Question
19 Jan 04:26 PM

Closed question
Question about Japanese

試験のために西ヨーロッパのカフェについて発表をチェックしてくれてください。

今日は西ヨーロッパのカフェについて発表させていただきます。
 このテーマを選んだ理由があります。
16世紀に西ヨーロッパに通してコーヒーが広まって以来、ヨーロッパ人にとってコーヒーが一番大好きな飲み物になってしまいました。そこで、カフェがイタリアで開かれていたことはもちろん、全部西ヨーロッパも開かれていたことです。例えば、イタリアのカフェの中で最も有名で古いカフェは「フロヤン」というベニスのカフェです。
 それではカフェの定義について話したいと思います。
CaffèVerganoってウェブサイトによると、カフェとバールの違いがあります。「カフェ」は歴史的に集成の場所に指しています。実際のところ、数年前たいていカフェで知識人が集まって、コーヒーを飲みながら政府とか経済とかについて相談したものです。そのカフェではパストリーも売られていました。現在、伝統的なカフェがあリますだけど、新しいタイプも開かれ続けていきます。
一般的にバールがアングロサクソンのたいていお酒を売られている店です。イタリアではバールもコーヒーとパストリーを売られています、でもお酒も辛い食べ物も注文をすることができます。
 それでは2017年の西ヨーロッパのカフェの数のグラフをご覧ください。
西ヨーロッパのカフェの総数は3十万千5百9十3です。
カフェの総数の中で自営業とは93%となっていなす。
2010年からには、カフェの総数は8%減少してきました。
イタリアは他の国より多くのカフェがありますけど、2010年以来イタリアのカフェの数は12%減少してきました。
北ヨーロッパの国(ノルウィー、スウェーデン、スイス、デンマーク、アイルランド)のカフェの数と南東ヨーロッパの国のカフェの数を比べると、北ヨーロッパではカフェが少ないです。
イタリアとトルコとポルトガルとスペインとギリシャとは、カフェの数が最も多い国です。
 ここで疑問に思うは、どうして西ヨーロッパのカフェの総数が減ってきたということです。可能的な仮定は西ヨーロッパに飲食できる新しい場所が盛んになってきましたと思います。
 そこで以下では、カフェの減少にどう向き合うか、そして新しいカフェを開くことができる方法について明らかにしたいと思います。
 それでは、いじょうです。ご清聴、ありがとございました。
 


Answers
Read more comments

Japanese
Similar questions