Question
4 Dec 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

この文章の不適当なところをご指摘してくださいませんか。お願いします。

中国江蘇省南通市の水郷で生まれ育った金九皋は「水不足」という体験が一度もなかった。幼い頃、私塾の先生に教われた『道徳経』の中の「上善若水(上善を水のごとし)」という言葉によって、彼は水に対して幾つかの未練と崇敬の感じが込上がってきた。
 2001年、退職した金九皋は家族と共に北京望京地域の「花家」団地に引っ越して間もなく、団地の住宅のほとんどが便器を使う時に大量の水をも無駄に使ってしまったことにに気が付いて、資料の閲覧と実物観察を通して、便器の種類や構造の差を調べて、自分で3種類の便器の水槽や部品を買い、自宅で実験を行った。100回近いの試行錯誤にわたって、金九皋はようやく水量調整と使用効果においてのベストソリューションを見つけた。それは発明した節水施設を取り付けたあと、使用効果は前と同じだが、使われた水量がかなり減少したということだ。もちろん、節水方法の研究開発は容易ではないけど、更に大変なのは団地に推し広がることだ。最初、一戸また一戸で訪ねた金九皋は常にセールスマンや免許なしの商人と見違われたが、節水便器の研究開発はいい事だがら、いくら辛いでも頑張って抜いたはずだと金九皋夫婦とも考えていた。
 2007年5月16日、金九皋は団地で節水作業室を成立した。孫たちに水のような奉献的精神を伝えるように、彼は便器改修方法をも孫たちに教えた。現在、朝陽区で金九皋の節水施設を採用した世帯は6000戸以上あり、年間200万元以上にあたる60トン以上の水が節約された。金九皋は全国各地に招かれ、あちこちで節水に関する講演講義や養成活動を行い、作業室のチームを率いて、十何回の博覧会や400回以上の節水行事を参加し、10000人以上の節水ボランティアを育成して、海南、新疆、山東、河北など多くのところに足跡を残した。
Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)
Similar questions