Questions about example sentences with, and the definition and usage of "沈黙"

  • The meaning of "沈黙" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. In silence, he became a passive observer(or bystander?). ⇒He just watched something or someone without saying anything

    1. Meanings of words and phrases
    2. Did you mean: 沈黙の声を注意深く聞く準備をして。母なる大地からの呼びかけはそこから来るでしょうから。

  • Example sentences using "沈黙"

    1. Example sentences
    2. ok,anyway 私は春を書いた俳句が好きです。そのうち私のお気に入りの俳句は 【古池や 蛙飛びこむ水の音】 です。 なぜなら、この俳句は 禅の意味を含んでおり、文言が簡潔[だ]からです。 この[句]は松尾芭蕉[によるもの]です。中国では、松尾芭蕉は日本の俳句の賢人として知られています。 この俳句[]は、古い池があり、蛙が水に飛び込むと古い池[に]静か[な][音が立ち]、そして、古い池[は]静かな[余韻]を残して再び静かにな[る様子を詠んでいます]。 「古池」は、[時間]と[空間]で構成された世界です。「古」は時間であり、「池」は空間です。 実際の池と悠久の時間が歴史的な空間を形成し[てい]ました。 そして、カエルが水に飛び込んで[]音を起こし[、]沈黙の世界が突然振動して鮮やかにな[り]生命が[吹き込まれ]ました。 この鮮やかな世界は再び静かになり、[音が起きる前よりさらに]静か[さを増しま]す。 静けさは世界の[端々]まで、宇宙の深みまで広がっています。 私は、蛙[が]水に入ったこの瞬間[こそ]が人の悟りを象徴する瞬間だったと思います。 人がどのように跳んでも、時間はまだ古くて(?)静かです。 しかし、人間は[それでも]古池に飛び込む必要があります。結局のところ、世界は静かに戻[るとしても]。

    1. Example sentences
    2. 彼も私も無言だったので、沈黙の時間が続いてしまった。

  • Similar words to "沈黙" and their differences

    1. Similar words
    2. 無言と沈黙は大体同じで喋っていない状態のこと 無口は、個性の名称で、あまり喋らない人を指す

    1. Similar words
    2. 無言は、文字通り言葉を話さないことです。 沈黙は、文字通り言葉を話さないことも指しますが、何か特定の話題についてコメントしないことを指しても使います。 彼は質問に対して無言だった←彼が一言も話さなかった 気まずい沈黙があった←全員が一言も話さなかった 彼は結婚の話については沈黙を守った←彼は他の質問には答えたが、結婚の話については何も話さなかった

    1. Similar words
    2. ほんとんど同じです。 ですが、「粛然」は現在ではほとんど使われていません。 用例を探すと 19世紀から20世紀前半のものが多いです。

  • Translations of "沈黙"

    1. Translations
    2. 沈黙して見つめる/見る

  • Other questions about "沈黙"

    1. Other types of questions
    2. Oh, sorry , i have taken you were asking if your Japanese sounds natural or not . Let me show you another example , then . 彼女が微笑むと、皆が幸せになった。 →Everyone became happy when she smiled . I don't know if this phrase sounds natural or not , but this is another correct translation using 「と」as "when ." The answer is YES , It's correct . (^^;) SORRY for misunderstanding .

    1. Other types of questions
    2. 日常生活ではあまり使いませんが、小説や漫画ではよく見ます I often see this saying on manga and novels but we don’t use this on a daily basis

    1. Other types of questions
    2. 数多くの諺や芭蕉の句「〜」が、その思想(または傾向)を反映している。 ※句が少し間違ってると思いますので、確認してください。多分「唇寒し」だと思います 2008年にかけ 人を仕事相手としたいと答える人が〜占めた。 主体地位に決める、が、いみがとれませんでした、ら 和意識が最も重視されることによる当然の結果である。 あたりを書きたかったのでしょうか?

    1. Other types of questions
    2. 幼かったあの頃が懐かしい。 馬に乗って平原を駆け回って遊んだ。とても楽しかった。 毎日、土埃にまみれて家に帰ったものだ。 夜はしじまの中で、蛍や星を眺め、馬とともに眠った。 それはとても素晴らしい体験だった。 今、思い出しても心が躍る。 日本語の散文では一人称をほとんどの場合省略します。 大分直してしまいましたが、どうでしょうか?

