Questions about example sentences with, and the definition and usage of "北戴河"

  • Other questions about "北戴河"

    1. Other types of questions
    2. 心に刻む旅 人の一生にはいろいろな旅がある。長い旅もあるし、短い旅もある。楽しい旅もあれば、悲しい旅もある。心に刻んで忘れられない旅もあろう。 去年の夏、会社の【旅行】で初めて秦皇島(しんこうとう)の北戴河(ほくたいが)に行った。北戴河は美しい海で有名な観光地である。私は内モンゴルの出身で、そして外地へ旅行する【ことは片手で数えられるほど】少ないので、その時初めて海を見た。船に乗って、果てしなく広がっている海が目に染み入り、【波の音】を聞き、海に跳び上がる魚さえも見えた。なんと美しい景色であろう。【この景色を見れば】、【気の滅入っている人でも】気持ちが良くなっただろう。海を見るのは初めてなので、身に染みる風景【が】心に残るかもしれない。 自宅を離れて他の地方へ行くことは旅であり、人生のそれぞれの階段を経ること【も】旅である【と】言える。どんな旅でも、その時の心の実感を探し、そこならではの美しさを見つけ、楽し【む】ことが大切だと思う。 ※「ちゃらちゃら」は人が軽薄であることを表します。 例)あんなちゃらちゃらした男と遊んではいけない。 ちなみに、波の音を表す擬音語は「ザブーン」とか「ザーッ」とか。でも、口語なので文に書くことは少ないです。 波が引く音は「さーっ」。カジュアルな文体で使います。「さーっと波が引く」 ※「指折り数える」は日時が待ち遠しいことを表します。 例)クリスマスを指折り数えて待つ。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 北戴河

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.