Questions about example sentences with, and the definition and usage of "自国"

  • The meaning of "自国" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 相対化というのは、相対的に考える、ということです。つまり、主観的なものの見方が絶対ではない、と考えることです。例えば、ここで自国を日本、他国を中国とした場合、日本人が、中国側から見た日本の歴史という視点をもつことです。

    1. Meanings of words and phrases
    2. I think it is to justify. Is the theory justified as a reason to kill the queen? Can it excuse to kill the queen?

  • Translations of "自国"

    1. Translations
    2. 電子辞書を使うと、日本語を母国語へ、またその逆へも訳せます。

    1. Translations
    2. 両国の文化や生活習慣の違いがありますか? 違いを感じますか?...

  • Other questions about "自国"

    1. Other types of questions
    2. 「なりに」の意味は、「~にふさわしい程度に、それに応じて」ということです。 したがって、「ないなりに作る」というのは、「材料がないのだけれど、それに応じて料理を作った」という意味になります。 もちろん、「私なりに」は正しい言い方ですよ。

    1. Other types of questions
    2. 東京オリンピックを控えるにあたって 間もなく、東京でオリンピックが開催される。 世界的なスポーツの祭典を控え、人々の期待は高まって来ているはずだ。 現代の発達した技術によって、一体どれほど多くの場所で、この地球上に人類の足跡が刻まれてきたことだろう。 世界中の人々は今、言葉の壁を越え、距離を越え、文化や環境の違いを越えて、心を開いてうきうきと交流している。 しかし、技術や交通機関がまだ発達していなかった時代は、誰もお互いの存在を知り得なかったので、この世界の中で、自分達が唯一の存在だと思っている人も少なくなかった。 むしろ、それは一種の主流思想だった言っても過言ではないだろう。 その後、西洋からの船舶が東方の海辺に到着し、文化や日常生活用品、また武器なども伝来した。 それを機に、世界との交流が始まった。 19世紀になって、各国の間での戦争も始まった。 人類がお互いに学び合う中で、人類の差別、また国の差別もだんだんと認識されて来たのだろう。 自国の強化のために武力で他国から資源や財産を奪うことによって、血に染められた遺体がこの世界を満たした。 それは、人類の「災難の時代」だった。 そんな時代の中で、人々は「残酷な世の中は、いつ終わるのだろうか」と考え始めた。 ただ穏やかな生活を送りたい民衆は、平和を望んでやまなかった。 そして、21世紀になった今、私たちが心から望んだ平和主義は、やっとこの時代のテーマとなった。 たとえ、国家間の政治摩擦は依然残っているとしても、さまざまな新しい形式の国際交流は、各国の間で行われている。 その中で、もし、「全人類の注目を最も集めたイベントは何か」と問われれば、人々は間違いなく、「それはオリンピックだ」と答えることだろう。 2008年、北京でオリンピックが開催された際、中国人の誰もが血を沸し、感動に震えるような思いで、その逐一に注目した。 そのオリンピックを迎えるために、政府は様々な政策を制定し、民間団体もまた、自発的に自分達の区域を美しくするための活動を行った。 当時、私はまだ小学校6年生だった。 「八月、北京でオリンピックが開催されるよ」と友達はわくわくと私に話した。 あれから十年が経った今も、当時の事は、驚くほど生き生きと、記憶の中に蘇ってくる。 そう、それがはっきりと記憶に残っているのは、おそらく、開催の数月前に発生した四川の大地震にも関係しているだろう。 それは、唐山大地震を除いて、中国歴史上に残る、最も大きな災害だ。 あの日、朝ごはんを食べた後、私は母に「いってきます」と言って、学校へ行った。 まだ一時間目の授業が終わらないうちに、数学の先生は運動場に生徒を集めた。 「四川の大地震」のニュースが伝わり、皆は義援金を寄付した。 亡くなった人数はもう正確には思い出せないが、テレビに映された現場の状況は、ほんとうに目も当てられないほどの惨状だった。 また、中国の多くの地方では、連日暴雨も降り、被災者人数は上昇していた。 そんな状況の中で、「被災者はどうなっているのだろう、オリンピックは開催できるかな」という人々の不安は拭えなかった。 幸い、世界中から多数の援助が寄せられたもあり、この堅難の時期をやっと越え、オリンピックは無事に開催された。 だから、オリンピックを通して、中国人の間には、「世界のみんなは、優しくて、いい人だ」という感謝がたくさん溢れた。 今、日本の東京オリンピックを控えて、私の期待はうきうきと高まっている。 日本もまた地震などの災害が頻発する国なので、今回のオリンピックの開催は、民衆の疲れた心を慰めるためのいい機会になると思う。 今回、私は友達と一緒に、「2020年の東京オリンピック」に行く。 ずっと、スクリーンや本から得た私の日本という国に関する知識は、まだまだ足りないと思っていたので、東京オリンピックに行くという目標を達成するために、わたしも日本語を一所懸命勉強する。だから、お互いに最高の状態で2020年を迎えられるように、日本も私も、一緒に頑張ろう。

