Questions about example sentences with, and the definition and usage of "序説"

  • Example sentences using "序説"

    1. Example sentences
    2. 序説 часто употребляется как заглавие академических книг, где написано что-то фундаментальное, и писатели/учёные не обязательно пишут дальше, чем "введение". 『方法序説』Рассуждение о методе (хотя это действительно вводная часть книги) (Декарт) 『ヘーゲル法哲学批判序説』К критике гегелевской философии права (Маркс) 『レオナルド・ダ・ヴィンチの方法序説』Введение в метод Леонардо да Винчи (Валери) В повседневной жизни чаще употребляется 序論 как Introduction. 私は今週末までに論文の序論を仕上げなければならない。

  • Other questions about "序説"

    1. Other types of questions
    2. 言い訳 「わたし」に問題が起きたとき 「問題の責任が『わたし』にある」と考えている「相手」に 問題の理由・原因を述べること、または述べた内容。 「雪で電車が止まった」それで「遅刻した」 「わたし」が話すとき------ 「雪で電車が止まった」が「遅刻」を正当化すると感じる場合。 どちらでもいいが「理由」を使うことが多い。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と言い訳を言った。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と理由を言った。 「相手」が話すとき------ 「雪で電車が止まった」が「遅刻」を正当化すると感じる場合。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と言った。 課長は「そういう理由があったのですか」とうなずいた。 「雪で電車が止まった」が「遅刻」を正当化しないと感じる場合。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と言った。 課長は「そんなのは言い訳だ」と怒った。 ---------------------------------------------- かんたんにまとめるとこのようになりますが、実際はもっと複雑です。 PDFの論考も、かなり雑だと思います。 現実的には、同じ場所で、「言い訳」を使ったら、「理由」を使ったら、どのようなニュアンスになるか、ということで考えたほうがいいと思います。 <0116>「言い訳も説明も、まったく通じそうにない。」 と述べている場合、「説明」と並べているということは、これを言った人は「説明」とは別のことと感じながら「言い訳」という言葉を使っていることになります。 つまりこの「言い訳」は、論理的な「理由」ではなさそうです。 「言い訳は、まったく通じそうにない。」 と言ったなら、その「言い訳」は「論理的な説明」も含むのかもしれません。 というわけで、 <0116> の文全体の意味は 相手が怒ってるから、(あまり)妥当ではないと(自分が)判断する言い訳も、(かなり)妥当だと(自分が)判断する理由(説明)も、どちらもったく通じそうにない です。 <0116> の「言い訳」だけを考えるなら、 (あまり)妥当ではないと(自分が)判断する(原因・理由) と感じているということになります。 この場合相手もまずまちがいなく「妥当ではないと判断する」という予測があります。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 序説

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.