Questions about example sentences with, and the definition and usage of "唐辛子"

  • The meaning of "唐辛子" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. むしり取るとは、引きちぎる(tear)ように取るという意味です。 鳥の羽をむしり取る pluck feathers from a chicken

    1. Meanings of words and phrases
    2. 漢字には「利く」と「効く」があります。 「利く」=○○の機能を備えている ・気が利く人ですね 「効く」=効果がある ・薬が効く 味に関してはひらがなのままがいいです。 効果があるのか機能的なのか、区別が難しいんです。 「唐辛子がかなりきいてますね。」という文もわざとひらがなにしているのだと思います。

  • Similar words to "唐辛子" and their differences

    1. Similar words
    2. 唐辛子🌶hot pepper 胡椒 pepper

  • Translations of "唐辛子"

    1. Translations
    2. 日本語でも唐辛子です。 とうがらし と読みます。

  • Other questions about "唐辛子"

    1. Other types of questions
    2. 何ができるんでしょうか? 袋麺?(笑) 水500mlを沸かし、 麺・具・(スープ)を入れ、 3分30秒煮込みます。 煮汁小さじ2を残し捨て、 液状スープを入れ、 弱火で約30秒炒めます。 お好みに合わせてねぎや唐辛子を入れていただくと、 よりいっそうおいしく召し上がれます。 袋の後ろに書いてあるような感じです。(*^ー^)

    1. Other types of questions
    2. こしょう と ちょうみりょう、もう少(すこ)しで自然(しぜん)に聞(き)こえます。 あとのすべては、とても上手(じょうず)です!

    1. Other types of questions
    2. 日本語では、(童話や小説は別として)食べ物などを主語に使うことはありません。 ですので、「対して」の使い方としては間違っていないのですが、「唐辛子は私に対して、辛すぎます」という表現はしませんね。「私には、この唐辛子は辛すぎます」といいます。 一般的に「対して」は、前のものと比較して述べるときに使います。 よく使われるのが「これに対して」で、それまで話してきたことをまとめて、対比意見を伝えるときに利用します。 「美女の彼女に対して、野獣のような彼」 「彼らは~~~と言いました。これに対して私は、~~~と考えます」 また、「~に」でも通じるけれど、強調したいような場合に「~に対して」と使う場合もあります。 「わがままな息子に対して、父親は厳しく怒鳴りつけた」 「そのマンガに対してさまざまな意見が寄せられている」

    1. Other types of questions
    2. 「土話」 中国語の「土話」とは、郡や町など狭い地域で用いられる方言のことだ。父によると、わたしが最初に話せるようになったのも郷里の「土話」である竜泉弁だが、幼稚園では標準語(共通語)を習い、段々竜泉弁を忘れていったそうだ。 小学校の頃、休みの日に祖父母のお見舞いに田舎へ帰ると、村の人に時々「『土話』は喋れますか?」と聞かれたが、その頃はもう、竜泉弁がほとんど話せなくなっていた。学校では「標準語を話し、規範字を使う」の標語が貼ってあるし、テキストも標準語で書かれているし、竜泉弁が話せないことはむしろ光栄なことだと私はそう思っていたのだ。なので、村人には得意げな口ぶりで、「いいえ、話せません。」と答えてしまった。 そのうちどういうわけか、日本の民謡に熱中し、中学一年の頃から私は毎週末に日本語の勉強を始めた。「唐辛子」という言葉は早い時期に知ったが、意味が同じなので、あっという間に覚えた。しかし、頭に付いている「唐」を抜いたら、「辛子」—— え、これは竜泉弁ではないか!と言う事に気付いた。 「唐辛子」は竜泉弁で「ガラズ」というのだ。 全くの偶然で似ているのか、または何かつながりがあるのか。とてつもなく興味が湧き、その時から私は「土話」の存在を見つめ直した。まずインターネットで色々な資料を調べ、中国の南側の方言は標準語よりも古代漢語の特徴が多く残っているということを知った。標準語は現代北京方言に基づいて出来たものだが、北京を含む北方の方言には歴史の移り変わりと共に比較的大きな変化が生じたのだ。それらの情報を知った私はぱっと、家族と竜泉弁で話すようになった。なんと言っても竜泉弁は私の母語なので、間も無く私は村人とも「土話」で話せるようになった。  中学校三年のある日、本屋で方言に関する専門書を探していると『上古音系』という本が目に入った。読んでみると、「去声韻は『-s』尾から来ている」という章に、ベトナム語、韓国語、日本語の例証を挙げてられていたが、その中に「日本の地名『対馬(tusima)』の『対』の『s』尾も……『芥(karasi)』の『s』尾も上古漢語の音韻の残りである……」と書いてあった。「辛子」単体には「唐辛子」の意味は無いが、上古漢語の発音が変わりやすいことに考慮すると、竜泉弁の「ガラズ」が日本語の「辛子」と同源である可能性は非常に高いだろう。 「土話」とはこんなに面白いものなのかと誇りに思った。 今では私もよく小さい子供に聞く。「『土話』は話せますか?」と。