    1. Other types of questions
    2. ステキな内容の文章ですね。 私なら満点をあげますよ! 読みやすいように改行していました。 ごめんなさいね🙇‍♀️  今日の時代において 「現代は若者の時代だ」という言葉はよく聞く。 2018年の今、2000年生まれの子供たちも18歳になり、大人となった。 彼らは恵まれた世代と言っていいだろう。 先進技術を楽しみ、豊かな生活を送り、異国の文化を理解し、互いに学ぶことができる。 経済の不確かさは ともかく、現代社会は活力に満ち、人々は楽しい暮らしをしている。 それは社会の発展の目的であり、必然的な結果だ。 そういった変化が人類に幸福をもたらすことは間違いない。 しかし、私はどこか虚しさを感じる。 現代の若者は いつも礼儀知らずでお調子者だ と言われる。 それは、多分、精神世界、あるいは観念の変化のせいであろう。 もちろん、そんなことは当たり前だ。 社会が変化したのだから。 だが、そういう社会の中にいる私は、残念に思うことがある。 それは、常に新しいものを追求する若者は、伝統的なものにあまり興味を示さないということだ。 日本語を勉強する私は、日本文化に関わる番組やドラマを見ることが好きだ。 だから、多少、日本の文化を理解している。 その中で、興味深いことは、日本人の和服への深い想いだ。 この事は私を驚ろかせた。 中国にも和服に対等する衣装がある。 それはチーパオだ。 チーパオは、和服のように、中国女性のスタイルを考えて設計されたものだ。 それは女性の淑やかさを徹底的に表現した。 そんな美しい芸術品を今の社会で身に着ける人はほとんどない。 一方、日本では祭りや祝日において、和服は正装として頻繁に見られる。 このことについて、自分なりに推測してみた。 日本では歴史の発展の中で、どの時代でも、和服は日常生活で着られていた。 だが、中国5000年の長い歴史において、君臨した皇帝はまちまちだった。 同族の世襲制度とは限らなかった。 同じ民族の統治でもなかった。 最後の王朝は満洲族が統治した清朝で、当時の日常衣服はチーパオだった。 短い歴史なので、人々は忘れているかもしれない。 それだけでなく、知識についてそうだ。 中国の『四書五経』や『弟子規』などの古人の知恵を凝らした知識は、だんだん社会の発展の中で消えている。 その状況を変えるために、国家も伝統文化の維持に力を入れ始めた。 しかし、若者は海外文化に深く興味を示した。 アメリカのクリスマス、韓国の流行音楽やドラマ、おめかしに没頭している。 それは、世界の潮流を追求したいからであろう。 その状況に応じて、現代、どの国も自国文化を海外に宣伝するために、さまざまな活動を行なっている。 たとえば、アメリカの映画、韓国のアイドル、日本の漫画、中国の孔子学院。 しかしながら、それらは、自国民の文化素質の向上には大した効用はないと思われる。 挙句の果てには、民衆は他国の文化に関心を持っている。 だから、現代において、どんなに便利になっても、どんなに豊かになっても、社会全体の浮ついた状況を平静な状態にするために一番重要なのは、自国の文化を尊重することだ。 また、若者も自国の文化に誇り持つべきだ。 もし、現代の若者がそうできれば、この国の未来は、もっと強くなるだろう。

    1. Other types of questions
    2. 先生への質問の文章なんですね。 では、先ほどの文章は、プレゼンテーション風にアレンジしていたので、もう少し質問文章風にアレンジしましょうか。 なぜ「RCEPがTPP参加へのステップになる」のかがわかりません。 RCEP参加国のなかの途上国にとって、TPPよりもハードルが低いRCEPへの加盟を通じて、加盟国間の経済的な自由化とルールの共通化を図るほうが、はるかに自国にとって有利だからでしょうか。 先ほどより質問風に語尾を少しだけ変えています。 ※先ほどの文には「RCEP参加国のなかの途上国にとって、」という言葉が抜けていました。ごめんなさい。

    1. Other types of questions
    2. できるだ原文を尊重し最小限で修正致しました。 「今日はクリスマスの日。英語の授業では、発表する人が作ったパワポもクリスマスツリーと雪が背景となっていた。すぐに教室内は盛り上がった。多くの人はこの祝日を楽しんでいることだろう。でも私はあまり興味がない。自分の国の伝統的な祝日ではなく、しょせん西洋のものだから、気持ちは上がらない。ルームメートたちもそれにはあまり関心を持ってないようだ。中国でクリスマスを騒ぐのは遊ぶことや、賑やかなことが好きな一部の若者に過ぎない。新奇なものにモチベーションが上がるのだろう。」

    1. Other types of questions
    2. 中国に滞在した時間は短いが、中国の方たちと結んだ友情は長く存続していくものである。(人→del する→した 文脈から中国滞在後の文章のようなので) その友情の種は既に私のこころの中で萌え出で、成長している。(出て→出でide) 私たち日本人は中国を自国のように思っている。(自国自国のように) はっきり言えないが、私も心に中国への思い入れや憧れの感情を懐いている。(とにかく→del  +私も心に 中国に→中国への 感情は→感情を 私のこころに→del 潜めて→懐いてidaite) アメリカでもアフリカでも中国人の方たちを見つけると、親しみが湧いてくる。 日中両国の人々は同じ格好をすれば、見分けられないであろう。 どちらもアジアの一部だからかもしれないし、(というわけだかもしれないか→だからかもしれないし) 又はどちらも黄色い皮膚であることが原因なのかもしれない。(又は→あってもなくてもいい ★「あるいは」も使える) 日中両国は二千年あまりの友好的な交流をしてきた、(きて→きた) 両国の人々の友情は、長江の流れのようにこれからも続いていくことであろう。(人民たちの→人々の 前に→これからも) ★どちらもアジアの一部だからあるいはどちらも黄色い皮膚であることが原因なのかもしれない。   ROCHANさんの訳もOKだと思うのであまり変えないようになおしてみました。 解りにくかったらごめんなさい。 習っている先生がいたら確認して下さいね。 お互い勉強頑張りましょうね~。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 自国

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.