Questions about example sentences with, and the definition and usage of "読売新聞"

  • The meaning of "読売新聞" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. thanks fot additional info. how about this: Let's take a look at, for example, the survey ... you are right! (^-^)

  • Translations of "読売新聞"

    1. Translations
    2. 読売 よみうり Yomiuri 読売新聞 よみうりしんぶん Yomiuri shinbun Yomiuri newspaper 読売テレビ よみうりてれび Yomiuri terebi Yomiuri tv

  • Other questions about "読売新聞"

    1. Other types of questions
    2. とても素晴らしいです! ただ、文章を少し直してください。 「ブラジル旅券を〝使って〟 」 だと、perfectです。

    1. Other types of questions
    2. sorry i missed the translation of the whole sentence. 「読売新聞」や「読売テレビ」の単語の中の「読売」はどう発音しますか?

    1. Other types of questions
    2. ‎文法的な間違いはあまり無いようですが、少し読みづらいです。自分ならこのように書きます。 ➡最後に、二つのニュースを比較します。まず、安全保障関連法は違憲かどうかについてです。毎日新聞は「平和国家の根幹である憲法九条は変質し、海外で武力行使をしないとの制約が緩められた」と書き、憲法とは相いれない法制であることを強調しました。一方、読売新聞は「残念だった『違憲論』の傾斜」というタイトルの社説を書き、野党を批判することによって同法の重要性を印象づけました。次に、日本のアジア外交政策に関する意見です。毎日新聞は「中国、韓国などとの関係改善の努力は物足りない。抑止力が高まったとして、対中外交で柔軟性を失うことがあってはならない。」と書き、中国や韓国などとの関係改善を強調しています。それに対して、読売新聞は「野党は中国が誇示した軍備増強や北朝鮮の軍事的の挑発の深刻さを軽視している」と書き、中国や北朝鮮の軍事的動向に対して、より警戒すべきだと主張しています。そして、新3要件の一つである「存立危機事態」が曖昧かどうかについても、この2社の考えは違います。毎日新聞は「字面だけ読めば一見、歯止めが利いているように見えるが、何が明白な危険に当たるかは政府の判断にゆだねられる」と書き、曖昧さを不安視しています。一方、読売新聞は「周辺有事で弾道ミサイルを警戒中の米艦が攻撃される」という明確なケースがあると書き、「曖昧だ」という主張を否定しています。最後に、日米関係についてです。毎日新聞は日本に直接関係のないアメリカの戦争に巻き込まれる恐れがあると心配しています。読売新聞は日本が米艦を防護できるようになり、アメリカにとって「守るに値する国」であり続けるべきだと主張しています。 参考URL ・http://www.sankei.com/smp/column/news/150930/clm1509300009-s.html ・http://shasetsu.seesaa.net/article/426395999.html (俺はあまり新聞を読まないのですが、) ちなみに、それぞれの新聞社の特徴としては、このようです。 https://nihon-hosyu.net/post-1022#i-5

    1. Other types of questions
    2. 皆さん、囲碁が日本人で人気が失われる(失われている)と思ったことはありませんか。私は囲碁が日本で人気があると思いました。特に、1999年の”ヒカルの碁”というアニメが出た後でもっと人気になるだろうと思いました。しかし、中国や韓国などでまだ人気があっても、”日本棋院”という囲碁の全国協会によると、日本人の競技人口はかつて1000万人といわれていましたが、今は350万人程度にまで減っているそうです。それで、日本棋院は囲碁の再興の構想を発表しました。そんな中、先週、読売新聞で”囲碁の再興 英才教育を普及につなげたい”という社説を読みました。私は非常にいい取り組みだと思いましたが、その”囲碁の再興”という社説には反対なので、今日はそのことについてお話ししたいと思います。 社説になぜ反対なのかというと、その理由は三つあります。 まず、一つ目ですが、その社説は日本で人気がなくなる理由をよく説明できていなかったからです。中国や韓国と比較して、日本人の競技者が劣っているということが人気を失う理由であると推測しました。ですから、人気を失う理由を研究してよく説明するのが必要だと思います。 次に、二つ目ですが、国内史上最年少で囲碁のプロ棋士となった10歳のナカムラ・スミレさんがなぜ囲碁をし始めたのか、あまりよく説明していなかったからです。彼女は韓国で訓練して、囲碁のプロ棋士もいる45歳の父親の例にならっていただけ説明しました。おそらく、父親のために、囲碁をし始めたかもしれません。しかし、まったくの推測にすぎません。 最後に、三つ目ですが、(←??)。また、有名なConfuciusもその芸術の一つは修得する必要があると言われました。実は、孔子はそのことを言われませんでした。孔子の論語によると、何もしなければ、囲碁をしてくださいと言われたそうです。 以上のことから、私は”囲碁の再興”という社説に反対します。以上です。 社説を読んでいないので、言いたいことがなかなかつかめず、あまり上手に直すことができませんでした。すみません。 意見の説得力とは全くの無関係ですが、 品詞を調べることと(日本語では名詞で使えても動詞に使えない単語があります) 「〜なかった」「〜ていなかった」を使い分けるとネイティブっぽくなるかと思います。 頑張ってください!

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 読売新聞

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.