Questions about example sentences with, and the definition and usage of "遠く"

  • The meaning of "遠く" in various phrases and sentences

    1. Meanings of words and phrases
    2. 涙で視界が滲んで夜の風景がぼやける、という意味だと思います。 滲むって、水で濡れて輪郭がよくわからなくなる事を言います。

    1. Meanings of words and phrases
    2. It means that "I will check voice each other with you,and touch you like stroking by wet fingertip."

    1. Meanings of words and phrases
    2. せいだ (the reason) is attributed to, because I think it is because there are people who hear our/their story and manage to come over to us/them.

  • Example sentences using "遠く"

    1. Example sentences
    2. ・次の日曜日は、少し遠くにでかけたい。

  • Similar words to "遠く" and their differences

    1. Similar words
    2. 家まで遠い 遠くにある家

    1. Similar words
    2. 遠く is a noun, e.g. あの人は遠くへ行った。 遠い is an adjective, e.g.あの人は遠い場所へ行った。 Both examples are the same meaning, that guy left to a place far from here.

  • Translations of "遠く"

    1. Translations
    2. 「遠い昔の思い出」と言う表現の方が自然ですが… もしかして、映画「君の名は」の挿入歌のことですか? もしそうであれば、この表現は映画の内容に即しているのかもしれません。

  • Other questions about "遠く"

    1. Other types of questions
    2. 自然ではあるのですが、「彼らは(遠くで行われた)抗議デモに参加するためにわざわざ足を運んだ」の方がよりしっくりします。 「足を運ぶ」は「遠くへ」「遠くに」よりも「わざわざ」と組み合わせる方がコロケーションとしてよく合致します。 あるいは、「わざわざ」のほかに「遠路」でもよいかと思います。 このあたりは、好みの問題かもしれません。もし、ネイティブの私が一語一語こだわって書くとすればというレベルです。

    1. Other types of questions
    2. 日記  今朝、日が差していた。半年ぶりに友達と釣りに出かけた。プロじゃないから客間のゴミ箱をびくとして持っていった。今回、ミミズの代わりにまんじゅうを餌として使った。二十分経たないうちにバイクでわたしたちは着いたーー駅の湖の中央にあるあずまや。前に大雨によってこの湖の水位がガードレールを越えて大物まで出たそうだ。 まず、少しのまんじゅうを取って釣り針につけて糸を垂らした。すると、すぐに小さな魚が群れになって集まってきた。そして30分経って、小さいのばかりで中々大物が出てこなかった。すると、魚肉で釣ってみたらどうかとアドバイスされた。  私たちは釣り針に魚肉をつけて糸を垂らしたところ、一匹の、さっきのより大きい「龙鱼」が遠くからこっちへゆっくりと泳いできた。近くからよく見ると、目が大きくて、ひれやしっぽが虹の色をしていて、 本当に綺麗だった。魚は全然怖がっていない様子で私と林さんの餌の所を何度も回って、とうとう林さんの餌にかかった。しかし、丈夫じゃないし、 釣り糸も細いし、釣り針も私のより3倍小さい。私は本当に釣れるのだろうかと思いながら、慌ただしく携帯を出して撮ろうとした時、糸がぐっと引っ張られ、ぱっと切れて逃げられてしまった。そしてまたずっと大物が、出てこなかった。 そろそろ帰る時、釣った魚を湖に返した。釣りは食べるためではなく、魚がかかった瞬間の快感が楽しいのである。ちょっと残念なのは、ちゃんとその魚の写真を撮れなかったことだ。

