Question
06 Jun 02:33 AM

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

 2年前、私は沖縄で「夜スキンダイビング」と言う活動に参加しまして、ビーチの近くに、夕方から夜まで泳ぎ続けていました。
 時間が過ごして太陽光はだんだん消えました。暖かい海水を包んで私はまだ安全な範囲にいったが、海水は少しずつ黒くて不透明のようになりました。
 理性で判断すれば、私の周辺は大きな危険性が増えませんでしたが、私は不安で、自分が闇の海水で溶けそうな感じしました。
そのとき、私は光の感性体験を実感したと思います。「感性とは基本的には包括的、直感的に行われる心的活動及びる能力である。」心理学者の三浦佳世からの定義です。
現代の感性はビーナスをモテルにした美学まだ文化美意識に一つ変容しましたが、私が海で体験したのはもっと本能的な判断だと思います。
もし曇りは光と闇の媒介者なら,光は感性と現実の媒介者の一つだと思います。たとえば夢の中で見る光は人間内部から生まれた視覚、ときに外部からの視覚と溶けあうことがあって、この光は感性の媒介者に担当します、夢で見える奇妙な物事を連続して、最後は無意識と現実の間に半透明の知覚経験を真似した画面に構成しました。
も一つみんなよく見れるのは、ドアを開く瞬間です。二つの空間はこの瞬間に連続が始まり、光はドアの隙間を通して、一つ空間の一番明るいところになります、ここにいる人は「希望」「眠い」などの言葉に連想されるかもしれないが、もう一つ空間で先の隙間は一番暗い部分にもなります、ここにいる人は逆に「割れる」「危険」などの言葉に連想される、この格差は人の感性判断まだ体験だと思います。
私は「光と感性」の方向に探求して進み、人が共有できる作品を作りたいです。
does this sound natural?

作品のプレゼンテーションです、ちょっと長いです、すみません!
Answers
Read more comments

Simplified Chinese (China)

Japanese

Simplified Chinese (China)