Question
23 Jun 07:25 AM

  • Simplified Chinese (China)
Question about Japanese

この話を直してくださいませんか?もっと生き生きとして自然になりたいです。

日本のドラマの題材は多様である。倫理、愛情、職場、家庭、サスペンス、恐怖、グルメなど。しかし、美味しいものを題材にしたドラマだけではなく、食べ物を強調し、各タイプのドラマは温かい食事シーンであふれている。日本のドラマの中でよく食事をするのも生活哲学である。とても重要なことである。例えば《アンナチュラル》の「そんな気分じゃないかな、食べるです。」、《カルテット》の「泣いてご飯を食べたのがある人は、生きていけます」。食材に畏敬の念を抱き、美食に期待する裏には、美しい生活への憧れがあり、生活の中で少しずつ大切にしている。今日もちゃんとご飯を食べますよう。価値観の違いは日本のドラマでは明確に正しいか間違っていると判定されない。多くのドラマには異なる価値観がある。経済基盤は上部構造を決定する。先進国の日本として、ハッピーエンドや素晴らしい、前向きな文芸作品にこだわらず、人間性をより深く探求することを追求している。例えば愛(《明日、ママがいない》)、正義(《LEGAL HIGH》)……あるいはもっと敏感な話題、例えば不倫(《昼顔~平日午後3時の恋人たち~》)…

日本のドラマはすべての普通で平凡な個人の角度からこの世界を観察することを重視して、人と人の絆、夢と現実の直面、自己の存在価値を探する。日本のドラマはセルフ旅行のようである。日本のドラマを見ている。私も自分を探している。

Answers
Read more comments
Deleted user

  • Simplified Chinese (China)
Deleted user

  • Simplified Chinese (China)
Deleted user

Share this question
Newest Questions
Topic Questions
Recommended Questions