Question
25 May 11:45 AM

Korean
Closed question
Question about Japanese

韓日関係について

私は日本語の勉強をするため日語日文学専攻を複数専攻で選択した。ところが、複数専攻の科目の中で「東アジア歴史和解論」があり、今度の学期で受講した。この科目には韓日関係についていろんなイッシュとどうすれば韓国と日本が和解するか悩んで討論する。このクラスを通じて、私は日本についてもっと深く理解することができた。
このクラスを通じて得た一番重要なのは、日本に対する偏見が無くなったことである。私が韓国人として持っていた一番大きい偏見の中で一つは日本は韓国の植民地時代に行った悪い行動について謝らなかったということである。私は日本語の勉強をしながらも、そう思った。それで日本人について知らず知らずちょっとよくない感情があったようだ。しかし、私が知るようになったのは、日本は村山談話で植民地時代について謝ったことである。それに戦後の日本は何十年間過去について反省して、民族主義を排斥していた時代なのであった。そのため今は喪服を脱いで日常に戻ろうという動きが生じたが、日本が何十年間一定に維持した反省的な態度を見ないといけないと思う。
このクラスでは、韓日関係についていろいろ争点も学んだ。その中で一つは日本軍慰安婦の問題である。これについてやはり多くの韓国人は日本が厚かましいと思うようだ。でも、このクラスで学んだのは、この問題について謝るため河野談話があったのである。一方、韓国のいろんな慰安婦の支援団体が日本に求めることは法的な謝罪である。でも、日本もこれを行おうとしたが、慰安婦は日本という国家が強制に連行したことでないと明らかにされたため、不可能であった。代わりに政府主導の下で、「女性のためのアジア平和国民基金」というものが設立された。これは慰安婦のおばあさんのため募金する基金であった。これに多くの日本人が心から参加したと感じている。しかし、韓国はこの動きを無視した。それに韓国は日本がお金だけですべてを解決しようとしたと悪く取った。これが韓国人として済まない。でも慰安婦のおばあさんに日本がどうやって謝罪したか知ればそう思わないと思う。当時1990年代、村山首相は慰安婦のおばあさんに謝罪する手紙を書いて、それを管理が持っておばあさんたちに訪ねた。そしてその管理はおばあさんに手紙を読んで200万円をあげた。おばあさんの中では手紙を読むことを聞きながら涙を流す方もいた。私はそれが村山首相の真心が伝えられたことだと思う。
私は日本は十分反省的な態度を見えていたと思う。今韓日関係がとても複雑で難しいけれども、韓国が日本をもっと理解して日本の済まない心を受け止めて許したら、関係が前より良くならないだろうかと思う。
does this sound natural?

I know it is long, but if you have time, would you correct this essay for me? I am writing this for my university essay report. I'd really appreciate your help. (I wrote about a sensitive issue between Korea and Japan. But please understand that my intention is to have good relationship with the Japanese people as a Korean. Thank you.)
Answers
Read more comments

Traditional Chinese (Taiwan)

Japanese

Japanese

Japanese

Korean

Korean
Similar questions
Recommended Questions