Questions about example sentences with, and the definition and usage of "単身"

  • The meaning of "単身" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. This word is based on a thinking that family must live together. So in case that father get his job far from his house and need to move, but mother and kids keep living same place, the father does "単身赴任", means "go by himself for his mission on the job"

  • Example sentences using "単身"

    1. Example sentences
    2. ・彼女のご主人は大阪に単身赴任している ・彼は16歳の時単身上京した

    1. Example sentences
    2. 私の夫は単身赴任をしています。 夫の浮気は単身赴任中に始まりました。 赴任先の職場で知り合った女性です。 単身赴任をして2年目のことです。 単身赴任をいいことに毎晩浮気相手の家に訪れていたことが後々わかりました。 単身赴任に伴う一人暮らしは、寂しさや孤独感があると同時に独身時代に戻った開放感もあるようですが 私の夫は孤独感から浮気をしてしまったのだと思います。 浮気をされる前に もっと積極的に夫と連絡を取り合ったり 赴任先に行くべきでした。

    1. Example sentences
    2. 単身世帯が増えています。 単身者用のアパートです。 彼は単身、相手の会社に乗り込んだ。

  • Similar words to "単身" and their differences

    1. Similar words
    2. 独身:沒有配偶或是男女朋友 単身:一個人住、一個人去某個地方的時候用這個詞。加上還有獨身的意思。

  • Other questions about "単身"

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. 日本人なら意味は通じますが、少しだけ使い方が違います。 "というもの"の使い方は、動詞の後につけます。例えば、下記です。 活用:使います → 使ってからというもの 新しいことが始まってから、それが続いているという意味です。ですので、"この間ずっと"という理解は正しいです。 ですので、質問の"この3週間 というもの"という言い方は、意味は通じますが、あまりしません。"この3週間"または"この3週間もの間"です。 もし、 "というもの"という表現を使うなら、"単身赴任してからというもの、この3週間、夫から連絡がない。"ただ、"してからというもの"という表現は、文語的(文章的)で、会話で使うことはめったにないと思います。どの国も言葉も同じだと思いますが、短い表現のほうが楽ですから。

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. @Parkdongho はい。よく知らない人には使いません。 「彼女のことだから」= 「彼女はいつもよく食べてよく寝て、規則正しい生活をしていて、いつも元気だったから」 または、 = 「彼女はいつも忙しく働いていても疲れた様子を見せたことがないから」 などと解釈することができます。

    1. Other types of questions
    2. 単身男性と女性」より「独身の男女」のほうが自然だと思います。 単身は一人でという意味であって、必ずしも結婚していないという意味ではありません。 例えば、妻と子どもを日本に残して、海外の会社に単身で赴任しました。 初めて親元を離れて単身で生活してみると、親の有り難さがよく分かる。 「とともに」は「一方で」に変えたほうがいいと思います。 それ以外は完璧です。

    1. Other types of questions
    2. 僕は日本語を専門的に学んでいるわけではないので、感覚として若干気になった点をいくつか挙げさせていただきます。 まず、第一文の2行目~3行目「涎を垂らし」の部分です、一般的にはあまり使わない表現だと思います、ただし使わないわけではありません。 馴染みがあるのは「いい匂いにつられて」 二つ目は、第一文の最後の行にある「よく言われた」の「た」 もし、次にあげる2つの理由が過去の定説などであった場合を除いて、その理由を 現在⇔過去 で対比させたい場合を除いて、「よく言われる」と使います。 三つ目、第二文の1行目~2行目の「ということ」です、すごく不自然というわけではないですが、なくても良いという感じです。 四つ目、第二文の4行目~5行目 複数個あるので順番に上げていくと ①「単身者で一人暮らしの人数」⇒「単身者で一人暮らしという人の数」の方が自然です。「の」が「一人暮らし」だけにかかってる感じがします。 ②「食事習慣にまで響きます」は、「単身~つつあり」が挿入されることによって、何が食事習慣に響くのか曖昧なので、それを明確に書いて欲しいと思いました。加えて「響きます」⇒「響いてきます」のほうが、徐々に、という意味合いがプラスされて自然だと思いました。 五つ目、第二文の最後から4行目の「キッチンがある~料理そのこと」の部分です。「そのこと」⇒「自体」の方が自然。「名詞+そのもの」で、その名詞を強調する表現はよく見ますが、「名詞+そのこと」は見たことがありません(僕が無知なだけかも)。 六つ目、第二文の最終行目の「していることが」⇒「していることは」 七つ目、第三文の2行目「家族に力を出す」の意味がわかりませんでした。 八つ目、第三文の5行目「ないのです。わざと~」⇒「ないのです。わざわざ」 「わざと」は故意に行動する場合≒相手の不利益になるように、もしくは自分の利益になるように行動する場合、に使うものという印象があります。 九つ目、第三文の同じく5行目「そのうちの誰か~」⇒「そのうちのどちらか」 「だれか」は不特定多数の人間のなかの不特定な人間というイメージで、ここの「そのうち」には不特定多数の人間ではなく、夫婦という“二人”を表していることが文脈からわかるので、「どちらか」というのが自然です。 十個目、第三文6行目「恐れもあるかもしれません」⇒「恐れもあります」 「かもしれません」は、筆者が、誰かに「恐れがある」ということを想像して書いているならば、自然なのですが、この場合、文脈からただ単に事実を挙げているように思えるので「あります」の方が自然。後者の「恐れ」は、悪い可能性というイメージです。「恐れもあるかもしれません」というときの「恐れ」はもっと感情的な、「恐怖」に近い意味合いだと思います。 十一個目、「外食文化~現れています。」の部分です。様々な形で「何」が現れているのか、がよくわかりません。書いてあるまま、その「何」を推測すると「以上の理由」になるのですが、「以上の理由が様々な形で現れる」という、やはり意味が分からない文になっていると思いました。 最後、「身をもって試してみたらいかがでしょうか」⇒「実際に体験してみてはいかがでしょうか」と、僕だったらします。「身をもって」は、体験を通して、という意味だと思いますが、何か仰々しいニュアンスがあるように思います。例えば…僕は海の恐ろしさを身をもって体験した。 などと言います。だから「試す」とは、あまり一緒に使いません。加えて、「食事“文化”」は「試す」ものではないと思うのでその点も不自然だなと思いました。 「みたら」は「試して」にくっついてでてきた表現だと思いますが、この場合「いかがでしょうか」があるので、慣用的な「~してみてはいかがでしょうか」という表現に合わせて「みたら」⇒「みては」と変えます。 以上が主に気になった点です。 まだ始めたばかりで、わかりにくい点が多々あるかもしれませんが、ご了承ください。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 単身

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.