Question
28 Dec 2020

  • Simplified Chinese (China)
  • English (US)
  • Japanese
  • Spanish (Spain)
Question about Japanese

これは俺の作文です。どうぞご指導ください。

私は、外国語の学習は、聴解・会話能力に重点を置くべきであると思う。その原因は次の点にある。
まず、言語はコミュニケーションの工具である。我々は外国語を学習するのは外国人とうまく交流するためである。そして、聞くと話すのは最も直接的なコミュニケーションである。したがって、外国語の習得の過程で、聴解と会話の能力が重視されるべきであると思っている。
また、反例を引いて話そう。聴解と会話を重視しない外国語の教学は、中国で「啞の外国語」と言われる現象を起こしがちである。その「啞の外国語」とは、外国語を読めるが、外国人に出会って、まるで聾唖者になってしまって何も言い出せないことを指す。この現象は中国の外国語教育の失敗であると見られて、不評判になってしまった。
ところが、読むと書くのことて外国人と交流することもできるので、読解・作文能力に重点を置くべきであると思う人がいるかもしれない。しかし、聴解と会話に優れる人は、常に読むと書くのもよくできるが、逆は必ずしも真ではない。つまり、聴解と会話はより難しくて、なお一層重んじられるべきである。
上述のように、外国語の学習は、聴解・会話能力に重点を置くべきである。

Answers
Share this question
Read more comments

  • Japanese

  • Japanese

  • Simplified Chinese (China)

  • Simplified Chinese (China)
[News] Hey you! The one learning a language!

Share this question
これは俺の作文です。どうぞご指導ください。

私は、外国語の学習は、聴解・会話能力に重点を置くべきであると思う。その原因は次の点にある。
まず、言語はコミュニケーションの工具である。我々は外国語を学習するのは外国人とうまく交流するためである。そして、聞くと話すのは最も直接的なコミュニケーションである。したがって、外国語の習得の過程で、聴解と会話の能力が重視されるべきであると思っている。
また、反例を引いて話そう。聴解と会話を重視しない外国語の教学は、中国で「啞の外国語」と言われる現象を起こしがちである。その「啞の外国語」とは、外国語を読めるが、外国人に出会って、まるで聾唖者になってしまって何も言い出せないことを指す。この現象は中国の外国語教育の失敗であると見られて、不評判になってしまった。
ところが、読むと書くのことて外国人と交流することもできるので、読解・作文能力に重点を置くべきであると思う人がいるかもしれない。しかし、聴解と会話に優れる人は、常に読むと書くのもよくできるが、逆は必ずしも真ではない。つまり、聴解と会話はより難しくて、なお一層重んじられるべきである。
上述のように、外国語の学習は、聴解・会話能力に重点を置くべきである。
Related questions
Similar questions
Newest Questions
Topic Questions
Recommended Questions
Previous question/ Next question