Questions about example sentences with, and the definition and usage of "腕"

  • The meaning of "腕" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 〜とつるむ: act in concert with〜 を磨く: polish one's skill

    1. Meanings of words and phrases
    2. 千太郎が調理着を着るという意味です。 「袖にを通す」「袖を通す」などとも言います。

    1. Meanings of words and phrases
    2. なまじ=多少 に覚えがある=得意、慣れている、経験がある 自分なら出来ると思って挑戦したのがいけなかった(酷い結果に終わった)という意味です。

  • Similar words to "腕" and their differences

    1. Similar words
    2. 訓練は、何かに備えるために行なうものです。たとえば、「地震に備えた防災避難訓練をする」という具合に用います。 一方で、鍛錬は自分の心身を鍛えるために行なうものです。「心身を鍛錬して(「鍛えて」のほうが自然な表現)、健康を維持しましょう」という具合に用います。

    1. Similar words
    2. If I have to choose a word, 寝顔を見守った means "she(he) watched his(her) sleeping face" and 寝顔を見守っていた means "she was watching his sleeping face".

    1. Similar words
    2.   arm 手首 wrist 手(て) hand

  • Translations of "腕"

    1. Translations
    2. 例: をまっすぐに伸ばして投げるのが、正しいボールの投げ方です。 をまっすぐに伸ばしてボールするのが、正しい投げ方です。 「ボールする」がクリケット用語として一般的なら、二つ目の方が自然かもしれません。ただし日本はクリケット人口が非常に少ないので、ルールや専門用語を知っている人もほとんど居ません。特に書き手が日本語のネイティブスピーカーでない場合、表現が間違っていると誤解される可能性が高くなります。すでにクリケットに親しんでいる人だけを対象にするのでない限り、一つ目の例文の方が安全なように思います。 また、上記の例文は理想的なフォームについて述べているようにも読めるので、もしを曲げた状態で投げることがルール違反になるなら、そのことをより明確に表現した方がいいかもしれません。 ---- > 専門用語の「ボール」は「投げる」という意味です。 クリケット用語の「ボールする」は「投げる」という意味です。 専門用語かどうかにかかわらず、「ボール」は名詞です。動詞として使うなら「ボールする」と言う必要があります。 > 「ボール」の正しい投げ方は曲がっていないで投げます。 曲がっていないで投げるのが「ボールする」の正しい方法です。 > 分かりにくい文章を書いちゃってごめんなさい。 分かりにくい文章ですみません。 分かりにくい文章を書いてしまってすみません。 「書いちゃって」は口語なので、丁寧な文体には不適切です。 「ごめんなさい」も丁寧な文体にはやや不適切です。通常は「すみません」を使った方が自然です。

    1. Translations
    2. 技術や能力が優れているという意味です

    1. Translations
    2. 使えます。 を組んで立っていた。など

  • Other questions about "腕"

    1. Other types of questions
    2. が3つないと、使えない。 が3本ない限り、意味がない。

    1. Other types of questions
    2. 言い訳 「わたし」に問題が起きたとき 「問題の責任が『わたし』にある」と考えている「相手」に 問題の理由・原因を述べること、または述べた内容。 「雪で電車が止まった」それで「遅刻した」 「わたし」が話すとき------ 「雪で電車が止まった」が「遅刻」を正当化すると感じる場合。 どちらでもいいが「理由」を使うことが多い。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と言い訳を言った。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と理由を言った。 「相手」が話すとき------ 「雪で電車が止まった」が「遅刻」を正当化すると感じる場合。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と言った。 課長は「そういう理由があったのですか」とうなずいた。 「雪で電車が止まった」が「遅刻」を正当化しないと感じる場合。 わたしは課長に「雪で電車が止まった」と言った。 課長は「そんなのは言い訳だ」と怒った。 ---------------------------------------------- かんたんにまとめるとこのようになりますが、実際はもっと複雑です。 PDFの論考も、かなり雑だと思います。 現実的には、同じ場所で、「言い訳」を使ったら、「理由」を使ったら、どのようなニュアンスになるか、ということで考えたほうがいいと思います。 <0116>「言い訳も説明も、まったく通じそうにない。」 と述べている場合、「説明」と並べているということは、これを言った人は「説明」とは別のことと感じながら「言い訳」という言葉を使っていることになります。 つまりこの「言い訳」は、論理的な「理由」ではなさそうです。 「言い訳は、まったく通じそうにない。」 と言ったなら、その「言い訳」は「論理的な説明」も含むのかもしれません。 というわけで、 <0116> の文全体の意味は 相手が怒ってるから、(あまり)妥当ではないと(自分が)判断する言い訳も、(かなり)妥当だと(自分が)判断する理由(説明)も、どちらもったく通じそうにない です。 <0116> の「言い訳」だけを考えるなら、 (あまり)妥当ではないと(自分が)判断する(原因・理由) と感じているということになります。 この場合相手もまずまちがいなく「妥当ではないと判断する」という予測があります。

