Questions about example sentences with, and the definition and usage of "文士"

  • Other questions about "文士"

    1. Other types of questions
    2. @Tsukuba: ​​志賀直哉は色々な所に住み、その経験が直哉の作品に影響を及ぼしたと言われる。尾道での自炊生活に次いで、松江、大山、京都、赤城、我孫子、奈良など景色のいい静かな田舎生活を続けて50年代まで東京に戻らなかった。当時新進作家として認めらていた、そうした文士はいなかった。 しかし、その各地での生活経験のおかげで『暗夜行路』、『たきび』、『濠端の住まい』、『日曜日』等有名な作品が生まれたと言っても過言ではない。 大正六年ぐらいのことであるが、志賀直哉は東洋美術仏教美術に興味を持つようになり、直哉の気持ちが動より静へ、対立より調和へと変わっていった。それが父親との関係にも影響を及ぼし、二人の間の和解が成立し、中編『和解』が生まれた。そして、直哉の作品には東洋風の静かな風格が見られ始めたということである。尾崎秀実という人が、「志賀さんの小説は和菓子の味がする」と言い、それは志賀直哉の小説は非常に日本化されているということを意味した。 その時期の代表的な作品としては、『范の犯罪』、『転生』、『山鳩』、『朝顔』等が挙げられるであろう。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 文士

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.