Questions about example sentences with, and the definition and usage of "見渡す"

  • Example sentences using "見渡す"

    1. Example sentences
    2. あたりを見渡してみると、ここには私以外誰もいないことがわかった。

  • Other questions about "見渡す"

    1. Other types of questions
    2. 見渡す」は 遠く広く見るという意味です。 「見渡してみる」とは 見渡す+してみる となります。 この「してみる」は幾つか意味を持ちます。 1.あることを知るために何か動作をする 2.ある動作をした結果を知るためにその動作をする 大抵は、「試しに何かをする」という意味で使われることが多いと思います。

    1. Other types of questions
    2. 「ことです」は、単に「こと」(名詞化)+「です」(述語化)が結合したものです。 「こと」は命令の意味で使われることもあります。この部分だけでは、命令の意味であるかどうかは分かりません。

    1. Other types of questions
    2. 小さい頃、私は日本に対して反感を持っていました。なぜなら、生まれてから数え切れないほどの愛国思想教育と、映画の洗脳を受けていたためです。実際に日本人に会ったことがないにも関わらず、「私たち中国人と日本人との間には、不倶戴天の恨みがあります」と教えられて育ちました。 しかし、成長するにつれて、分かるものも多くなってきました。自分の心の中に、このような基準が生まれました。(この一文は添削が少し難しいです) ある物事を本当に理解してこそ、初めてそれを認めることができるのです。そうでなければ、それはただの盲信です。否定する物事に対して、更に理解しなければなりません。よく知らないくせに、「なになにが大嫌いだ」などと勝手に言うのは、物事の好き嫌いをコイントスで決めるのと同じではないでしょうか。 歴史は人に任意に粧われる娘であり、教科書の歴史は偏った見方なのかもしれません。中国と日本との関係はとても複雑で、歴史の全体を見渡して、簡単に一言でまとめれば、それは愛し合っては打ち合うと言いましょうか。両国が仲のいい時期は、お互いに友好的な態度を持っていました。歴史的に、日本は中国から多くを学んだため、和風という日本独特の魅力が最も表れたものの大方は、古代中国文化の影響が見られます。武士の刀は、唐刀を改善したものであり、相撲が唐手であります。下駄は中国の隋唐時期以前、特に漢朝で使われた普遍的な履物です。和服はさらに言うまでもありません。清朝の末年、中国人の学生は大量に日本へ留学に行きました。そのため、現代中国語には日本語から借りた常用語彙がたくさんあります。たとえば「電話」、「幹部」、「化学」、「共和」、「人民」などです。モンゴルが北宋を侵略したあと元朝を成立しました。モンゴル軍の日本への二度の侵略は、「神風」のおかげで、モンゴルが敗戦しました。そして日本軍は、残ったモンゴル人と朝鮮人を全て殺しました。しかし、残った漢人だけは殺しませんでした。戦争の背景であるその点はきわめて深い意義を持ちます。そして、南宋滅亡の際に日本全国は三日間の精進をしました。その原因は、南宋の滅亡はある意味で中原の漢民族がはじめて本当に亡国し、文化断層が現れたからです。ずっと漢文化が好きだった日本人はかなり悲しんで、喪服まで着ました。 ここで、民族主義について話したいです。民族主義の核は民族の間の区別を強化することです。それによって内外観念を生み出します。そして、民族の区別を強化する一番効果的な方法は、憎しみを作り出すことです。一方で、恨みと民族対立を誇張しすぎては、逆に政治戦略目標が実現できなくなります。そうなると、政治家にとって、有効に民衆の心理をコントロールして利用することが必須になります。したがって、すべての歴史の恩讐は民族主義に利用できる素材であり、政治的な目的を実現するための手段にすぎないでしょう。 昔から今でも変わらず、戦争で勝っても負けても、99.999%の庶民は正視するにたえない苦しみを味います。一部の中国人は戦争に勝って、200年間の民族の恥をそぎ、敵を討って雪辱することを心から願っています。日本で宣戦権を得たがる人もいます。しかしそれは本当に馬鹿な考えであると思います。民衆がもっと尊厳を持って生きることは、決して戦争によって得られるものではないからです。 今できることは、自分の目で真相を知ることです。みんながお互いに理解すれば、誤解も少なくなって、未来も良くなります。とにかく、交流が増えることで、双方の持つイメージのギャップは少なくなります。相手の立場で問題を考えることができれば、互いにわかり合うことができます。その時、もし日中友好を破壊して再び戦争を起こさせようとする人がいても、日本の人も中国の人も決して戦争することを許さないでしょう。 とってもうまく書けています!そしてすごい素敵な文章だと思いました。お互いの過去も現在も全て学んで受け入れて、もっと日中関係が良くなればなぁと思いました(^^)