    1. Other types of questions
    2. 特にルールはないですが、 二つの言葉を組み合わせたときよくかわります。 例えば、「ごみ」と「はこ」で「ごみばこ」

    1. Other types of questions
    2. 「どっこいしょ」は、座ってほっとするときに主に年配(若い人も言う)の人が使う言葉です。 話を変えるのは「まあ、それは、おいといてですね。」のほうですね。

    1. Other types of questions
    2.   合気道が、銃を持ったり相手のを折るなどの危害を加えないで人を倒すことができるのは、合気道は襲ってくる人は心や頭が混乱しているから襲っていると信じるからです。襲っている人は大事なものを手に入れたくて力で奪おうとするけど、人生の中の一番大切なものは奪えるものではないと理解してないということが分かっていません。攻撃に対し反撃しようとすれば、相手との力勝負で人生の大事なものを手に入れたり守ったりできると思っているのです。相手は欲しいものを奪うために攻撃してくるのが当たり前だと思ってしまいます。他の方法ではしてこないだろうと思ってしまいます。一方、相手の人にやりたいようにさせたら、むこうも力と力の勝負で自分の人生の大事なものを手に入れてしまうのではと思ってしまいます。これはエゴから生まれる確信です。つまり、どちらも生命の全ては繋がっている事実を理解できていないから攻撃してきます。   でも中道があると思います。その人に対して「生命の全ては一つのものしかないから、一緒に成長しましょうか?」という考え方で対応したらその人の助け合いができると思います。これで敵は味方になります。これは合気道の真実の力です。これは合気道の魅力です。これが合気道の「合」という意味です。 「一方、」以降の原文では「受動的」のよく意味がわからないので、勝手に解釈して修正しました。 おっしゃりたい意味とは違うかもしれません。

    1. Other types of questions
    2. 先日、いとこは私に面白い話を語りました。 ある人が焚き火をしようとして、火を付けたら丸太の中から蛇が這い出てきました。 蛇が燃えそうだったので、その人は蛇を助けようとして蛇の尻尾を掴みました。 しかし、蛇は怖がっているし、痛みで混乱しているので、助けようとした人のを噛みました。 その人はびっくりして、焚き火の中に蛇を落としてしまいました! でも、その人は懲りなく、また火の中から蛇の尻尾を掴み上げて、芝生の上に乗せました。 蛇は痛そうな動きで、藪へ消えていきました。 近くいたもう一人は全部見ていたけどあまり理解できなくて、蛇を助けた人に 「蛇がを噛んだでしょ。一体なんで二度も助けようとしたの?」と尋ねました。 その人は酷くやけどした手に冷たい水を注ぎながら、こう言いました。 「痛みと死を避けることは蛇の当然の性質だ。蛇は攻撃されたと思って噛んだだけさ。 僕が蛇を助けようとしたのが分からなかっただけでしょ。 混乱しながらも生きたい!って思っただけだよ。 そして、僕は生命を見捨てることが出来ない質(たち)なんだ。 出来ることなら命を助けたい。 僕と蛇は当然のことをしただけさ。 だから恨みなどない。 その蛇は、僕が助けたことを一生理解しないと思うけど、 ただ助けたいから助けただけさ。」

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 腕

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.