Questions about example sentences with, and the definition and usage of "見通す"

  • The meaning of "見通す" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. No context provided, no accurate answer. "I knew that you are a visionary. It has turned out the way you anticipated." "As I expected, you have great insight and know how it will go." お見通し: You never miss any subtle hint/error/flaw/defect.

  • Other questions about "見通す"

    1. Other types of questions
    2. 「来月契約を結ぶ見通します」は誤りです。正しくは、「来月契約を結ぶ見通しです」です。 「来月契約を結ぶ見通しとなります」は、それと比べると、自分の意見と言うことを避ける言い方です。

    1. Other types of questions
    2.  きりがないのでこの位で ↓  陶淵明は、生活の中でお酒を一瞬も離さないと言ってもいいくらい、本当にお酒好きな詩人のひとりである。彼の詩句を読むと、多くの詩句は軽く酔っているような状態で書かれているかのようである。  一番後世に好かれているのは彼の田園詩句である。一見ありふれた一句一句で結ばれている彼の詩句には、実に超脱した感情が込められている。従来景色を描く詩句には、人と景色が観賞する側と観賞される側に分かれ、景色を上手に絵描く事が多いが、人と景色の融合がうまく出来ていない。しかし陶淵明はそうではない。彼は自然に自分を景色の中に溶け込ませ、人、物との融合でこころに触れるような絵図を構成している。  その中の代表作は『飲酒二十首』の詩句で、一番説得力のある詩句はその五だと思われる。特に、「採菊東篱籬、悠然見南山」という二つの言葉からは、本当にパッと視界が開かれ、軽く酔って籬に立つ姿、さらに聳えている南山が目に浮かぶようだ。読む側も、自然にその広がった景色と世間を見通した超脱な姿を感じる事ができる。南山は陶淵明にとって観察するものではなく、菊を採っている間に不意な一瞥で自然と見入ってしまうものであり、そして彼自身はまるで景色と融合した絵図の一部分となったようだ。こうして人と自然が彼の詩句の表現によって、一体化されている。この時まさに、王国维による『人间词话』で「以物观物、不知何者为我、何者为物」という「無我」の境地に達しているのではないかと考えられる。   経済の発達によって、生活リズムがどんどん早くなっている物欲溢れた現代文明を生きている中で、陶淵明のような処世観を少し学んだほうが良いのではないかと思われる。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 見通す

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.