    1. Other types of questions
    2. ​‎今日が大阪大学での最終日だとは、信じられないです。時の 経つのは 早いですね! 今も私が大学に着いた最初の日を覚えています。それは、管理者が私の部屋を案内してくれた日でした。 案内されながら、私がその部屋を見渡すとカビばかりが目に留まりました。 それから管理者が部屋は大丈夫かどうか聞いたので、私は「はい、大丈夫です」と答えました。 だけど本当は「大丈夫じゃないです」と思っていました。 しかし、今では心が変わりました。その部屋に1年間住んだ後、私はもっと良い家を想像することはできなくなりました。 私はカビだらけの部屋が本当に恋しくなるでしょう。

    1. Other types of questions
    2. 殆ど完璧だと思います。細かいところを。 これは文章の好みもありますから、一例として。 彼はカーテンを開けて、窓から外を見渡した。街にはだれ一人いなかった。風もなく、枯葉が木からゆっくりと落ちてきた。彼は微動だにしなかった。 彼はカーテンを開けて、窓から外を見渡した。街にはだれ一人いなかった。風もなく、枯葉が木からゆっくりと落ちてきた。彼はそこに静かに佇んでいた。 「葉っぱ」はちょっと幼い表現です。 葉は、基本的に緑の葉を表しますので、枯葉にしたほうが良いかも。 文章に「ないし」という使い方はくだけた表現なので、前半の表現に合わせると「なく」のほうが良いと思います。 静かに居ていて、小さな動きすらしない 居ている、とは言いません。「居る」はそれだけで現在進行形の意味を含む動詞です。 「佇む(たたずむ)」、は「居る」よりも自然で静かなイメージを持つ動詞です。 前半でたっぷり静かな場所を表現したあと、主人公が動き回るというのは文章の流れからして不自然なので、主人公が場所の静けさに圧倒されているのでしたら、「小さな動きすらしない」という表現は無くても良いと思います。 主人公の感情やその他で「全く動かない」状態を強調したいなら、入れたほうが良いですね。 「微動だにしない」は文章で使われる言い回しです。 綺麗な文章ですね、他の方の回答も楽しみです。 追伸:「だれ一人」には「も」はつきません。 「だれ1人」は「ひとりも」と同じ意味で、そこに「も」が含まれているからです。

    1. Other types of questions
    2. 「すべてのものには束縛による無力感に包まれ」→「束縛によって全てのものは無力感につつまれ」 「今のところは屈服あるのみだ」→「今のところは屈服するしかない」または「今のところは受け入れるしかない」 「~あるのみ」というのはポジティブな意味で使われることが多いです。例:「前身あるのみ」 「最初の仕事はアメリカ人の社長の下で通訳者になっていた。」→「最初の仕事はアメリカ人の社長の下での通訳だった」 「仕事」が主語になっているから、「通訳者」ではなく「通訳」という仕事が目的語になるほうが自然です。 「遠くを遠望した時」→「遠くを見た時」または「遠望した時」 「遠く」と「遠望」では意味が重複しています。 「息が詰まるほど美しさ。」→「息が詰まるほどの美しさ」または「息が詰まるほど美しかった」 「私の人生に最大の夢は、歩いたいだけ歩ける、このよう美しい景色を楽しんでいるだ」→「私の人生の最大の夢は、歩きたいだけ歩けて、このような美しい景色を楽しむことだ」 「私はくるりと頷いた」→「私はこくりと頷いた」 「くるり」は何かが回る様子を表す言葉です。例:「彼はくるりと振り返った」 人が頷く様子を表すには「こくり」という言葉を使います。 「元々経験不足していたのに、社長もとても厳しい、毎回会議の前に、パワーポイントが少なくとも三回校正しなければならない。」→ 「元々経験が不足していたのに、社長もとても厳しいし、毎回会議の前に、パワーポイントを少なくとも三回校正しなければならない。」 「無数の力尽きた時に、耳元で囁いていた。」→「何度も力尽きた時に、こう耳元で囁いていた。」 「もう忘れた、その時どうなに逃げろと思っていたその気持ち。」→「もう忘れてしまった、その時どんなに逃げろと思っていたかその気持ちを。」 「本当に憎しんでいた」→「本当に憎んでいた」 「そのような人になれるのは遠くに逃げるしかないと思っていた。歩いたいだけ歩けるだけは自由というものだ。」→ 「そのような人になるためには遠くに逃げるしかないと思っていた。歩きたいだけ歩けることだけが自由というものだ。」 「しかし、私達がは憧れているのは、本当に遠くというところなのか。」→ 「しかし、私達が憧れているものは、本当に遠くにあるのか。」 「あなたにあげられるのは逃げるのではなく、続けるのだ。」→ 「あなたにできるのは逃げるのではなく、続けることだ。」 「あなたが欲しいもの、会いたい人、そして行きたいところ、これ全部であなたがなりたい自分だ。」→ 「あなたが欲しいもの、会いたい人、そして行きたいところ、これ全部あなたがなりたい自分だ。」 とてもいい文章だと思います!

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 見渡す

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.