Question
15 Oct 2018

English (US) Japanese Near fluent
Closed question
Question about Japanese

今10月なので、本日、ちょっとハロウィンのことを話したいと思います。
最近、ハロウィンのイベントとかグッズをよく見えると思いますが、原因はアメリカのHalloweenという祝日ですよね。アメリカ人は、Halloweenと言うと、怖いものを連想することが多いです。色々な習慣がありますが、ハロウィンのときは幽霊や魔女や鬼の時期です。アメリカは本当に広い国なので、こういう景色を全然見えない人もいますが、伝統的のハロウィンのイメージはこうです。10月にあるハロウィンは紅葉の盛りにあります。10月に多くの人々が特別のカボチャ農場に行きます。英語でPumpkin Patchというところです。大抵、家族の皆が行って、いいカボチャを見つけて、買って帰ります。それで、お家で上の部分を切って、蓋になります。次、中身をくり抜いて、鼻と口と目の形に彫ります。(他の形も可能です)。完了したら、ロウソクを中に入れて、火をつけて、お家の前に置きます。中身と種は食べれるから、器に入れて、冷蔵庫に置いておきます。もう2つの習慣はとうもろこし迷路とお化け屋敷です。農場で農家さんはとうもろこしの野原に迷路を作ります。それで、お客さんが入って、いろんなものを探したり、出そうとしたりする事もできるし、肝試しのイベントもよくあります。お化け屋敷も多いです(特にオハイオ州とカリフォルニア州に)。お化け屋敷はそれぞれですが、本当に怖いのが多いと思います!ハロウィンのためだけのビルや店もたくさんあります。10月だけあって、11月から、そのビルか店が空っぽになるのです。ハロウィン飾りでお家を飾る人もたくさんいます。怖いのもあるし、面白いのもあるし、とても楽しい時期です。
does this sound natural?

Answers
Read more comments

Japanese

English (US) Japanese Near fluent

Japanese
Similar questions