Questions about example sentences with, and the definition and usage of "景色"

  • The meaning of "景色" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 「ただすれ」is not a word. In the sentence it's「すれ違う」 which means "pass by somebody (not noticing them)".

    1. Meanings of words and phrases
    2. 『ライブ』というのは、あるアーティストのファンが大きなホールなどに集まることを指します。 よって、そこに集まった人たちは皆、そのアーティストの事が大好きです。 そのため、アーティストがファンたちに向けて何かしらのアクションを起こした時にはファンたちはそのアクションに一斉に答えます。 要するに、皆がある1つのことに注目していることを『ひとつになってる感じ』と表現しており、本来『ライブ』とはそういうものである。ということを指しています。 多くの人がその『感動を共にする』ことが『ライブ』の『醍醐味』であるということになります。

    1. Meanings of words and phrases
    2. It means, "No, it isn't. The scene is inside the university campus."

  • Similar words to "景色" and their differences

    1. Similar words
    2. 光景:scene 场面,状况,情景 事故の光景を思い出した 微笑ましい親子の光景でした 不思議な光景 荘厳な山の光景 風景:风光,景色,情景,状况 春の山の風景 里山の風景が残っている 作業風景を眺める これが一家団欒の風景です 車窓風景 景色:景色,风光,风景 日本アルプスの雄大な景色 一面の雪景色 車窓からの景色

    1. Similar words
    2. (1) 同じ意味の場合がある。 (2) 違う意味の場合がある。 「違う意味の場合」の 『違いの観点』も、いくつか考えられる。 その1つの観点を、ちょっと哲学的に述べますと、 [景色]は、みている対象のこと [眺め]は、対象をみている現象(視覚現象)のこと と言えないでしょうか。

    1. Similar words
    2. 景色は、自然のながめ(うみ、かわ、やま) 見通しは、例えば この部屋は見通しがいい! などに使う

  • Translations of "景色"

    1. Translations
    2. とてもシンプルで、難しい質問ですね! 正直、"送る"と"過ごす"に明確な違いはないんじゃないかと思います。 でも、感覚的な使い分けはあります。 例えば"無駄な時間を過ごす"とは言いますが、"無駄な時間を送る"とは言いません。 "生涯を送ってきました"は、"これからも人生は続く"というニュアンスですが、"生涯を送りました"は、まるで既に人生を終えた(つまり亡くなった)ようなニュアンスがあります。 太宰治の人間失格は、こういう細かい言葉の選び方が、とても日本文学らしいので、評価されています。

    1. Translations
    2. または 「すごいきれいだな、ここから見える景色。」

    1. Translations
    2. 私は望遠鏡を逆さまにして見る、なぜなら遠くの景色は小さくなり、過去もとても遥か遠いものになる。

  • Other questions about "景色"

    1. Other types of questions
    2. @revako1231

    1. Other types of questions
    2. Check the question to view the answer

    1. Other types of questions
    2. 「碧さ」を使った理由は、景色だからです。 海であれは、青さをつかうでしょう; 景色は、青い空もありますが、山は緑なので、同じ青でも緑に近い青を 表現したのだと思います。 「碧」について; 《意味》あおくすんで見える石。「碧玉」 あおい。みどり。あお。色があおい。あおみどり。無色の奥から浮き出すあおみどり色。

    1. Other types of questions
    2. お正月の休みを利用して、4日間の时間旅行で日本を一周しました。本州の京都関空-北海道札幌-九州の福冈-四国の松山-本州の京都には珍しい体験。出発の前日に思いがけず、ノートに鉛筆で絵を描くと、メモを取ると、約一時間で私の日本中の旅が決まった。日本は交通が発达しているし、国際化もできて、安くて质の高いホテルは予约しやすいとしか言えない。旅行中は、アップルストアで日本国内でも安い航空券をとらせていただきました。札幌市の旅馆では、风化区に予约してしまいました。広告が目を引く。北海道と四国松山市の公园では、知らないおじさんとイチョウの核の面白さを話しました。日本语が下手な私に、話し合う機会があった。北海道大学の美しいキャンパスの雪の景色を見えた。福岡にある博多は、なぜかみんなと並んでいて、美味しいラーメンを食べることができました。門司港で速船に乗って下関市に着くと、しばらく船に酔っていた。深夜旅客船で九州から四国の松山港へ乗り込み、路面電車に乗り換え松山城へ。美しい松山の頂上で、松山市の景色を見下ろした。すべてはいい思い出でづ

