Questions about example sentences with, and the definition and usage of "斉"

  • The meaning of "斉" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 聞いたことがないので調べてみましたが、東方正教会で、キリストの苦難を思い起こすために行われる断食や禁食みたいですよ。灰の水曜日と聖金曜日に行われるそうです。ただ、でなくて斎の字が使われていました。

  • Other questions about "斉"

    1. Other types of questions
    2. この文章だけではわからないです。前後が必要です。

    1. Other types of questions
    2. とても自然な文章です。 何点か不自然なところがあるので、修正します。 仙人のもとでいて修行し、→仙人のもとで修行し、 「自由にできる」→間違いではありませんが「自在にできる」の方がいいのではないでしょうか。 治らなく→治らず 五行山下敷き→五行山の下敷き 以上です。

    1. Other types of questions
    2. 『私の忘れられない思い出』 私の忘れられない思い出は小学校の時、先生が私を学校に送ってくれたことだ。 小学校一年の時、私は学校がとても嫌いだった。当時はまじめに勉強するどころか、よく授業をサボった。頭が痛いとか、寝坊してしまったとか、いろいろな理由で授業をサボった。なぜそんなに学校が嫌いだったなのかというと、父も母もとても忙しかったので、毎日学校で昼ご飯を食べて、昼休みも取らなければならなかったからだ。一緒にご飯を食べたり、昼休み過ごしてくれるクラスメートもなく、いじめられたこともあった。だから学校に通うのが嫌になって、ときどき頭が痛いとか、寝坊してしまったとか、いろいろな理由で授業をサボった。父も母も困っていたが、しかたがなかった。 ある日、私は調子が悪いと言い訳して、また授業をサボった。しかし、私を心配してくれたのか、言い訳を信じなかったのか、クラスの担任の先生はうちに来てくれた。幼くて芝居も上手くなかったので、仮病だということがバレたのは当たり前のことだった。先生がどう思ったかは分からないが、私の元気な様子を見て、しばらくの間、私と一緒に学校に行くと言ってくれた。母と父はためらわず賛成した。それから何日か、先生が毎朝自転車で私を学校に送ってくれた。当時の気持ちが気まずかったのか怖かったのかは、もう忘れたが、ただ道の両側の並木と建物が、今にも目に浮かぶようだ。先生はいつも勉強の重要性や親を理解することなどを教えてくれた。自転車の荷台に座っていた私は、学校に送ってくれたこと、人生の道理を辛抱強く教えてくれたことに大変感動した。学校の思い出の中で、冷たいベッドや私をいじめた同級生の記憶は薄れ、まず温かい思い出が浮かんで来る。その後、私は毎日始業時間までに登校できるようになり、まじめに勉強して、成績も良くなった。 小学校の時の私は悪い生徒に見えたかもしれないが、先生は私を見放さず、叱ることもなかった。ただ私を学校に送って、自分の愛を私に感じさせた。十数年後もう一度振り返ると、愛こそ人を変えることのできる力だということが分かった。先生が私を学校に送ってくれたことは、私の人生の中で大きな影響を受けた、忘れられない思い出だ。 あなたの文も大変よく書けてます。ネーティブが読んで不自然な個所を直しました。参考にしてください。

    1. Other types of questions
    2. 日本語での書き下し文では以下のようになっています。 の使者、梁に如(ゆ)く。孫臏、刑徒を以て陰かに見(まみ)え、使に説く。使、以て奇と為し、窃(ひそ)かに載せて与(とも)にに之く。将田忌、善(よみ)して之を客待す。  忌、数(しば)しばの諸公子と与に馳逐重射(ちちくちょうしゃ)す。孫子、其の馬足を見るに、甚しくは相ひ遠からず。馬は上、中、下輩有り。是に於て、孫子、田忌に謂ひて曰く「君、弟(ひとへ)に重射せよ。臣、能く君をして勝たしめん」と。田忌、信じて之(を然りとし、王及び諸公子と千金を逐射す。質に臨むに及び、孫子曰く「今、君の下駟を以て彼の上駟に与(あ)て、君の上駟を取りて彼の中駟に与て、君の中駟を取りて彼の下駟に与てよ」と。既に三輩を馳せ畢(おは)りて、田忌、一は勝たずして再勝し、卒に王の千金を得。 是に於て、忌、孫子を威王に進む。威王、兵法を問ひ、遂に以て師と為す。 追記: 自ら以て能の孫臏に及ばずと為し;自ら以為(おもへ)らく、能く孫臏に及ばずと 徒書き下すこともあります。 弟(ひとえ)に;弟(た)だ という読みもあります。 以下は、その現代語訳です。 の国の使者が、(魏の都である)梁に行った。孫臏は、臏刑を受けた罪人だったが、密かに使者と面会して、自説を述べた。の使者は彼を「奇才」と評価して、こっそり自分の馬車に同乗させてへ連れて行った。・の将軍田忌も彼の才能を評価し、客分として優遇した。  田忌は、たびたび、の王族の子弟たちと大金をかけて騎射の競馬をしていた。孫子が馬の速さをみると、互いにそれほどの甚だしい差はなく、上中下の三等級に分かれるとわかった。そこで孫子は田忌に謂った「今日はひたすら大きくお金を掛けなさい。私があなたを勝たせて差し上げましょう」。田忌は彼の言うことを信じ、王とその王族たちとの勝負に千金もの大金をかけた。(勝負は、三回対戦して勝つ回数を競う)。掛けの直前、孫子は言った。「三回のうち、最初は殿の最も遅い馬を、相手の最も速い馬にあてて下さい。二回目は、殿の最も速い馬を、相手の二番目の馬にあててください。三回目は、殿の中ほどの馬を、相手の最も遅い馬にあててください」。三回の競技が終わり、その結果は、田忌は一回負けて、二回勝つことができたので、とうとう王の千金を手に入れた。  この機会に、田忌は孫子を威王に推薦した。威王は彼に兵法について質問し、の軍師に任命した。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 斉

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.