Question
12 Jun 04:33 AM

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

私は弁護士で、専門分野は特許権の保護です。たとえば、A社の商品はB社の特許権を侵害し、訴訟が発生したら、私は一方の代理人として法廷に出かねません。かつて法学院に行ったことがないでずっと理工科を勉強するだけでした。だから、最初は仲間の前で劣等感を持っていました。裁判官の前で商品の技術をはっきり説明することは、私のごとき弁護士だけができることを発見したら、だんだん自信になってきました。今この仕事が大好きです。 does this sound natural?

Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)
Similar questions
Recommended Questions