    1. Other types of questions
    2. 冬休みといえば、やはりお正月で、長い休みが取れるから、皆はたのしみにしています。しかし、私にとっては、それよりも、冬休みが始める前にバイト先で開かれる慰労会を楽しみにしています。 その日がどんどん近いくにつれて、私はすごくテンション上がりました。そして、やっとその日が来ました!私は授業があったので、図書館に到着したときには、すでにパーティーは盛り上がってました。 八枚の焼きたてのピザがテーブルの上に置いてあって、とても数えきれないような感じでした。その上に、水餃子やソースがついた手羽先唐揚げ、巨大なイチゴケーキはまるで山のようで、一カ月あっても食べきれなさそうな量でした。 それを見た瞬間に、昼食を取らなかったことが人生で一番よい選択だったと思いました。こんな食べ物が溢れている景色は慰労会でしか見らたことがありませんでした。食べれば食べるほど、食い意地がはって、最後は食べまくる人になっていました。 しかし、慰労会のクライマックスはこれだけに限りません。 そして、プレゼント交換が本当の戦いです。熱烈で面白い雰囲気を作るためには、ゲームをしなければなりません。音楽を聴くと同時に、皆がプレゼントを回して、音楽が急に切れたときに、自分の手元にあったプレゼントが自分のものになります。 please refer to this translation. this is more natural and i think you should use it as a presentation.

    1. Other types of questions
    2. 日本語学科の学生として、中日両国友好の架け橋となるために努力しています。五十音から文章の読み書きまで、さらに日本の歴史や文化も勉強し続けています。 《文化交流についてのアプリで一つ目のシェアから、留学生と交流することまで、両国の青年は将来もっと大きい舞台に立って文化交流ができるかもしれません。》→ ここの部分の内容が私には分かりません。ごめんなさい🙇 もっと多くの日本人と交流したいと思います。皆さんと一緒に中日の関係を深めるために努力したいと思います。この道は長くて難しいかもしれませんが、諦めさえしなければ、必ず成功できると思います。途中であきらめず最後までやり遂げたら、山に登り続けて最後はきれいな景色が見えるように、中日の関係の明日はいっそうすばらしくなれると信じています。 

    1. Other types of questions
    2. 僕は日本語を専門的に学んでいるわけではないので、感覚として若干気になった点をいくつか挙げさせていただきます。 まず、第一文の2行目~3行目「涎を垂らし」の部分です、一般的にはあまり使わない表現だと思います、ただし使わないわけではありません。 馴染みがあるのは「いい匂いにつられて」 二つ目は、第一文の最後の行にある「よく言われた」の「た」 もし、次にあげる2つの理由が過去の定説などであった場合を除いて、その理由を 現在⇔過去 で対比させたい場合を除いて、「よく言われる」と使います。 三つ目、第二文の1行目~2行目の「ということ」です、すごく不自然というわけではないですが、なくても良いという感じです。 四つ目、第二文の4行目~5行目 複数個あるので順番に上げていくと ①「単身者で一人暮らしの人数」⇒「単身者で一人暮らしという人の数」の方が自然です。「の」が「一人暮らし」だけにかかってる感じがします。 ②「食事習慣にまで響きます」は、「単身~つつあり」が挿入されることによって、何が食事習慣に響くのか曖昧なので、それを明確に書いて欲しいと思いました。加えて「響きます」⇒「響いてきます」のほうが、徐々に、という意味合いがプラスされて自然だと思いました。 五つ目、第二文の最後から4行目の「キッチンがある~料理そのこと」の部分です。「そのこと」⇒「自体」の方が自然。「名詞+そのもの」で、その名詞を強調する表現はよく見ますが、「名詞+そのこと」は見たことがありません(僕が無知なだけかも)。 六つ目、第二文の最終行目の「していることが」⇒「していることは」 七つ目、第三文の2行目「家族に力を出す」の意味がわかりませんでした。 八つ目、第三文の5行目「ないのです。わざと~」⇒「ないのです。わざわざ」 「わざと」は故意に行動する場合≒相手の不利益になるように、もしくは自分の利益になるように行動する場合、に使うものという印象があります。 九つ目、第三文の同じく5行目「そのうちの誰か~」⇒「そのうちのどちらか」 「だれか」は不特定多数の人間のなかの不特定な人間というイメージで、ここの「そのうち」には不特定多数の人間ではなく、夫婦という“二人”を表していることが文脈からわかるので、「どちらか」というのが自然です。 十個目、第三文6行目「恐れもあるかもしれません」⇒「恐れもあります」 「かもしれません」は、筆者が、誰かに「恐れがある」ということを想像して書いているならば、自然なのですが、この場合、文脈からただ単に事実を挙げているように思えるので「あります」の方が自然。後者の「恐れ」は、悪い可能性というイメージです。「恐れもあるかもしれません」というときの「恐れ」はもっと感情的な、「恐怖」に近い意味合いだと思います。 十一個目、「外食文化~現れています。」の部分です。様々な形で「何」が現れているのか、がよくわかりません。書いてあるまま、その「何」を推測すると「以上の理由」になるのですが、「以上の理由が様々な形で現れる」という、やはり意味が分からない文になっていると思いました。 最後、「身をもって試してみたらいかがでしょうか」⇒「実際に体験してみてはいかがでしょうか」と、僕だったらします。「身をもって」は、体験を通して、という意味だと思いますが、何か仰々しいニュアンスがあるように思います。例えば…僕は海の恐ろしさを身をもって体験した。 などと言います。だから「試す」とは、あまり一緒に使いません。加えて、「食事“文化”」は「試す」ものではないと思うのでその点も不自然だなと思いました。 「みたら」は「試して」にくっついてでてきた表現だと思いますが、この場合「いかがでしょうか」があるので、慣用的な「~してみてはいかがでしょうか」という表現に合わせて「みたら」⇒「みては」と変えます。 以上が主に気になった点です。 まだ始めたばかりで、わかりにくい点が多々あるかもしれませんが、ご了承ください。

