Questions about example sentences with, and the definition and usage of "滲みる"

  • Similar words to "滲みる" and their differences

    1. Similar words
    2. 染み込むはsoak into 染み込むの染は染(そ)めるとも使えます。染めるとは英語でdye を意味します。 それに対して滲み込むはseepのような意味です。雨水が滲み込むといった使いかたをします。

  • Other questions about "滲みる"

    1. Other types of questions
    2. 二年ほど前のことだ。 私は世間によくいる普通のサラリーマンであり、通称「社畜」というものだ。 あの日の夜、私はいつもどおり自動車で家に帰ることにした。 帰る途中、子供が突然横断歩道に飛び出した。私は子供を避けるために道路脇のフェンスにぶつかってしまった。 頭からは血が滴り、音も段々と聞こえなくなり、急に気を失った。 気が付いていた時はもう病院の病室だった。医師によると、あの子供は無事だったらしい。私はベッドに座り、周りの様子を確かめていた。そこはどこにでもある普通の病室で、気になることと言えば机の上に聖書が置いてあることだった。 聖書は開かれている状態で置かれ、「何か問題でもあるのか」っと言いたいところだが、私は天井にある不気味なものに視線が釘付けになった。 天井には人の形をした黒い影があった。 「・・・・・・」 私は声も出ず、それから目を離すことができなかった。 「ドンドン!」 その雰囲気を破る扉を叩く音がした。医師がやって来て私に暫く様子を見るようにと告げた。 気になるところは色々あったが、私は眠りに落ちてしまった。 なにか粘々した液体が私の顔に垂れるのを感じた。さっと起きて視線を天井へ向けた。 そこにあるのは体をくねらせながら頭を寄せ付けて私を見下ろす、不気味な白い顔だった。その液体はその舌から落ちたものだ。 顔の距離があまりにも近く、わたしは暫く呆然としていた。 手が不注意に机に置かれた花瓶にあたり、机から落ちて大きな音がした。 幸い,その音を巡回の看護士が聞き、直ぐに駆けつけてくれた。 あの不気味な顔は看護士に気付き、天井の黒い影に逃げ込んだ。 看護士はわたしを宥めるため、背中を軽く撫でてくれた。 ベテランの冷静な看護士で、何か事情を知っているように見えた。 わたしが諦めずに問い質したため、看護士はすべてを白状した。 新入りの看護士が私が寝ている間、机を片付けた時に聖書を閉めたせいで、黒い影として封印された悪霊が解放されたという。 あまりの恐怖で、それ以後、寝る前には必ず天井に注意が向かうのだ。

    1. Other types of questions
    2. 滲む は にじむとも読むので 滲み広がる は にじみひろがる しみひろがる どちらでも読めます! にじむ、の意味は 1 液体が物にしみて広がる。「包帯に血が―・む」「紙の文字が―・む」 2 液体がうっすらと出てくる。「目に涙が―・む」 しみるの意味は 1 液体や気体が他の物に移りついて、次第に深く広がる。また、にじんで汚れる。しむ。「味が―・みる」「匂いが―・みる」「汗の―・みた下着」 2 液体や気体などの刺激を受けて痛みを感じる。しむ。「消毒薬が傷口に―・みる」「歯に―・みる」 3 心にしみじみと感じる。しむ。「親切が身に―・みる」 4 好ましくない気風の影響を受けて、その傾向をもつようになる。そまる。しむ。「悪習に―・みる」 とのことなので、今回の場合は、しみる の3が適切かな?と思います この問題は日本人でも悩むと思います!素晴らしい!笑

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 滲みる

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.