Question
07 Jul 11:18 AM

Dutch (Belgium)
Closed question
Question about Japanese

授業で能の映像を見た時、気になったことは鬼の能面(般若)の角のことだった。どうして、日本の般若がキリスト教のデビルと同じように角があるのは不思議に思った。BBCのドキュメンタリーを見た後、キリスト教のデビルは6世紀以前、まだ角がなかったということがわかった。なぜなら、聖書でデビルの見た目についてはあまり書いていないからである。今のデビルの見た目は単に芸術家の解釈である。現在で知られているデビルの姿はパンというギリシャの神に基づいたと思われている。ドキュメンタリーによると、一千年紀のキリスト教はまだ他の宗教と張り合っていた。だから、他の宗教の神をデビルとすると、他の宗教を悪く表し、新しい教徒もできたそうだ。しかし、なぜ日本の能もこの姿を使っているのだろうか。
現在で一番古い存在する般若は1558年に作られた。あるウェブサイトによると、面の角は嫉妬の象徴だが、なぜそうだと書いていない。般若は鬼の姿に基づいただろうか。だから、鬼の姿について調べることにした。調べた後、鬼は鬼門から来るという伝説があることがわかった。その鬼門は北東にあり、丑寅の呼び方もある。それで、ある理論によると鬼の角は丑を代表しており、鬼が履いた寅模様の腰巻は寅を代表している。だから、キリスト教のデビルと鬼の姿がそんなに似ているのに、由来が全然違う可能性もある。さすがにびっくりしたことだ。
does this sound natural?

Answers
Read more comments

Japanese

Dutch (Belgium)
Similar questions