Question
7 Oct 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

最近日本語作文を練習しています、自分の足りないところを探すために、ここでアップロードします。作文に関して、何かアドバイスをいただければ幸いです。

インタネット社会 

古い時代に、人間は馬でメセッジを送りました。近代になって、郵便局を成立して、家の中でも固定電話があるために、手紙や電話や電報で通信しています。現在、インタネットの発展とともに、メールの使う機会も多くなっています。例えば、貿易をしたとき、契約書の制定も普通的にメールの上で相談します。それは、手紙や電話より、もっと正式を感じさせます。さらに、たとえ面会なくても、インタネットで視頻通話を通して、向かい合って話すように相談できます。それは、技術の偉いです。世界の人々はインタネットを通して、お互いに了解できて、行ったことはないところでも、ネット上の写真を見て、他人の感想文を読んで、多く少なく了解できます。それだけでなく、インタネットは日常生活の欠けないものになったと言ってもいいです。 現在の社会の中で、皆は誰も効率を追求し、生活リズムは早ければ早いほど、自分は優勝者だと思う人が少なくないです。だから、インタネットの開発は人間のそういう心理を満足し、それ故に、人間はどんどんネットの世界を気に込んでいて、真実世界の交流の重要性がなくなると思われます。ところが、それは本当ですか、人間の間で、心での交流はやはり向かい合って話すことは最高だと思います。 インタネットを使うとき、相手の表情も話しぶりもわからなくて、なんとなく不安や疑惑を感じます。そして、悪意を抱く人々は純粋や素直な人を騙すこともあります。先日、そういう事件を聞いたことがありました。福建省のある貧窮の村に、ある女の子は大学の入学試験に合格し、両親も嬉しくて、親友からお金を借りて、学費として彼女に持ち上げました。だが、開学の先日に、この女の子はインタネットから学費を納めるメセッジを受けて、彼女は相手が提供した口座を預金して、結局、学費としてのお金は全部騙されます。警察局から家に帰るとき、彼女は悲しすぎて突然死になってしまいました。その事件は当時の話題になって、社会上はいろいろな評論があり、大部分は彼女を可哀そうと思われました。ところが、その中で一つの問題があって、彼女に関わる情報はどうして他人にしわれましたか。現在の公民の情報は全部インタネット上に編入し、もし、ネットに精通した人がそれ保護されたべきメセッジを盗み取てたら、彼は誰の情報も知るでしょう。それは本当に危ないです。 そんなん事件は世界のどこまでも発生しています。なぜなら、現在の社会に生まれた子供はインタネットに依頼すぎて、そして、自分保護意識は薄いです、さらに、ネットの防御システムはまだ完備しないからです。インタネットは確かに人類歴史上の改革といってもいいです。ネットが開発後、社会は先進になっていて、日常生活も方便になっています。 ところが、それによって持ってくれた危機も見るすべきです。例えば、人間関係にの破壊です。技術は今迄から諸刃の剣です、インタネットにしろ、ロボットにしろ、どちらもそれを表現します。ロボットの発展中、そこでいつも二つ異議があって、一方、ロボットは人間を代わり危険な仕事をしています。一方、ロボットの知能性が高くなるとともに、ある日、人間を統率する可能性もあるでしょう。そういう議論もインタネットの発展中にあります。インタネットの社会になっていく方向は変えられなくなります、だから、人類がそういう社会の中で、自分を保護すべきです。つまり、それは人間決めったことです。人間は技術の発展中に自分を保護する機会を探すことができて、たとえ、将来にもっと偉い発明があるでも、忘れることができないことは自分が発展の中でそれに合う姿をしていることです。

Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)
Similar questions