Question
15 Nov 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

外灘
上海市の中心である黄浦区の黄浦江の西岸に位置し、最も上海のイメージを表現した名所の一つです。十九世紀後半から二十世紀前半までの外灘は租界だった。その時期に外灘で様々な様式の洋風建築を建てられました。和平飯店北楼、南楼、上海海関、上海資料館など、風格異なる外灘建築群は 「万国建物博覧」と呼ばれました。

豫園
豫園は「江南古典園林の明珠」と呼ばれて、今は四百年以上の歴史を持っていた。「豫」は「平安康泰」の意味で、明代の役人の潘允端が 1559 年両親のために建てられた庭園です。豫園の面積は約 2 万平米、園内には大小の楼閣があり、龍壁によって分けられている。龍壁とは、一匹の龍が波打つような姿で彫刻されて屋根となっている屏のこと。豫園は中国の江南庭園建築芸術の特色を持つ古代庭園らしいです。

城隍廟
上海城隍廟は道教正一派の主要道観です。600年の歴史を持つこの道観は、上海の歴史を語る上では欠かせない存在です。城隍廟にはいろんな点心の老舗があります。緑波廊の桂花ラーガオ(金木犀のモチ)、松月楼の野菜包子(野菜まん)、松雲楼の八宝飯(ナツメ、竜眼、クルミなどを入れたおこわ)、南翔小籠包、酒醸団子など、まるで点心の天国のようです。

玉仏寺
玉仏寺は1900年建てられたの寺です。総面積は約7733㎡で、お寺には200もの部屋があります。「玉仏寺」の名はお寺にある二つの仏像に因んで名づけられました。お寺にはたくさんの古代彫像、文物や仏教経典が収蔵されております。1983年、国務院によって仏教の全国重点寺院に認められました。


東方明珠タワー
東方明珠タワーは陸家嘴金融貿易区に位置し、上海のシンボルの一つです。高さは468メートルで、アジアでは第4位、世界では第6位の誇りを持っています。東方明珠タワーには三つの展望台があります。2007年8月、東方明珠タワーは「国家5A級旅行景区」に認められました。
does this sound natural?

Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)

Japanese
Similar questions