    1. Other types of questions
    2. 「笑われる」という枷を捨てろ 「こんにちは。何年生ですか」と聞くと、 「三年生です」と答えてくれたが、そこで会話が途切れてしまった。 今年の大学の交流会でのことであった。友好学校の中国語研修班を迎えて、交流会が行われた。参加する前からわくわくしていた私は、会場に行ったら、日本から来た学生に、結局何も言えなかった。不安になった私は、中国人に見知った人のように話しかけた。私だけではなく、気まずさを隠すためか、中国人の学生も、日本人の学生も、皆同じ国の学生と話してばかりいた。日中学生間のコミュニケーションを目的とした交流会が別々の交流会になってしまったのだ。 違和感があった。中国人には自然に話しかけることができるのに、日本人だとできないとは。その時、自分の中で、見えない壁があったということに気がついた。 「このままではダメだ。交流会だから、会話しなきゃ」と決心した。隣の男の子がずっと黙ったまま座っていたので、勇気を出して話しかけた。 しかし、会話が続けられなかった。「日本での大学生活」や「南京に来てからの感想」など、もっと日本のことを知りたいのに、「もし変な言葉を使ってしまったら恥ずかし過ぎる」と焦って、うまく言葉にできなくて何も言えずに、時間だけが流れてしまいました。 沈黙で気まずい。なんとか話そうと思いながら、また会話にチャレンジしてみた。会話を盛り上げようと思って、南京のグルメを紹介した。うまく伝わるか心配だったが、写真を見せたり、ジェスチャーを使ったりして、なんとなく分かってくれた。会話が進むうちに、相手もだんだん興味が出たようで、「美味しそう!どこのレストランですか」と期待する顔をしていた。こうして、楽しくコミュニケーションがとれて、最初の気まずさも段々なくなって、距離が縮まっていた。2時間という短い時間だったが、いい思い出になった。 交流会が終わると、相手からメッセージが来た。 「美味しかった!教えてくれてありがとう」 この交流会を通して、日本人の学生との友情が生まれた。今まで初めてのことであった。これをきっかけに、今まで心の中に存在していた壁も破られていたようだ。よく考えてみれば、自分も外国人に話しかけられたことがある。その時の自分は、相手の拙い中国語に、全然嫌な感じなんかしなかった。私から見ると、一生懸命話してくれたので、こっちは一生懸命聞かないと、という感じしかなかった。日本人の学生は多分同じ考えで話を聞いてくれたと、勝手に思った。 元はと言えば、コミュニケーションでは、文法よりも、あきらめずに伝えようとする意欲が大切ではないだろうか。以前、友人を交流会に誘った時に、「日本語を間違えると恥ずかしいから」「もっと上手になれば参加する」などと言って、なかなか参加しなかった。確かに、うまく言葉が出てこなかったら、恥ずかしさを感じるかもしれない。しかし、専らに完璧な日本語を求めようとすると、逆に自分の枷となってしまう。 「言葉は通じなくても心は通じる」とよく言われる。つまり、アイコンタクトを取ったり、ジェスチャーを使ったりして、心が通じ合えたら、言語という壁を越えられるという意味である。日中間の交流は、まさにこの通りだと思う。 今年は日中青少年推進年で、日中関係の新しい時代に、若者である私たちは未来の両国関係にとって重要な影響を与えられると言えるだろう。青少年交流において、近年、交流会などのプログラムが増えている政府間の努力も重要だが、若者が積極的に一歩を踏み出すのも重要だと思う。私たちは、まるで一つ一つの星のようだ。無数の小さな星が集まれば、その輝きは空を照らす光になるだろう。 大変良く書けている作文ですね、素晴らしいです! 一つだけ補足するならば、日本語の文体には「です・ます調」と「だ・である調」の2つがあります。 文末が「〜です。〜ます。」となるか「〜だ。〜である。」となるかの違いです。 これらの表現が統一されている文章が自然と見なされるので、文末に気をつけるとより良い文章が書けますよ!

    1. Other types of questions
    2. 素晴らしい文章です! ただ、添削できる箇所もあります。 「中国人同士に見知る人のように話しかけた。」 →「中国人に知り合いのように話しかけた。」 または「中国人同士で知り合いのように話した。」 まず「見知る人」という表現はあまり聞かないので「知り合い」や「知人」のように言いましょう。 さらに「話しかけた」という動作に「中国人同士に」という自分自身が含まれる言葉は不自然に感じます。「同士に」は消して良いです。 もし「中国人同士」という表現を使いたいなら、「知り合い」という「お互い知っている」表現を使って言いましょう。 あと「勝ってに」は「勝手に」または「かってに」にしましょう。「勝」だけ漢字にすることはありません。 この二つ以外は本当に素晴らしい文章です! 追記:「笑われる」という枷を捨てろう 命令の意思なら「捨てろ」。提案の意思なら「捨てよう」がいいです。 「無数の小さな星が集めれば、その輝きは空を照らされる光になるだろう。」は少し違和感がある表現ですね。 まず「星が」なら「集まる」。「星を」なら「集める」になります。この違いは「星」が主語になるか目的語になるかです。主語なら「が」。目的語なら「を」を使います。 「照らされる」は「空」ではなく「輝き」にかかるので受け身的表現ではなく、「照らす」にしなければいけません。もし「照らすことができる」という意味なら、「照らせられる」または「照らせる」にしましょう。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 沈黙

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.