    1. Other types of questions
    2. 「すべてのものには束縛による無力感に包まれ」→「束縛によって全てのものは無力感につつまれ」 「今のところは屈服あるのみだ」→「今のところは屈服するしかない」または「今のところは受け入れるしかない」 「~あるのみ」というのはポジティブな意味で使われることが多いです。例:「前身あるのみ」 「最初の仕事はアメリカ人の社長の下で通訳者になっていた。」→「最初の仕事はアメリカ人の社長の下での通訳だった」 「仕事」が主語になっているから、「通訳者」ではなく「通訳」という仕事が目的語になるほうが自然です。 「遠くを遠望した時」→「遠くを見た時」または「遠望した時」 「遠く」と「遠望」では意味が重複しています。 「息が詰まるほど美しさ。」→「息が詰まるほどの美しさ」または「息が詰まるほど美しかった」 「私の人生に最大の夢は、歩いたいだけ歩ける、このよう美しい景色を楽しんでいるだ」→「私の人生の最大の夢は、歩きたいだけ歩けて、このような美しい景色を楽しむことだ」 「私はくるりと頷いた」→「私はこくりと頷いた」 「くるり」は何かが回る様子を表す言葉です。例:「彼はくるりと振り返った」 人が頷く様子を表すには「こくり」という言葉を使います。 「元々経験不足していたのに、社長もとても厳しい、毎回会議の前に、パワーポイントが少なくとも三回校正しなければならない。」→ 「元々経験が不足していたのに、社長もとても厳しいし、毎回会議の前に、パワーポイントを少なくとも三回校正しなければならない。」 「無数の力尽きた時に、耳元で囁いていた。」→「何度も力尽きた時に、こう耳元で囁いていた。」 「もう忘れた、その時どうなに逃げろと思っていたその気持ち。」→「もう忘れてしまった、その時どんなに逃げろと思っていたかその気持ちを。」 「本当に憎しんでいた」→「本当に憎んでいた」 「そのような人になれるのは遠くに逃げるしかないと思っていた。歩いたいだけ歩けるだけは自由というものだ。」→ 「そのような人になるためには遠くに逃げるしかないと思っていた。歩きたいだけ歩けることだけが自由というものだ。」 「しかし、私達がは憧れているのは、本当に遠くというところなのか。」→ 「しかし、私達が憧れているものは、本当に遠くにあるのか。」 「あなたにあげられるのは逃げるのではなく、続けるのだ。」→ 「あなたにできるのは逃げるのではなく、続けることだ。」 「あなたが欲しいもの、会いたい人、そして行きたいところ、これ全部であなたがなりたい自分だ。」→ 「あなたが欲しいもの、会いたい人、そして行きたいところ、これ全部あなたがなりたい自分だ。」 とてもいい文章だと思います!

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 景色

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.