    1. Other types of questions
    2. とても綺麗な文法で、読みやすい文章です。 ただ、文法的には合っているのですが、こういう言い回しは日本語ではしないという部分がいくつかあります。 「私のお気に入りのレシピの1つを共有したいと思います。 」 「共有」でもいいと思いますが、私だったら「紹介」と言うかもしれません。 「このレシピはさつまいものファヒータのためのものです。」は文法は合ってますが、ちょっと不自然です。 「これはさつまいものファヒータのレシピです。」の方が自然です。 「あなたが必要とするでしょう」は、 「用意するもの」、または「材料」などが自然です。 あと食材の分量の書き方は 「ピーマン 1/2」「植物油 大さじ3」のような感じです。 「アボカド、コリアンダー、ライムも好きです。」は、 「アボカド、コリアンダー、ライムなどを入れても美味しいです。」 「 きのこを四分の一またはスライスに切ることができます。」は、 「 きのこを四分の一、またはスライスに切ります。」 「 小さなボウルに、ファヒータ調味料と油を一緒に泡立てます。」 「小さなボウルに、ファヒータの調味料と油を一緒に泡立てます。 」 「味付けした油を野菜の上に注ぎ、よくなじませます。」 「味付けした油を野菜の上にかけ、よくなじませます。」 注ぐでも間違いじゃないと思うんですが、私はかけるを使う気がします。注ぐは結構大量の水が一点をめがけ勢いよく流れてるイメージです。かけるは、もうちょっと広い範囲に水がいきわたるイメージです。 「大きなフライパンを高温で予熱する。」 何故かわかりませんが、予熱は特にオーブンに対して使います。フライパンにはあまり使わない言葉です。 「材料を入れる前に、大きなフライパンを強火で温めておく。」などが自然だと思います。 あと、4オンスがわかりません…すみません。重さですよね? 「キノコ 〇g」みたいに言います。g(グラム)を使います。

    1. Other types of questions
    2. 今日は連休の二日目だった。そして従兄が来た。この前、彼は一日で郴州に帰って、私に昼ご飯を作らせて、そして姉さんに晩ご飯を作らせると言った。でも姉さんは広州へ行かなければならないので、私が食事の準備を全部した。従兄は今、公務員を目指しているので、毎日勉強するのにとても忙しい。彼は公務員になったら、一生、収入的に安定性があると思う。これは今の仕事よりとてもいい待遇です。/何で彼の思うを変った。(この文の意味がわかりません)/私は驚かされた。しかも、公務員はそんなにいい仕事じゃないと思っていた。そして、姉さんもいい仕事ができる。もしかして、最近の996のニュースで焦てているのだろうか。それから、ランチはステーキだった。姉さんがお勧めていた店は人でいっぱいで、私達は長い時間待ちたくないので、他の店へ行った。晩ご飯は牛肉の鍋物で、おいしかった。従兄は今、体にとても気を付けている。健康的な食品を食べてばかりいる。揚げ物、飲料、唐辛子というような物を全然食べない。本当に賢い人ですね。食事が終わってから、従兄は姉さんに晩ご飯の清算をしてもらうことにすると言いました。これは今日一番嬉しかったことです。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 唐辛子

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.