    1. Other types of questions
    2. 「すべてのものには束縛による無力感に包まれ」→「束縛によって全てのものは無力感につつまれ」 「今のところは屈服あるのみだ」→「今のところは屈服するしかない」または「今のところは受け入れるしかない」 「~あるのみ」というのはポジティブな意味で使われることが多いです。例:「前身あるのみ」 「最初の仕事はアメリカ人の社長の下で通訳者になっていた。」→「最初の仕事はアメリカ人の社長の下での通訳だった」 「仕事」が主語になっているから、「通訳者」ではなく「通訳」という仕事が目的語になるほうが自然です。 「遠くを遠望した時」→「遠くを見た時」または「遠望した時」 「遠く」と「遠望」では意味が重複しています。 「息が詰まるほど美しさ。」→「息が詰まるほどの美しさ」または「息が詰まるほど美しかった」 「私の人生に最大の夢は、歩いたいだけ歩ける、このよう美しい景色を楽しんでいるだ」→「私の人生の最大の夢は、歩きたいだけ歩けて、このような美しい景色を楽しむことだ」 「私はくるりと頷いた」→「私はこくりと頷いた」 「くるり」は何かが回る様子を表す言葉です。例:「彼はくるりと振り返った」 人が頷く様子を表すには「こくり」という言葉を使います。 「元々経験不足していたのに、社長もとても厳しい、毎回会議の前に、パワーポイントが少なくとも三回校正しなければならない。」→ 「元々経験が不足していたのに、社長もとても厳しいし、毎回会議の前に、パワーポイントを少なくとも三回校正しなければならない。」 「無数の力尽きた時に、耳元で囁いていた。」→「何度も力尽きた時に、こう耳元で囁いていた。」 「もう忘れた、その時どうなに逃げろと思っていたその気持ち。」→「もう忘れてしまった、その時どんなに逃げろと思っていたかその気持ちを。」 「本当に憎しんでいた」→「本当に憎んでいた」 「そのような人になれるのは遠くに逃げるしかないと思っていた。歩いたいだけ歩けるだけは自由というものだ。」→ 「そのような人になるためには遠くに逃げるしかないと思っていた。歩きたいだけ歩けることだけが自由というものだ。」 「しかし、私達がは憧れているのは、本当に遠くというところなのか。」→ 「しかし、私達が憧れているものは、本当に遠くにあるのか。」 「あなたにあげられるのは逃げるのではなく、続けるのだ。」→ 「あなたにできるのは逃げるのではなく、続けることだ。」 「あなたが欲しいもの、会いたい人、そして行きたいところ、これ全部であなたがなりたい自分だ。」→ 「あなたが欲しいもの、会いたい人、そして行きたいところ、これ全部あなたがなりたい自分だ。」 とてもいい文章だと思います!

    1. Other types of questions
    2. すみません、「際限なく心」のタイプミスです 胸を焦がして 伸ばすその手は、誰よりも強いから」 この部分の意味はまだはっきりと分かりません。 今、イメージがなかなか想像できるけど、特に「伸ばすその手は、誰よりも強いから」ってどういう意味ですか?誰の手が強いですか? ⇨私の解釈だと「伸ばすその手」は何かを強く求める気持ち(心)のメタファーで、「伸ばすその手は、誰よりも強いから」は「誰よりも強く何かを望む事が出来る」という意味だと思います。 そして、「夜を越える旅の途中、また君は負けそうになる」の部分 説明のおかげで最初の部分はなかなか理解できたけど、そのあとの「君は負けそうになる」って具体的にどういう意味ですか?何に負けそうでしょうか? ⇨おそらく、この歌の「君」は何か大きな悩みを抱えており、よく夜に不安になってなかなか眠れない日々を過ごしている様に思えます。その様に、不安に押しつぶされてしまう事を「負ける」と表現しているのだと思います。つまり、「夜を越える旅の途中また君は負けそうになる」=「夜、また不安に押しつぶされそうになる」

    1. Other types of questions
    2. 歌詞全体をもう一度見直してみました。 ごめんなさい、私は勘違いしていたようです。 「胸を焦がして 伸ばすその手は、誰よりも強いから」 は前半部分と後半部分の2ヶ所あるのですね。 前半部分の事だと思って、文脈的に君が適切といいました。 <> 前半部分 「止めどなく傷ついてゆく君の心がいつか君を変えてゆく (ここで文章が切り替わります) 僕(or僕と君)が胸を焦がして伸ばす僕(or僕と君)の手は誰よりも強いから 僕(or僕と君)が夢に描いた場所へ、僕が君を必ず連れてゆく」 後半の部分 「僕の手でも君の手でも掴める明日がある 僕(or僕と君)が胸を焦がして伸ばす僕(or僕と君)の手は誰よりも強いから 僕(or僕と君)が夢に描いた場所へ、僕が君を必ず連れてゆく」 「僕(or僕と君)」の部分は「僕と君」の可能性もありますが、「僕」の方がより自然だと思います。 「誰よりも強いから」の「から」を説明です。 この「から」は2通りの解釈ができます。 1)「誰よりも強い」ことを強く主張している(前にも後ろにもつながっていない) 2) 理由を表して、後ろの部分(夢に描いた場所へ、君を連れてゆく)とつながっている 改行が二回してあるので、1)の可能性が高いと思います。 どちらの解釈でも、全体を通したら同じような意味になります。

    1. Other types of questions
    2. 前者の使い方です。 すぐ返しに行こう! と言い換えることもできます。

Meanings and usages of similar words and phrases

Latest words

Words similar to 遠く

HiNative is a platform for users to exchange their knowledge about different languages and cultures. We cannot guarantee that every answer is 100% accurate.