Question
15 Jun 03:33 PM

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

これから「光と感性」のプレゼンテーションを始めさせていただきます。私は昔から光というテーマを考えて、光は人間の目で感じたものですが、視覚に限らないことを気付いた。もしくもりが光と闇の媒介者ならば、光は感性と現実の媒介者の一つだと思います。
感性とはなんですか、心理学者が「基本的には包括的、直感的に行われる心的活動及び能力である
」の定義を言われました。現代の感性は美学の一部変容しましたが、私は本能的な感覚を探究したいです。たとえばみんながよく見られるのは、ドアを開く瞬間です。光はドアの隙間を通して、一つの空間の明るいところになります。ここにいる人は「希望」「暖かい」などの言葉に連想されるかもしれないが、裏の空間では逆に「割れる」「危険」などの言葉を連想されます。この格差は人の感性判断まだ体験だと思います。
最近雨の日が多いですね、皆さんは夜一人で帰る時は、濡れた道路で歩いたことがあるでしょか。晴れの日より「一人帰り」の気持ちがもっと強くないですか。私はこの寂しい道路をモチーフにして、粘土とレゼンで水の弱い反射光を表現試しました。もちろんこの雑なモックアップは今考え表現用の試作です、今の段階では素材を探すことと感性体験を捉えることをしています。
私は今まで素材を試して、レゼンに絵の具、わた、紙タオルなどをレゼンに入れって、照明の違う効果を試した、コーンの皮、プチプチの形を取ったレゼンも魅了的な照明効果が作れると思います。最終作品は日常の光の現象を捉えて、普段意識することがあまりない感性的な体験を照明作品で再表現します。人が共有できる作品を作りたいです。
does this sound natural?

プレゼンテーションの日本語検査お願いします!(泣)
Answers
Read more comments

Japanese

Japanese

Simplified Chinese (China)

Simplified Chinese (China)
Similar questions
Recommended Questions