Questions about example sentences with, and the definition and usage of "婚"

  • The meaning of "婚" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. Very sorry, Natsun. Prof Google taught me the wording. It means news of a big person's marriage comes immediately before or after an announcement of own marriage. It's a fragile word disappearing soon which was made by some media.

    1. Meanings of words and phrases
    2. 猎婚の意味だそうです! http://www.chugokugo.net/new_china.html

  • Example sentences using "婚"

    1. Example sentences
    2. 会話 A:林さんは結婚していますか 林:ええ、結婚しています。 いいえ、まだ結婚していません。 結婚一定要使用持續的ている 如果只有する的話↓↓ 結婚します要結婚 結婚しません不結婚 過去型した 結婚した曾經結婚過(離婚狀態) 其他相關言葉 既婚きこん 已婚 未婚みこん 未婚 独身どくしん單身 恋人こいびと戀人

  • Similar words to "婚" and their differences

    1. Similar words
    2. 」は結式を挙げる、結するというで、他の言葉と組み合わせて新しい言葉を作ります。 例 できちゃった、地味、晩 「姻」は、個人よりも家同士が結びつくという意味のようです。使われる言葉は限られています。 例 姻戚・姻族=結相手の親戚

    1. Similar words
    2. 姻届を提出していないという結果は同じですが、原因が異なります。 事実は本人たちの意思です。 内縁は、親の同意が得られないなどの理由がある場合です。

  • Translations of "婚"

    1. Translations
    2. この度は親友の結婚式の司会という大役を承り、大変恐縮でございます。

    1. Translations
    2. 友達が彼の結婚式で「君は幸せになれるよ」私にと言う 過去的話,言いました

    1. Translations
    2. フォトウェディング専門スタジオ

  • Other questions about "婚"

    1. Other types of questions
    2. 在日本最传统型的文化,比如神社型、寺庙型,贵宾在外边用朱伞,为了挡阳或雨。 但本来太沉和太大,所以现在只在仪式使用的。 而且现在在日本很少选择举行神社式婚礼。

    1. Other types of questions
    2. 5.研究の意義 ここ数年、『竹取物語』に関する研究は「女性の自己意識」を取り上げていない。 本研究で両者の関連を掘り起こすことは、現在の「女性の自己意識」と女性の社会地位の研究へも新しい論点を提供し得る。また、現代の物語研究への新しい切り口と、現代社会と物語の新しい理解をもたらすであろう。 一方、『竹取物語』と『斑竹娘』の関係は、中国文化の受容と変容の表れとして、中国における研究が進んでいる。 『竹取物語』から「女性の自己意識」を研究することにより、中国の学者も、中国の古典神話と文学作品に現れた「女性の自己意識」についての研究を行う上での足場ができる。

    1. Other types of questions
    2. 結婚を前提にしたおつきあい (日本では会話ではあまり恋や愛は使わず、おつきあいなどを使いますが、文章で書くなら恋愛などでいいと思います。)

    1. Other types of questions
    2. 〜は、春節の期間中に行なわれます。

    1. Other types of questions
    2. >だから、私の意見は、同性を合法にするのため、日本で同性愛者が社会的に受け入れられていないことは問題ではなく、同性の社会的な認識を増えていることが重要です。 前の文がわからないので、「だから」が正しいか言えませんが、この文は次のような構造です。 だから、私の意見は、Aは問題ではなく、Bが重要です。 文法的に正しくありません。 「私の意見は」のあとに続く文は「N(名詞)です」という文です。 実は、意見を言う文では、使いにくい表現です。 「私は」で文を作った方がうまく書けます。 例文: ですから同性を合法にするためには、私は、日本において同性愛者を社会的に受け入れることを問題にするのではなく、同性の社会的な認識を広げることが重要だと考えます。 これでいちおう文法的な文になりますが、とてもわかりにくいです。 「同性を合法にする」というのは、法律的な手続きなので、後ろの文とレベルが違います。いっしょに言わないほうがいいと思いす。 さらに、 >同性愛者を社会的に受け入れることを問題にする >同性の社会的な認識を広げる このふたつは内容的にほとんど同じように感じられるので、スピーチなら、聞いてもまったく意味がわからないと思います。 同性愛者が社会的に受け入れられていないことを問題にする なら、少しわかりやすくなります。 AmPandaさんの言いたいことと違うと思いますが、次のような文ならスピーチでもはっきり意味がわかると思います。 例文: 私は、日本において同性愛者が個人的な感情において受け入れられないということを問題にするより、同性の社会的な認識を広げることが重要だと考えています。 認識と理解がすすめば、その結果、同性の合法化も実現するでしょう。

