Questions about example sentences with, and the definition and usage of "心憂い"

  • The meaning of "心憂い" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 文章としてとらえた場合「十二」に意味がありません。 「十二 / 今日超えて果ては夢か幻か」 「十二」は単独の言葉で、「今日超えて果ては夢か幻か」から文章が始まります。 「刀語」を見たことはありますか? この曲は刀語の「オープニング曲」です。 刀語は全部で十二話あり、エンディング曲は十二話全てで違う曲が用意されていて、十二話分の十二曲あります。 作詞者はその十二曲と戦うイメージでこの曲を作ったそうです。 それで象徴的な数字として「十二」を使っているのです。 十(とお)が揺れ垂(しだ)る川面に映る連理の影 の「十(とお)」は「たくさん」と言う意味だと思います。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 心憂い

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.