Questions about example sentences with, and the definition and usage of "征伐"

  • Example sentences using "征伐"

    1. Example sentences
    2. 悪党を征伐する。 普段会話では使わないです

  • Other questions about "征伐"

    1. Other types of questions
    2. >>「ちょっとした」はほとんどの場合、 >>「かなりのor相当の」事を控えめに表現するときに使います。 よく分からないのですが、つまりほとんどの場合は「わずかな」ではなく、「かなりのor相当の」のことを表す表現でしょうか? 「ちょっとした」の表現について、もう一度考えてみました。普段何気なく使っていますが、曖昧な表現で難しいですね。文脈や言い方でどちらの意味か判断することがほとんどだと思いますが、日本語ネイティブにとっても、どちらの意味か分からないこともあると思います。 ですが、<0074>の例文のように「ちょっとした〜と言って良い」や、「ちょっとした〜と言える」という形であれば、まちがいなく「かなりの、相当の」という意味で使われます。 逆に「ちょっとした〜にすぎない」の形であれば「わずかな/ささいな」を表す表現です。しかし、「〜にすぎない」の部分は省略されていることが多いと思います。 例 1.ちょっとした食事しか準備できないけど、食べていってね。 =簡単な食事しか準備できないけど、食べていっねね。 2.軽食かと思ったら、ちょっとした食事だった。 =軽食かと思ったら、御馳走とまでは言わないがなかなかきちんとした(相当な)食事だった。 1.ちょっとした不調にすぎないけど、病院に行こうと思う。 =わずかな不調にすぎないけど、、病院に行こうと思う。 2.いままで風邪をひいたことくらいしかなかったが、昨年ちょっとした病気になった。 =いままで風邪をひいたことくらいしかなかったが、昨年大病とまでは言わないがなかなか大変な(かなりの/相当な)病気にかかった。 また、『控えめに』というのは、「ちょっとした〜だ」を「かなりの、相当の」として使うときは、「立派な(大変なorまさにetc.)〜とまでは言えないが、なかなか立派な〜だ」というニュアンスを含んでいるということです。 例 ・ちょっとしたアイデアだ。 =大層立派なアイデアとまでは言えないが、なかなか良い(相当な)アイデアだ。 ・ちょっとした騒音だ。 =とんでもなくひどい騒音とは言わないが、なかなかひどい(かなりの/相当な)騒音だ。 ‪「わずかな、ささいな」として使う例‬ ‪・ちょっとした工夫で、改善した。‬ ‪・ちょっとした喧嘩で、別れた。‬ ‪・ちょっとした行き違いだ。‬ ‪・ちょっとした音が気になる。‬

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 征伐

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.