    1. Other types of questions
    2. 僕は日本語を専門的に学んでいるわけではないので、感覚として若干気になった点をいくつか挙げさせていただきます。 まず、第一文の2行目~3行目「涎を垂らし」の部分です、一般的にはあまり使わない表現だと思います、ただし使わないわけではありません。 馴染みがあるのは「いい匂いにつられて」 二つ目は、第一文の最後の行にある「よく言われた」の「た」 もし、次にあげる2つの理由が過去の定説などであった場合を除いて、その理由を 現在⇔過去 で対比させたい場合を除いて、「よく言われる」と使います。 三つ目、第二文の1行目~2行目の「ということ」です、すごく不自然というわけではないですが、なくても良いという感じです。 四つ目、第二文の4行目~5行目 複数個あるので順番に上げていくと ①「単身者で一人暮らしの人数」⇒「単身者で一人暮らしという人の数」の方が自然です。「の」が「一人暮らし」だけにかかってる感じがします。 ②「食事習慣にまで響きます」は、「単身~つつあり」が挿入されることによって、何が食事習慣に響くのか曖昧なので、それを明確に書いて欲しいと思いました。加えて「響きます」⇒「響いてきます」のほうが、徐々に、という意味合いがプラスされて自然だと思いました。 五つ目、第二文の最後から4行目の「キッチンがある~料理そのこと」の部分です。「そのこと」⇒「自体」の方が自然。「名詞+そのもの」で、その名詞を強調する表現はよく見ますが、「名詞+そのこと」は見たことがありません(僕が無知なだけかも)。 六つ目、第二文の最終行目の「していることが」⇒「していることは」 七つ目、第三文の2行目「家族に力を出す」の意味がわかりませんでした。 八つ目、第三文の5行目「ないのです。わざと~」⇒「ないのです。わざわざ」 「わざと」は故意に行動する場合≒相手の不利益になるように、もしくは自分の利益になるように行動する場合、に使うものという印象があります。 九つ目、第三文の同じく5行目「そのうちの誰か~」⇒「そのうちのどちらか」 「だれか」は不特定多数の人間のなかの不特定な人間というイメージで、ここの「そのうち」には不特定多数の人間ではなく、夫婦という“二人”を表していることが文脈からわかるので、「どちらか」というのが自然です。 十個目、第三文6行目「恐れもあるかもしれません」⇒「恐れもあります」 「かもしれません」は、筆者が、誰かに「恐れがある」ということを想像して書いているならば、自然なのですが、この場合、文脈からただ単に事実を挙げているように思えるので「あります」の方が自然。後者の「恐れ」は、悪い可能性というイメージです。「恐れもあるかもしれません」というときの「恐れ」はもっと感情的な、「恐怖」に近い意味合いだと思います。 十一個目、「外食文化~現れています。」の部分です。様々な形で「何」が現れているのか、がよくわかりません。書いてあるまま、その「何」を推測すると「以上の理由」になるのですが、「以上の理由が様々な形で現れる」という、やはり意味が分からない文になっていると思いました。 最後、「身をもって試してみたらいかがでしょうか」⇒「実際に体験してみてはいかがでしょうか」と、僕だったらします。「身をもって」は、体験を通して、という意味だと思いますが、何か仰々しいニュアンスがあるように思います。例えば…僕は海の恐ろしさを身をもって体験した。 などと言います。だから「試す」とは、あまり一緒に使いません。加えて、「食事“文化”」は「試す」ものではないと思うのでその点も不自然だなと思いました。 「みたら」は「試して」にくっついてでてきた表現だと思いますが、この場合「いかがでしょうか」があるので、慣用的な「~してみてはいかがでしょうか」という表現に合わせて「みたら」⇒「みては」と変えます。 以上が主に気になった点です。 まだ始めたばかりで、わかりにくい点が多々あるかもしれませんが、ご了承ください。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 婚

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.