Questions about example sentences with, and the definition and usage of "果樹"

  • The meaning of "果樹" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 続きの文章読みました! 縁起が悪いと言われているのに、果樹を庭に植えた。なぜなら、私(作者)の庭は植えても困らないから。私(作者)は庭で梨の花を見たい。 ということを言いたいのですね。 もう少し詳しく言うと、「尤も」という言葉の選び方や、果実が目的ではなく梨の花が見たい、という表現から、 縁起が悪いと言われているのに、梨の木を買ったことを後ろめたく思っているのかな?と感じます。私は、作者の言い訳のように受け取りました。 ご参考までに。

  • Similar words to "果樹" and their differences

    1. Similar words
    2. 畑 is a field to grow vegetables. 果樹園 is an orchard to grow fruit.

  • Other questions about "果樹"

    1. Other types of questions
    2. 一年には季節が四つある。それは春、夏、秋、冬である。暖かい春、暑い夏、涼しい秋、寒い冬、”それぞれのeach”季節はそれなりの(☚negativeな感じなので無いか「いくつかの」等のほうがいい)特徴を持っていて、この世界を彩っている。その中でも、私は秋が一番好きだ。 幼い頃から、私は暑さも寒さも嫌いだった。だから、涼しさをもたら”す”ものが好きだ。でも秋を好きな理由はそれだけではない。秋になると、働き者が(=workerという意味でしょうか?ちょっと見慣れない表現なので「農家の人は」等のほうがいいかも「田畑では収穫が行われ」とか)収穫を始めて、楓の葉”は”赤く染まる。こんなに美しい雰囲気に包まれて、さっぱりとした空気を吸ったり吐いたりして、私は体も心も快くなってくる。 以前はよく友達と山に登って、蜜柑やマンゴーなどの実った果物を採りに行っていた。山道を歩く度に紅葉に飾られた景色を楽しむことができる。今となって”は”、(☚”今はもう”のほうがいいかも)果樹と楓はもうなくなってしまった。だが、私の秋に対するこの気持ちは今でも変わらない。これからもずっと好きになっていくだろう。 (☚「好きなままだろう」のほうが自然かも。「これからもっと好きになっていくことだろう」も可)

    1. Other types of questions
    2. 昨日の帰り道に撮った写真です。これは何という虫でしょうか? もしかしてこの前に新聞記事によく出ていた「荔枝椿象」という虫でしょうか? ネットによると、荔枝椿象は台湾の「金門」で姿が初めて確認され、果樹の新芽や幼い果実などの汁を吸って落果させたり、最悪の場合木を枯らしてしまいます。 荔枝椿象が驚いた時に噴き出す体液は葉っぱを蝕むだけでなく、人間の目や皮膚にも激痛などを与えるそうです。それに、繁殖力が強いそうなので、被害範囲はすぐに台湾各地へ広がっていくと予想されます。 怖い害虫です!荔枝椿象は卵を毎回14個産むそうですが、この写真の中では卵数が足りないので、確かに荔枝椿象かどうかは断定できません。 まぁ、とにかく、見つけたらすぐ遠く離れた方が万全だと思います。

    1. Other types of questions
    2. 一般的には果樹園ですが、フルーツ狩りの店名として〇〇果実園という名前のところもあります。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 果樹

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.