Questions about example sentences with, and the definition and usage of "芳一"

  • The meaning of "芳一" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. Hoichi the Earless: https://en.wikipedia.org/wiki/Hoichi_the_Earless

    1. Meanings of words and phrases
    2. it’s a famous old ghost story. you can read it in English here. http://www.gutenberg.org/files/1210/1210-h/1210-h.htm#mimi

    1. Meanings of words and phrases
    2. 「耳なし芳一」(みみなしほういち)は、安徳天皇や平家一門を祀った阿弥陀寺を舞台とした物語、怪談。小泉八雲の『怪談』にも取り上げられ、広く知られるようになる。 あらすじ 昔、下関(赤間関、あかまがせき)の阿弥陀寺(あみだじ)というお寺に、びわ法師の芳一(ほういち)という男がいた。幼いころから目が不自由だったが、琵琶(ビワ)の腕は師匠をしのぐ程の腕前で、特に壇ノ浦の合戦の弾き語りは真に迫るものがあった。 ある蒸し暑い夏の夜、お寺で芳一がビワの稽古をしていると、身分の高い方からの使者がやってきた。ビワの弾き語りを聞きたい、というので、芳一は使者の後をついて行き、大きな門の屋敷に通された。さっそく芳一は、壇ノ浦の合戦を弾いて聞かせると、大勢の人がいるのかむせび泣く声が周囲から聞こえてきた。やがて女の声が聞こえ、「今宵より三夜間、弾き語りをして聞かせてほしい。またこの事は誰にも内緒にするように」と、告げられた。 朝、寺に帰った芳一は、和尚から不在を問い詰められたが、女との約束通り何も話さなかった。そこで和尚は、夜にこっそりと寺を抜け出した芳一を寺男に尾行させると、安徳天皇(あんとくてんのう)のお墓の前で、ビワを弾いている芳一の姿を見つけた。 平家の亡霊に憑りつかれていると知った和尚は、芳一の体中に経文を書いた。そして、誰が話しかけても絶対に声を出してはならない、と言い聞かせた。その夜、また亡霊が芳一を迎えに来たが、経文に守られた芳一の姿は見えなかった。しかし和尚が芳一の耳にだけ経文を書くのを忘れてしまったため、亡霊には両耳だけは見えていた。亡霊は、迎えに来た証拠に、と芳一の耳をもぎ取り帰って行った。 朝になって急いで様子を見に来た和尚は、芳一の両耳が取られている事に気が付いた。和尚は、かわいそうな事をしたと詫び、医者を呼び手厚く手当をした。傷が癒えた芳一は、もう亡霊に憑かれる事もなく、芳一のビワはますます評判になり、いつしか「耳なし芳一」と呼ばれるようになった。

  • Example sentences using "芳一"

    1. Example sentences
    2. (全身タトゥーしている人を見かけて)うわー、何あれ。耳なし芳一かよ。

  • Translations of "芳一"

    1. Translations
    2. and Houichi was taken back to the temple by the person who guided him from the beginning.

    1. Translations
    2. I hope the site will help you. http://www.gutenberg.org/files/1210/1210-h/1210-h.htm#mimi (thanks for the Project Gutenberg)

    1. Translations
    2. The chief priest felt strange, so the following evening he followed after yoshiichi when he saw him going out by himself again.

  • Other questions about "芳一"

    1. Other types of questions
    2. 読書をするときは、その作家の伝記や作中に登場する場所や人物を参考にしながら読むことでより深く当時の時代背景や作家の気持ちを理解できると考えられる。また、実際に好きな作家の記念館や作品に登場する場所へ足を運ぶと、考えられないほど感動させられるだろう。そのような気持ちは、最初に映画を見てから原作を読むことで、映画だけでは理解できなかった深い意味のパズルを頭の中で解けたように感じる気持ちに似ているかもしれない。  本書を書くことがきっかけで、前期に『耳なし芳一』と『雪女』という怪談から知って、非常に興味を持った小泉八雲(ラフガディオ・ハーン)の作家人生や作品と松江との関連性の紹介を目的にする。 本文  では、まず小泉八雲について述べると、『一八五〇年六月二十七日にパトリック・ラフガディオが生まれた。パトリックはアイルランドの守護聖人に、ラフガディオはレフカダ島にちなんでつけられた名である。父であるチャールズ・ハーンは、かつてフランス領であったイオニア諸島でイギリス軍した時(1:what do した時 mean? )アイランド系の軍医だった。  母は島の旧家で生まれたギリシャ風の美人。赤ん坊の時、兄が無くなり、父は海外長期で出征し、母と辛い運命に会ってばかりだった。当時の悲しい経験から、怪談や奇談に異常な興味を寄せるようになった。数年後、両親は離婚し、二人とも他の人と再婚した。父は亡くなり、母も消えたので(2:is she die or disappear?)、ラフガディオはひとりぼっちになった。  そしてラフガディオは、大叔母から財産を相続し、イギリス北東部ダラム市のカトリック聖カスパード校に入学した。その頃、詩を書き始め、読書家になった。十六歳の頃、友達と遊んでいるときに左目を失明するという災難が起こり、それ以降写真には、右の横顔しか写させなかったそうだ。不幸は続き、財産を親戚に取られ失った。  千八六九年、アメリカに移住し、やがて当時の彼の原稿が日刊新聞の主筆に認められ、採用された。しかし、法律で禁じられている混血女性との共同生活が原因で、解雇された。それから、新聞記者として活動するうちに、フランス文学の小説や翻訳で名をあげた。 「古事記」を読んだことをきっかけに日本に憧れ関心を持ち、そして知り合いの営むハーパー社の通信員として日本へ行くことになった。明治二十三年四月四日に横浜に上陸し、紀行文「日本への冬の旅」をハーパー社へ送ったが、契約の条件が挿絵画家よりずっと低いことを不満に思い、契約を破り捨てた。しばらく後に、英訳「古事記」の訳者で、当時の帝国大学(現・東京大学)の教授であったチェンバレンと、ニューオーリンズ博覧会で出会った服部一三(文部省普通学務局長)の紹介で、島根県松江尋常中学校で英語教師として働くことになった。』参考文献1  このように、小泉八雲は日本に来るまで不幸が重なる人生を送っていたが、彼は一度も諦めずに前へ進んだ。彼はひとりぼっちでいた長い間、誰にもカバーされなくて(3:what カバー mean?)、どこからモチベーションを得ていたたのだろうか と考えると、それはずっと夢中で読み込んでいた本からなのではないかと考えられる。しかし、松江は小泉八雲の人生を変わって(4:what 人生を変わってmean?)ずっとひとりぼっちの世界から取れた(5:whatから取れたmean?)と考えられる。 抜けている単語を入れ、意味を推測してより自然な日本語に直しました。いくつか分かりにくいところがあったので詳しく教えていただければ、さらに直します。 ちなみに「ひとりぼっち」でももちろん意味は通じますが少し子供っぽい印象な言葉なので、論文に書くのならば「孤独」の方がより適していると思います。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 芳一

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.