Question
21 Dec 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

  世界経済の発展に伴って、外国に旅行できる人が増えつつある.そのため、優れた文化ときれいな景色のある日本を訪れる観光客が毎年二千万以上になり、日本の経済と文化にメリットをもたらしたが、人数が年々どんどん増え、泊まり不足も問題になってきた。このような状況で、民泊を利用するのは最善な解決法と見えるが、実施するといろいろな問題点があることも否めないはずだ。
  まずメリットから見れば、疑いなく泊まり不足の厳しい現状を緩和できる民泊は、日本の旅行業界にも、訪日観光客にも、大変便利なものに違いない。住んでいない部屋のある人や家賃高い部屋を借りたがルームメートがいない人などような人にとって、自分の部屋を貸して、手当をもらえたり、他の国からきた人と友達にできることは決して悪くない。訪日観光客側からみると、ホテルほど比較的安い価格で悪くない部屋を借りることはいいんじゃないかと思っている外国人が大勢いるはずだ。ホテル千軒同じスタイルと比べ、民泊では、日本独自の住む雰囲気と日本ならではの日常を実感でき、この空間にいれば、日本人になるという快感もあるかもしれない。
  しかし、皆ウインウインはただ理想的なものだ。民泊を提供する側も、民泊を利用する側も、緊急事態への対処やトラブル起きる保障がないということも事実だ。何も起こらないならば、問題なしが、もしや何かの意外や揉め事、例えば、不注意の火事とか税金含めかどうかについてのトラブルとか、があったら、必ず害を受ける側が出る。それのみならず、マンションを改装して民泊として借りてやる時、騒音や習慣違いなどで、周囲の人に迷惑をかけることが不可避だと私は思う。
  民泊は日本旅行業界にとっては不可欠な一部だからといって、科学的なルールや規範がなければ、本当に民泊の力を働かせないと思う。

Answers
Read more comments

Simplified Chinese (China)

Japanese

Japanese
Similar questions
Newest Questions
Recommended Questions
Topic Questions