websites that explain "Manyoushu" in a fun way by using illustrations. 21) As for the famous 短歌 in present day , there is a book of poetry titled "Salad Memorial Day", which a Japanese poet named "Machi Tawara" wrote. We will introduce one of the 短歌 from it. Put a "/" in the breaks of the sounds of the 5/7/5/7/7. Let's try and think what kind of feelings and scenes are composed in the poem.

    1. Other types of questions
    2. 意味は伝わりますが、不自然です。 まず、丁寧な形の「です、ます」とそれほど丁寧ではない「もらえる」という形が混在しています。 主語と述語の対応が乱れている点や、過去形でなければならないところ、現在形が使われている点があって、不自然になっています。 あとは、言葉の選び方に少し不自然さがあります。たとえば、 徴兵などの場合、「時間」よりも「期間」というような単語の方が自然だと私は思います。人によるかもしれません。 なるべく、元の文章の言葉を生かして、以上の修正をすると 台湾での兵士の募集は徴兵制度と志願制度があります。 徴兵制度は国民が義務として入隊する制度で、給料は安いです。志願制度では公務員のような月給をもらえます。 昔 徴兵の場合は、期間が二年間か三年間でした。二年間か三年間は抽選によって決まります。運がなかった人は三年間、入隊しなければいけませんでした。 もちろん、他の書き方もできます。

    1. Other types of questions
    2. 「残念だが貴様は兵士失格だ、開拓地へ...」

    1. Other types of questions
    2. 国家の利益=国益 兵士は国益のために戦う。

    1. Other types of questions
    2. こんにちは。全く通じないわけではありませんが、所々添削させていただきます。 ​‎私は沢山の人にお世話になっているが、私が一番感謝したい人は両親と神だと思っている。 →私はたくさんの人にお世話になっているが、その中でも1番感謝したい人は、両親と神だと思っている。 今、父はコンピュータプログラマーだけど、若い時に軍隊の中で兵士だった。 →父は、今コンピュータプログラマーの仕事をしているが、若い頃は軍隊の兵士だった。 母は家で料理、掃除、私の下の兄弟への教育を熱心にしている。 →母は、料理や掃除、私の下の兄弟への教育を熱心にしてくれている。 両親は疲れるとしても、私と兄弟と一緒に時間を過ごす。両親が大好きで、日の中で一番好きな時間は晩御飯の後で両親と話している。私は神に両親の愛情を感謝する。 →両親は、たとえ疲れていたとしても、私たちと一緒に過ごす時間を大切にしてくれている。私は、(1日の中で)晩御飯の後に両親と話す時間が1番好きだ。そんな両親のことが大好きで、そんな両親の愛情を与えてくれる神にも感謝している。 また、私と友になる神に感謝する。 →私の1番近い存在となる神にも感謝をしている。 去年の夏に、5週間にイーグル・レークというキャンプでボランティアの仕事した。 →私は昨年の夏に、イーグル・レークというキャンプでボランティアの仕事を5週間していた。 日曜日以外は毎日午前5時から午後6時まで働いた。 →その間、日曜日以外は毎日午前5時から午後6時まで働いていた。 友達がなかったから、とても寂しくなった。でも、私が悲しのに、神は私に平和を与えた。毎日、仕事の前に、神と一緒に時間を過ごすのを楽しみだった。彼は私を慰めた。 →友達がいなかったので、とても寂しい日々だったけれど、私の唯一の楽しみは、仕事の前に、神と一緒に過ごす時間だった。その時間に、神が私を慰めてくれ、平和な時間を与えてくれた。 難しかった夏だったのに、私は働きながら、神から沢山習った。 →あの夏は大変だったけれど、神から沢山のことを学ぶことができた。 投稿者さんの思っていることと、表現が違っていましたらすみません。 ご参考までに。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 兵士

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.