Question
07 May 08:00 AM

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

この文書を改めていただけませんか?

現代世界において、「テロリズム」の行動が頻発している。作者は「反テロ戦争」と因果の関係にあると主張してきた。「9・11」の事件は強欲の資本主義に対する憎悪を示すことである。米国は「反テロ戦争」という報復の道を選んだ。
「カンダハール」などの作品を作ったイランの映画監督は映画を通じて、超大国が住民に爆弾をもたらすということを表す。反テロ戦争によって、アフガニスタンの乾き切った大地の一部は緑の大地と化している。その一方、多数の人々が殺されたり、近代兵器のため大地が荒廃し、難民となって流浪したりした。
「反テロ戦争」はアフガニスタンに留まることなく、<世界性>を帯びた。「反テロ戦争」に報復し、「テロリズム」も同様に<世界性>を帯っている。両者の因果関係から見ると、双方は和解しない。
相模原事件の背後には歴史修正主義の考え方及び雰囲気がここまで社会を覆い尽くしてしまったことをあらわす。この会社を覆う政治思想、すなわち、経済的・身体的・歴史的な強者のためのスローガンが大手を振って罷り通る現実との因果関係で捉えなければならない。

Answers
Read more comments

Japanese
Similar questions