Questions about example sentences with, and the definition and usage of "懇ろ"

  • Example sentences using "懇ろ"

    1. Example sentences
    2. 「ねんごろ」は、次のような意味で使われます。 ・「ていねい」、「丁重」、「心のこもった」 ・「男女が仲良くなること、男女が情を通じること」 例文で、考えてみます。 ◇ 武蔵は一夜の宿を借りた、家の主からは、ねんごろなもてなしを受けた。  「一夜の宿を借りる」=「宿泊させてもらう」。  一夜の宿を借りた者(この場合は、武蔵 musashiという武士)が、  家の主(あるじ)から、  心のこもったもてなし(丁重なもてなし)  を受けた、という状況です。 ◇ 斬り捨てた剛敵を、武蔵はねんごろに弔った。武蔵の目には、涙が浮かんでいるようにさえ見えた。  武蔵という武士が、  たった今斬り捨てた強敵を、  丁重に弔った、  武蔵は斬りたくて斬った訳ではない。  だが、決闘である以上、  やむをえなかった、  という状況です。 ◇ 墓を守って、ねんごろに供養してくれと言い残すと、武蔵は去って行った。  武蔵が斬った侍(さむらい)には、親密にしている女がいた。  武蔵は、その女に、  心をこめて、丁重に、供養してくれるよう  言い残すと、去って行った、  という状況です。 ◇ 安月給時代、寡婦(やもめ)の大家とねんごろになり、ずいぶん家賃をまけてもらった。  サラリーマン時代に、  安月給の彼が、  寡婦(やもめ)の大家と情を通じ、  その結果、家賃を安くしてもらった、  という状況です。  「寡婦」は通常は「かふ」と読むかも知れません。 ◇ 在学中、同級生の彼女とねんごろになった。卒業後は別々の道を歩んだが、10年後にひょんなことから再会して、結婚することになった。  大学時代に、  仲良くなった同級生の彼女がいた。  卒業後は、いったん別れたが、  再会して、結婚した、  という状況です。 <以下は、先のサイト以外の参考サイトです。> https://www.fleapedia.com/%E4%BA%94%E5%8D%81%E9%9F%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/%E3%81%AD/%E6%87%87%E3%82%8D-%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%94%E3%82%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B/ http://nishi248.blog60.fc2.com/blog-entry-964.html http://www.irohabook.com/dictionary-nengoro ----- 「懇ろ(ねんごろ)」の中の漢字「懇」が使われている熟語に、 「昵懇(じっこん jikkon)」があります。 親しい関係を表します。 ・昵懇の間柄 のように使ったりします。 さらに、同じような意味の言葉として、 「懇意(こんい kon/i)」もあります。 ・日頃懇意にして頂いているAさん のように使ったりします。

  • Other questions about "懇ろ"

    1. Other types of questions
    2. 以下は、必ずしも文法的に間違いでないところも、自然に響くように書き換えたものです。 世の中には愛と恐怖という二つの感情しかない、とピーター・ヴァン・ホーテンは言った。その言葉を考えに考えた末に、私はそれをこの世にただ二つの原感情という風に解釈した。その原感情は、色の三原色に似ている。他の感情は全て愛と恐怖が重なり合って派生したものだ。 16歳のヘイゼル•グレースと18歳のオーガスタスは、癌患者の支援グループで知り合い、恋人同士になった。この癌の病魔に呪われた愛情は、最初から悲劇的な彩りを帯びていた。この「きっと、星のせいじゃない。(原題:the fault in our stars)」という題名の小説がとても好きだ。二人のラブストーリーのみならず、生死や宇宙に対する深い探求も込められている。 ヘイゼル•グレースは多くの人に覚えていられることを恐れている。いつか自分の死が爆弾のように、まわりの人にダメージを与える恐れがあるからだ。人を傷つけまいとして、人を愛する勇気がなくなった。それとは反対に、オーガスタスは、忘れられることを恐れている。彼は人生の中で、いくつかの貢献をして、何か偉大なことのために死にたい。それでこそ他人に確実に覚えられていてもらえると信じている。ヒーローになりたいし、世界に忘れ去られたくない。 しかし、愛というものは、愛情の対象が消えて無くなることで忘れ去られるものではない。人生が続けば、苦痛に耐えていかなければならない。 オーガスタス、この情の深い少年は、ヘイゼル•グレースの願いのために、こっそりと異国のヴァン・ホーテンに連絡し、彼女の願いをかなえるのを手伝って欲しいと懇願した。自分の死に際に対する願望を、ヘイゼル•グレースのために譲ったのだ。そして、病気の痛みを我慢して彼女と共にオランダへ旅立った。ヘイゼル•グレースが大きな失望を受けたあとも、彼は依然として、誠心誠意彼女の願いをかなえようと努力している。 長い間病魔と闘っていたオーガスタスも、とうとう骨肉腫の転移で亡くなった。運命は残酷で、彼らにはそれ以上の時間は与えられない。しかし本来、人生の本質は、有限の時間の集合によって構成されるものではないか。たとえ夫婦が白髪が生えるまで仲良く暮らしていたとしても、やはり彼らの時間には限りがある。ただ無限の愛は時空を超え、天地の間に永遠を指し示すことができる。 骨肉腫に直面するオーガスタスは、脚の切断手術を受けてもなお20%残る再発率をものともせずに、最後まで明るく振舞った。「僕は戦うんだ。僕は君のために最後まで戦う。方法を見つけるよ、君の身の回りにずっといられる方法を。君がわずらわしくなるまでずっといるよ」とヘイゼル•グレースに言った。 世界は遊園地ではなく、私たちのために建てられたものではないけれども、私たちはそれでもその世界の中で生活している。世界は願いをかなえる工場ではないが、私たちは依然として愛で、心で、望みを達する可能性を探し求めている。苦痛は愛によって生じ、愛は苦痛によって大きくなる。だが、愛の副作用として、苦痛は永遠に愛と同様の地位を持つことができない。ヴァン・ホーテンの言った通り、世の中には愛と恐怖という二つの感情しかなく、苦痛はないのだ。

    1. Other types of questions
    2. 1. かなぐり捨て 名誉をかなぐり捨てて跪いて謝罪する。 → 「名誉」よりも「自尊心」や「プライド」のほうが自然です。 2. 懇願 どんなに懇願しても、こんなものを受け入れません。設計図を練り直してください。 → これはちょっと意味が通じません。「どんなに懇願されても」です。懇願してくるのは相手側、受け入れないのが自分ですよね。この文章だと、懇願するのも受け入れないのも自分になってしまいます。「どんなに懇願されても、こんなものは受け入れられません」のほうが自然です。 3. 懇ろ あの二人は幼馴染であるから、よく一緒に遊んでて、懇ろな間柄というわけです。 → 自然…だと思いますが、「懇ろ」は男女の仲を指すことが多いので、この幼馴染の2人がそういう関係なのだとしたらこれでいいです…。もしそうではないなら、別の表現に変えたほうがいいと思います。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 懇ろ

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.