Question
8 Sep 2018

Closed question
Question about Japanese

ドロシーと言う女の子はカンザスの農家に、ヘンリーおじさんとエムおばさんと住んでいることでした。その場所にあった物事は、農家の周りにあった畑とか、おじさんの顎髭とか、おばさんの目の輝きほど、すべては 太陽の光と風と雨のせいで、灰色になってくすんでいました。それで、農家で行われていた生活はつまらなさそうでした。でも、飼ってた犬のトトのおがげで、そのかわくて、いつもふさけていた犬のおかげで、ドロシーは元気でくらしていました。
ある日、空はいつもより灰色になって、竜巻が襲ってきました。ドロシーはトトを腕に抱いて家の中にかくしていたまま、風がその家を当たって、飛ぶようにしました。だんだん高く運ばれた家は、竜巻の真ん中に揚げられた。そして、竜巻に運ばれて ー 魔法の竜巻か、小説の竜巻か、竜巻の真ん中でも 風が動き続けて家を下から当たっていることでした ー その家とその中にいたドロシーは、何キロも知らない場所へ移動されました。
does this sound natural?

私が読んでいる小説の第一チャプターの要約です。
Answers
Read more comments

Japanese

French (France)

Japanese

French (France)

French (France)

French (France)

French (France)

Japanese

French (France)

Japanese

French (France)

Japanese
Recommended Questions