Question
07 Apr 05:16 AM

Closed question
Question about Japanese

 誰でも自由を望む。高級ホテルに住みたい、注目と尊重を手に入れたいとも思うだろう。しかし、現実の生活は困難に満ちている。朝の通勤ラッシュ。終電。冷めても開けられないデリバリー。痛んでいる頚椎と乾いた瞳。すべてのものには束縛による無力感に包まれ、自由な旅行だけが自分を解放することができるように思える。今のところは屈服あるのみだ、それゆえ、人は遠くを望む。遠くには詩、自由、そして夢がある。
 最初の仕事はアメリカ人の社長の下で通訳者になっていた。彼と一緒に深圳へ出張に行った、その夜、二人でバイキングを食べに行った時、32階の高層ビルで見渡した。下は人の波、遠くを遠望した時、果てしない海の青の中に一輪の斜陽が映っていた。息が詰まるほど美しさ。考えもせずに、「私の人生に最大の夢は、歩いたいだけ歩ける、このよう美しい景色を楽しんでいるだ」と言った。
 彼は肩をすくめた、「自分の本音?」
 「本物の金よりも本物です」私はくるりと頷いた。
 その時は本当に疲れすぎだ。元々経験不足していたのに、社長もとても厳しい、毎回会議の前に、パワーポイントが少なくとも三回校正しなければならない。資料の中のデータも全部暗記しなければならない。関数のネスト計算式まで正しく通訳するように要求された。
 いつも夜中まで残業しなければならなかった。朝早くから会議に行かなければならなかった。心の中では自分の能力が足りないとはっきり分かっているから、努力しなければならない。しかし、やはりその声にはかなわない。無数の力尽きた時に、耳元で囁いていた。
「逃げろ、逃げろ、逃げろ!」
 今まで、すでに二つの仕事を変えていた。しかもますます気楽になった。もう忘れた、その時どうなに逃げろと思っていたその気持ち。当時の仕事が嫌いだと言っていた時、本当に憎しんでいたのは生活自体ではなくて、自分自身だ。ずっと避けたいのは、不器用で未熟な自分だ、その能力不足していた自分のことだ。
 優雅を持って精彩に生きたいと思っていた。しかし、そのような人になれるのは遠くに逃げるしかないと思っていた。歩いたいだけ歩けるだけは自由というものだ。しかし、私達がは憧れているのは、本当に遠くというところなのか。私達の心の遠方は自分の理想的な生活だ。自信を持って、余裕を持って、褒められ、重視されるということだ。私達が望んでいる自由は何もしないということではなく、自分で選択することができる、断ると言う資格がある。しかし、どのようなものでも、苦しみしか引き返さない。この段階では、必然に苦労と努力、退屈と単調を伴う。
 あなたにあげられるのは逃げるのではなく、続けるのだ。それは「遠く」の本当の意味だ。あなたが欲しいもの、会いたい人、そして行きたいところ、これ全部であなたがなりたい自分だ。それは遠くだけでなく、前にもある。長い間歩いたら、必ず光が見える。



自分で翻訳した文章、もしよかったら、アドバイスとか教えてくれないでしょうか。🙏🙏🙏
does this sound natural?

Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)
Similar questions