Question
04 May 02:07 PM

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

先生の宿題の要求ですから、ちょっと長いですが、皆様に直していただきたいです。お願いします😣❤️


なぜ広東人は飲茶が好きのか

「授業名」
「所署学部」・年次」
学籍番号・名前
19年05月04日


序論
お茶が有名な中国では、南方にある広東省ならではの習慣である。飲茶と呼び、「早いに茶」「早茶」と書く。なぜ広東人は飲茶が好きのか、その理由を調べた。

本論
飲茶というのは朝からお茶を飲みながらいろいろな点心を食べるという食習慣である。中国人はお茶が好き、広東人は飲茶という風俗が特に有名なのである。

1.広東省の蒸し暑い気候
広東省は中国の南方にある。夏は暑くて、最高温度は37摂氏に至れる。それから、暑い日が多い。この原因によって、人々は食欲があまりなくなる。食事の前に、スープやお茶などを飲み、食欲が起こられる。

2.昔の広東省で茶葉が安い
海に沿って陸地だから、昔から広東省は重要な貿易の地区である。こちらでいろいろな商品が集まり、お茶の安さの基礎を築く。一方、清朝から広東省では「茶寮」という露店がどんどん増えていた。安くて便利でお茶を飲むことが流行になった。

3.経済の発展と人間関係のため
契約を結ぶため、取り引き先と相談しなければならない。お茶を飲み、点心を食べながら相談して取引をする。飲茶は商人たちにとって一番良い選択になる。それだけでなく、お茶が熱いから、ゆっくり飲まなければないので、その過程の中で、家族や友人などさらに知り合わない人と話し合える

以上から、暑い気候と経済の発展と人間関係によって、広東人はお茶を飲み始め、飲茶は人の生活の一部分になる。

結論
広東人は飲茶が好きの原因は気候、歴史的なのと人間関係があり、今お茶はもう主役ではなく、飲茶文化の発展に伴って点心の種類もどんどん多くなる。広東人にとって、素敵な一日は朝のお茶から始め、美味しいを点心を食べて、友人または家族と一緒に楽しむことである。

Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)
Similar questions