Question
20 Jun 09:16 AM

Dutch (Belgium)
Closed question
Question about Japanese

授業で、はじめて歌舞伎を観た。一番印象的なのは、きつねを演じる人の動きだった。本当にアクロバットのようにバランスを取ることができて、とてもびっくりした。それで、俳優なのに、アクロバットの技術も必要だということがわかった。たとえば、その人はしゃがんだままに、きつねのように小型の歩で歩いた。それだけではなく、柵の上でもこの歩き方ができた。それを見ると、「こんな性能に至るまで、何年も練習しないといけないだろう」と思った。そして、片膝で、ブレイクダンサーのように何回も回っていた。本当に見事だった。身振り手振りも完全にコントロールできた。たとえば、手振りも体の動き方もきつねの完全な真似だった。
飛べるために、その俳優が縄からぶら下がっていたが、すぐ「デウス・エクス・マキナ」のことが思い出されてならなかった。それは、古代ローマとギリシアの演劇の技術である。演劇の最後の時に、神様などが介入し、演劇が直ちに終わる。その時は、古代ローマ人とギリシア人がよくこの歌舞伎と同じように縄の機械仕掛けを使った。この機械はヨーロッパから日本に伝われたか日本にも同じ発明をした人がいたか私に神秘だ。でも、このような類似はとても興味深いに思う。

does this sound natural?

歌舞伎の動画:https://youtu.be/uKPFoPYcp_M
Answers
Read more comments

Japanese

Dutch (Belgium)
Similar questions